D言語の開発環境(IDE)。 プロジェクト機能、コード編集、エラー表示、コンパイルなど一通りの機能は揃っているので、ある程度大きな規模の開発にも使用可能。

入手先: DIDE
ここにある「DIDE Editor」はIDEのみ、「DIDE Full Package ( with DMD )」はコンパイラ付き。 コンパイラがない場合は、コンパイラ付きのバージョンをダウンロードすると、一緒にインストールされて手間が省ける。

§1 インストール方法

ダウンロードしたファイルを解凍し、解凍して出来たsetup.exeを実行する。 後はセットアップ先などを設定するなど、指示に従って行けばインストールは完了。

§2 使用方法

セットアップが完了したら、DIDE.exeを起動する。

  • プロジェクトを作成する
    • 'File'メニューの'New Project' (Alt+N)をクリック
    • 'Project Type'でプロジェクトの種類(コンソールアプリケーションの場合はBasic Project)を選び、保存位置とプロジェクト名を設定して'Create'
  • コンパイラの設定
    • 'Setting'メニューの'Dide Settings'をクリック
    • 'General SEttings'タブを選択
    • 'DIDE Settings'の'DMD Path'に、dmd.exeのあるフォルダ名を記入
  • コンパイルする
    • 適当に実行可能なD言語コードを入力する
    • 'Compiler'メニューの'Compile And Run'をクリックするか、F5を押す
    • 無事コンパイルに成功すると実行される
    • コマンドプロンプトは実行が終了すると同時に消えてしまうので、コードの最後に「stdin.readLine();」などのコードを入れておくとよい。