MonoDevelop 2.6をソースからビルドしてインストールする手順。 検証に使った環境はUbuntu 11.04 (Natty Narwhal) Desktop。

§1 MonoDevelop本体

§1.1 MonoDevelopが必要とするアセンブリのインストール

MonoDevelopが必要とするアセンブリをあらかじめインストールしておく。 必要になるものは以下のアセンブリ。 各アセンブリのインストール方法についてはMono 2.10 のビルド・インストールを参照のこと。

  • MonoDevelopが必要とするアセンブリ・パッケージ
    • Mono (2.10.4以上)
    • Mono Addins
    • gtk-sharp (2.12.8以上)
    • monodoc
    • gecko-sharp
    • gtksourceview-sharp
    • mono-debugger (デバッガを使用する場合)

§1.2 ソースのダウンロードとconfigure

wget http://download.mono-project.com/sources/monodevelop/monodevelop-2.6.tar.gz
tar -xvf monodevelop-2.6.tar.gz 
cd monodevelop-2.6/
./configure --prefix=/opt/mono/2.10/ --enable-git

configureの結果を確認する。

Configuration summary

   * Installation prefix = /opt/mono/2.10
   * C# compiler = /opt/mono/2.10/bin/dmcs
   * Mono class library development extensions: yes
   * Version control providers:
   *     Subversion (Unix): yes
   *     Git: yes
   * Platform bindings: GNOME 
   * Unit tests: no

§1.3 ビルド、起動

問題が無ければ、makeする。

make

ビルドしたものをインストールせずすぐに実行したければmake runする。

make run

インストールするには、make installする。

sudo make install