Ubuntu 9.04 (Jaunty Jackalope) BetaにMonoDevelop 2.0をソースからビルドしてインストールする手順。

§1 MonoDevelopが必要とするアセンブリのインストール

MonoDevelopが必要とするアセンブリをあらかじめインストールしておく。 必要になるものは以下のアセンブリ。

  • MonoDevelopが必要とするアセンブリ
    • Mono Addins
    • gtk-sharp
    • gnome-sharp
    • gnome-desktop-sharp

§2 ソースのダウンロードとconfigure

wget http://ftp.novell.com/pub/mono/sources/monodevelop/monodevelop-2.0.tar.bz2
tar -xvf momonodevelop-2.0.tar.bz2
cd monodevelop-2.0/
./configure

configureの結果を確認する。

Configuration summary

   * Installation prefix = /usr/local
   * C# compiler = /usr/local/bin/gmcs
   * Mono class library development extensions: yes
   * Version control support: yes
   *   Providers:
   *     Subversion: yes
   * C/C++ project support: yes
   * Platform bindings: GNOME 
   * Unit tests: no
   * Mozilla location: /usr/lib/xulrunner

§3 ビルド、インストール

問題が無ければ、makeする。

make

ビルドしたものをインストールせずすぐに実行したければmake runする。

make run

インストールするには、make installする。

sudo make install

インストールが完了したら、monodevelop -Vでmonodevelopの出力を確認する。

MonoDevelop Ide  2.0.0.0 - GPL
The MonoDevelop IDE application.

Add a [assembly: Mono.About("Here goes the short about details")] to your assembly
Authors: Add one or more [assembly: Mono.Author("Here goes the author name")] to your assembly