このドキュメントは対象とするMonoのバージョンが古くなっています。 より新しいバージョンについては以下のページを参照してください。


ここでは、WindowsとRedHat Linux 9にMonoをインストールしたときの手順を紹介します。 MonoについてはMonoのホームページを参照してください。 また、Monoについての簡単な説明とBeta 1のインストールレポートはMono Beta1のインストールを参照してください。

§1 Monoのインストール (Windowsの場合)

Windows上にMonoをインストールするときの手順を示します。

  1. Monoのダウンロードページに行き、Windows用のインストーラをダウンロードする(Windowsのロゴと、Windows installerという風に書かれている部分)。
  2. ダウンロードしてきたインストーラを起動する。
  3. インストーラのメッセージは日本語で表示されるので、後はダイアログの指示に従ってインストールする。
  4. 完了。

インストールが完了したら、Monoとmcs(C#コンパイラ)が動作するかチェックします。

Monoの動作テスト
mono --version

このように入力したとき、次のような結果が出力されれば問題なくインストールされています。

Monoの動作テスト (出力例)
Mono JIT compiler version 1.0, (C) 2002-2004 Novell, Inc and Contributors. www.g
o-mono.com
        TLS:           normal
        GC:            System Boehm (no typed GC available)
        SIGSEGV      : normal
        Globalization: ICU

同様に、mcsについてもチェックします。

mcsの動作テスト
> mcs --about
The Mono C# compiler is (C) 2001, 2002, 2003 Ximian, Inc.

The compiler source code is released under the terms of the GNU GPL

For more information on Mono, visit the project Web site
   http://www.go-mono.com

The compiler was written by Miguel de Icaza, Ravi Pratap, Martin Baulig and Mare
k Safar

> mcs --version
Mono C# compiler version 1.0.0.0

もし動作しない場合は、環境変数PATHが正しく設定されているかチェックしてください。

§2 Monoのインストール (RedHat Linux 9の場合)

RedHat Linux 9上にMonoをインストールするときの手順を示します。 ここではRPMパッケージを用いてインストールします。 Monoに関連したパッケージが幾つか存在しますが、まずはMonoとmcsを動作させるのに最低限必要な物だけをインストールします。

  1. RedHat Linux用のMonoパッケージのダウンロードページに行き、以下のパッケージをダウンロードする。
    1. 「Mono Runtime and C# compiler」の項目
      1. mono-core-1.0-1.ximian.6.1.i386.rpm
    2. 「Dependencies」の項目
      1. icu-2.6.2-1.ximian.6.0.i386.rpm
      2. libicu26-2.6.2-1.ximian.6.0.i386.rpm
    3. 「Optional locales」の項目
      1. mono-locale-cjk-1.0-1.ximian.6.1.i386.rpm (EUC-JPなどのコードページを利用する際に必要になります)
  2. 次の順でパッケージをインストールする。
    1. icu-2.6.2-1.ximian.6.0.i386.rpm
    2. libicu26-2.6.2-1.ximian.6.0.i386.rpm
    3. mono-core-1.0-1.ximian.6.1.i386.rpm
    4. mono-locale-cjk-1.0-1.ximian.6.1.i386.rpm
  3. 完了

インストールが完了したら、Monoとmcsが動作するかチェックします。

Monoの動作テスト
$ mono --version
Mono JIT compiler version 1.0, (C) 2002-2004 Novell, Inc and Contributors. www.go-mono.com
        TLS:           __thread
        GC:            Included Boehm (with typed GC)
        SIGSEGV      : normal
        Globalization: ICU

$ mcs --about
The Mono C# compiler is (C) 2001, 2002, 2003 Ximian, Inc.

The compiler source code is released under the terms of the GNU GPL

For more information on Mono, visit the project Web site
   http://www.go-mono.com

The compiler was written by Miguel de Icaza, Ravi Pratap, Martin Baulig and Marek Safar

$ mcs --version
Mono C# compiler version 1.0.0.0

§3 Mono・mcsの使い方

試しに「Hello Mono!」を表示するプログラムを作ってコンパイル・動作させてみます。 HelloMono.csというファイルを作成し、次のようなコードを記述します。

HelloMono.cs
using System;

public class HelloMono
{
    public static void Main()
    {
        Console.WriteLine( "Hello Mono!" );
    }
}

ソースコードが完成したら、コンパイルしてみます。 コンパイルするには次のようにコマンドを入力します。

ソースコードのコンパイル
mcs HelloMono.cs

コンパイルに成功すると「Compilation succeeded」と表示されます。 次に完成したアセンブリを実行してみます。 実行する場合は「mono (アセンブリ名)」とします。

実行
$ mono HelloMono.exe
Hello Mono!

このように出力されれば、問題なく実行されています。