MonoDevelop 2.2をソースからビルドしてインストールする手順。 検証に使った環境はUbuntu 10.04 (Lucid Lynx) DesktopおよびFedora 12 Desktop。

§1 MonoDevelop本体

§1.1 MonoDevelopが必要とするアセンブリのインストール

MonoDevelopが必要とするアセンブリをあらかじめインストールしておく。 必要になるものは以下のアセンブリ。 各アセンブリのインストール方法についてはMono 2.6 のビルド・インストールを参照のこと。

  • MonoDevelopが必要とするアセンブリ・パッケージ
    • Mono Addins
    • gtk-sharp
    • monodoc
    • gecko-sharp
    • gtksourceview-sharp
    • mono-debugger (デバッガを使用する場合)

§1.2 ソースのダウンロードとconfigure

wget http://ftp.novell.com/pub/mono/sources/monodevelop/monodevelop-2.2.2.tar.bz2
tar -xvf monodevelop-2.2.2.tar.bz2
cd monodevelop-2.2.2/
./configure --prefix=/opt/mono/2.6

configureの結果を確認する。

Configuration summary

   * Installation prefix = /opt/mono/2.6
   * C# compiler = /opt/mono/2.6/bin/gmcs
   * Mono class library development extensions: yes
   * Version control support: yes
   *   Providers:
   *     Subversion: yes
   * C/C++ project support: yes
   * Platform bindings: GNOME 
   * Unit tests: no
   * Mozilla location: 

§1.3 ビルド、インストール

問題が無ければ、makeする。

make

ビルドしたものをインストールせずすぐに実行したければmake runする。

make run

インストールするには、make installする。

sudo make install # Ubuntuの場合
su -c 'make install' # Fedoraの場合

インストールが完了したら、monodevelop -Vでmonodevelopの出力を確認する。

MonoDevelop Ide  2.2.0.0 - LGPL
The MonoDevelop IDE application.

http://monodevelop.com
Authors: MonoDevelop Team

§2 デバッガ

§2.1 Mono Debugger support

§2.1.1 ソースのダウンロードとconfigure

wget http://ftp.novell.com/pub/mono/sources/monodevelop-debugger-mdb/monodevelop-debugger-mdb-2.2.1.tar.bz2
tar -xvf monodevelop-debugger-mdb-2.2.1.tar.bz2 
cd monodevelop-debugger-mdb-2.2.1/
./configure 

configureの結果を確認する。

monodevelop-debugger-mdb has been configured with 
        prefix = /opt/mono/2.6/
        config = DEBUG

§2.1.2 ビルド、インストール

問題が無ければ、makeする。

make

インストールするには、make installする。

sudo make install # Ubuntuの場合
su -c 'make install' # Fedoraの場合

§2.2 GDB Debugger support

§2.2.1 ソースのダウンロードとconfigure

wget http://ftp.novell.com/pub/mono/sources/monodevelop-debugger-gdb/monodevelop-debugger-gdb-2.2.1.tar.bz2
tar -xvf monodevelop-debugger-gdb-2.2.tar.bz2 
cd monodevelop-debugger-mdb-2.2/
./configure 

configureの結果を確認する。

monodevelop-debugger-gdb has been configured with 
        prefix = /opt/mono/2.6
        config = DEBUG

§2.2.2 ビルド、インストール

問題が無ければ、makeする。

make

インストールするには、make installする。

sudo make install # Ubuntuの場合
su -c 'make install' # Fedoraの場合

§2.3 デバッガの動作確認

[ツール]メニューの[アドインマネージャ]を開き、Debuggingの下に「MDB support for Mono.Debugging」がリストされていることを確認する。

アドインマネージャ

次に、プロジェクトを開き適当な場所にブレークポイントを設定したあと、[実行]メニューの[デバッグ]を使って実行する。 正しく動作すれば、このようにブレークポイントで停止し、カーソルをポイントすれば変数の内容が表示される。

変数の内容を表示しているところ