Mono 3.0をソースからビルドしてインストールする手順。 検証に使った環境はUbuntu 12.04 (Precise Pangolin)。

ディストリビューションが提供しているバージョンのMonoと共存できるようにするため、/opt/mono/3.0にインストールする。

1つの環境に複数のMonoをインストールする方法についてはParallel Mono Environments - Monoで詳しく解説されている。

ビルドにはgcc、libtool、autotools、gettext、pkg-config等が必要になるので、あらかじめインストールしておく必要がある。

§1 libgdiplus

§1.1 依存するパッケージのインストール

sudo apt-get install \
libcairo2-dev libexif-dev libfreetype6-dev libfontconfig1-dev libglib2.0-dev libjpeg8-dev libpng12-dev \
libtiff4-dev libgif-dev libx11-dev libxrender-dev

§1.2 ソースのダウンロードとconfigure

Mono 3.0リリース時点では3.0にバージョン付けされたlibgdiplusはリリースされていないため、現時点で最新の2.10.9を使用する。

wget http://download.mono-project.com/sources/libgdiplus/libgdiplus-2.10.9.tar.bz2
tar -xvf libgdiplus-2.10.9.tar.bz2 
cd libgdiplus-2.10.9/
./configure --prefix=/opt/mono/3.0/

configureの結果例。

---
Configuration summary

   * Installation prefix = /opt/mono/3.0
   * Cairo = 1.10.2 (system)
   * Text = cairo
   * EXIF tags = yes
   * Codecs supported:

      - TIFF: yes
      - JPEG: yes
      - GIF: yes
      - PNG: yes

      NOTE: if any of the above say 'no' you may install the
            corresponding development packages for them, rerun
            autogen.sh to include them in the build.

---

§1.3 ビルド、インストール

configureした結果に問題が無ければmake、make installする。

make
sudo make install

正しくインストールできたか確認する。

ls -l /opt/mono/3.0/lib/libgdiplus*

§2 Mono本体(コンパイラ、クラスライブラリ)

§2.1 依存するパッケージのインストール

sudo apt-get install \
bison

§2.2 ソースのダウンロードとconfigure

wget http://download.mono-project.com/sources/mono/mono-3.0.12.tar.bz2
tar -xvf ./mono-3.0.12.tar.bz2 
cd mono-3.0.12/
./configure --prefix=/opt/mono/3.0/ --with-libgdiplus=installed --with-ikvm-native=no --with-moonlight=no --with-monotouch=no --with-monodroid=no --with-mobile=no --with-mcs-docs=no --with-x

configureの結果例。

        mcs source:    mcs

   Engine:
	GC:	       sgen and bundled Boehm GC with typed GC and parallel mark
	TLS:           __thread
	SIGALTSTACK:   yes
	Engine:        Building and using the JIT
	oprofile:      no
	BigArrays:     no
	DTrace:        no
	LLVM Back End: no (dynamically loaded: no)

   Libraries:
	.NET 2.0/3.5:  yes
	.NET 4.0:      yes
	.NET 4.5:      yes
	MonoDroid:     no
	MonoTouch:     no
	JNI support:   
	libgdiplus:    assumed to be installed
	zlib:          system zlib
	

§2.3 ビルド、インストール

準備が整ったら、make、make installする。

make
sudo make install

参考までに、Core 2 Duo E6600を積んだマシンを使用してmakeに掛かった時間は以下のとおり。

$ time make
real	27m6.562s
user	21m31.461s
sys	1m26.053s

§2.4 動作確認

§2.4.1 新しくMonoをインストールした場合

mono -Vでmonoが動作することを確認する。

$ mono -V
Mono JIT compiler version 3.0.12 (tarball 2013年  6月 21日 金曜日 21:14:31 JST)
Copyright (C) 2002-2012 Novell, Inc, Xamarin Inc and Contributors. www.mono-project.com
	TLS:           __thread
	SIGSEGV:       altstack
	Notifications: epoll
	Architecture:  x86
	Disabled:      none
	Misc:          softdebug 
	LLVM:          supported, not enabled.
	GC:            Included Boehm (with typed GC and Parallel Mark)

§2.4.2 既に別のバージョンのMonoが存在する環境にインストールした場合

新しく/opt/monoにインストールしたMonoを参照できるように、環境変数を設定するスクリプトを用意しておく。 参考: Parallel Mono Environments - Mono

mono-3.0-env
#!/bin/bash
MONO_PREFIX=/opt/mono/3.0
export DYLD_LIBRARY_PATH=$MONO_PREFIX/lib:$DYLD_LIBRARY_PATH
export LD_LIBRARY_PATH=$MONO_PREFIX/lib:$LD_LIBRARY_PATH
export C_INCLUDE_PATH=$MONO_PREFIX/include
export ACLOCAL_PATH=$MONO_PREFIX/share/aclocal
export PKG_CONFIG_PATH=$MONO_PREFIX/lib/pkgconfig
PATH=$MONO_PREFIX/bin:$PATH

まずmono -Vで先にインストールされていたmonoが動作することを確認する。

$ which mono
/usr/bin/mono
$ mono -V
Mono JIT compiler version 2.10.8.1 (Debian 2.10.8.1-1ubuntu2.2)
Copyright (C) 2002-2011 Novell, Inc, Xamarin, Inc and Contributors. www.mono-project.com
	TLS:           __thread
	SIGSEGV:       altstack
	Notifications: epoll
	Architecture:  x86
	Disabled:      none
	Misc:          softdebug 
	LLVM:          supported, not enabled.
	GC:            Included Boehm (with typed GC and Parallel Mark)

続いて、先ほど用意したスクリプトを読み込んだあとでmono -Vを実行し、新しくインストールしたmonoが動作することを確認する。

$ source mono-3.0-env
$ which mono
/opt/mono/3.0/bin/mono
$ mono -V
Mono JIT compiler version 3.0.12 (tarball 2013年  6月 21日 金曜日 21:14:31 JST)
Copyright (C) 2002-2012 Novell, Inc, Xamarin Inc and Contributors. www.mono-project.com
	TLS:           __thread
	SIGSEGV:       altstack
	Notifications: epoll
	Architecture:  x86
	Disabled:      none
	Misc:          softdebug 
	LLVM:          supported, not enabled.
	GC:            Included Boehm (with typed GC and Parallel Mark)

§2.4.3 GAC

gacutil2 -lでアセンブリがGACに登録されていることを確認する。 GACのパスを明示的に指定する場合は-rootオプションで指定する(例えばgacutil2 -l -root /opt/mono/3.0/lib/など)。

$ gacutil2 -l 
The following assemblies are installed into the GAC:
  :
System, Version=2.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089
System, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089
System.ComponentModel.Composition, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089
System.ComponentModel.DataAnnotations, Version=3.5.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=31bf3856ad364e35
System.ComponentModel.DataAnnotations, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=31bf3856ad364e35
System.Configuration, Version=2.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a
System.Configuration, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a
System.Configuration.Install, Version=2.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a
System.Configuration.Install, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a
System.Core, Version=3.5.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089
System.Core, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089
  :

§2.4.4 mcs, gmcs, dmcs

mcs(C#コンパイラ)の動作を確認する。

test.cs
using System;

class Test {
  static void Main()
  {
    Console.WriteLine(Environment.Version);
  }
}
$ mcs test.cs && mono test.exe
4.0.30319.17020
$ mcs -sdk:2 test.cs && mono test.exe
2.0.50727.1433
$ mcs -sdk:4 test.cs && mono test.exe
4.0.30319.17020
$ mcs -sdk:4.5 test.cs && mono test.exe
4.0.30319.17020

gmcs, dmcsも使うことが出来る。 gmcsは-sdk:2, dmcsは-sdk:4を付けてmcsを呼び出すのと同じ。

$ gmcs test.cs && mono test.exe
2.0.50727.1433
$ dmcs test.cs && mono test.exe
4.0.30319.17020

§2.4.5 csharp(C#シェル)

csharpシェルが動作するか確認する。

$ csharp -e 'Environment.Version;'
4.0.30319.17020
$ csharp -e 'Environment.OSVersion;'
Unix 3.2.0.32
$ csharp
Mono C# Shell, type "help;" for help

Enter statements below.
csharp> 1 + 2
3
csharp> quit;