Ubuntu 10.04 (Lucid Lynx) server editionの初期設定メモ。

最新バージョンでの初期設定内容はUbuntuにて掲載しています。

§1 仮想マシン設定の変更

インストールを始める前に、仮想マシンのキーマップ設定を修正しておく。 /etc/libvirt/qemu/にある各設定ファイル内の/domain/devices/graphics/@keymapの値をen-usからjaに変える。

/etc/libvirt/qemu/*.xml
<graphics type='vnc' port='-1' autoport='yes' keymap='ja'/>

§2 インストール手順

§2.1 ブート画面

  1. F2 Language: [English]を選択
  2. F3 Keymap: [Japan]を選択
  3. [Install Ubuntu Server]を選択

§2.2 Choose language

  1. Choose a language: [English - English]を選択
  2. Choose a country, territory or area: [other] → [Asia] → [Japan]の順に選択

§2.3 Ubuntu installer main menu

  1. Keyborard model: [Do not configure keyboard; keep kernel keymap]を選択

§2.4 Configure the network

  1. Network configuration method: [Configure network manually]を選択
  2. (以下ダイアログに従ってIPアドレス等を入力)

§2.5 Configure the clock

  1. Is this time zone correct?: 自動的に選択されたタイムゾーンでよければ<Yes>を選択

§2.6 Partition disks

  1. Partitioning method: [Manual]を選択
  2. 以下のように設定
    Virtual disk1 vda 10GB
    #1primary512Mext4/bootMount option: defaults
    #5logical(max)ext4/usrMount option: defaults
    Virtual disk2 vdb 10GB
    #1primary(max)ext4/Mount option: defaults
    #5logical512Mswap-
  3. [Finish partitioning and write changes to disk]を選択
  4. Write the changes to disks?: パーティションのフォーマットを確認して<Yes>を選択

§2.7 Installing the base system

  1. (インストールが終わるまで待つ)

§2.8 Set up users and passwords

  1. (ダイアログに従ってユーザ名・パスワード等を入力)
  2. Encrypt your home directory?: <No>を選択

§2.9 Configure the package manager

  1. HTTP proxy information: 空欄のままもしくは必要に応じて適切なURLを入力

§2.10 Select and install software

  1. How do you want to manage upgrades on this system? [No automatic updates]を選択

§2.11 Software selection

  1. (サーバの構成に従って適当なものを選択)
  2. [Mail server]の設定例
    1. Postfix Configuration
      1. General type of mail configuration: [Satellite system]を選択
      2. System mail name: 適当な名前を入力
      3. SMTP relay host: メール配送に用いるSMTPサーバのホスト名を入力

§2.12 Configuring grub-pc

  1. Install the GRUB boot loader to the master boot record?: <Yes>を選択

§2.13 Configuring console-setup

  1. Installation complete: ディスクを取り出して<Continue>を選択
  2. 再起動

§3 インストール後の設定

§3.1 キーボードの設定

sudo apt-get install console-data

インストール中に設定画面(Configuring console-data)が現れる。 この画面で、

  1. Policy for handling keymaps: [Select keymap from full list]を選択
  2. Keymap: [pc / qwerty / Japanese / Standard / Standard]を選択

キーマップが正しくないなど、再設定が必要な場合は、

sudo dpkg-reconfigure console-data

で再設定する。

§3.2 デフォルトのエディタ変更

好みのエディタに変更する。

$ sudo update-alternatives --config editor
There are 4 choices for the alternative editor (providing /usr/bin/editor).

  Selection    Path                Priority   Status
------------------------------------------------------------
* 0            /bin/nano            40        auto mode
  1            /bin/ed             -100       manual mode
  2            /bin/nano            40        manual mode
  3            /usr/bin/vim.basic   30        manual mode
  4            /usr/bin/vim.tiny    10        manual mode

Press enter to keep the current choice[*], or type selection number: 3
update-alternatives: using /usr/bin/vim.basic to provide /usr/bin/editor (editor) in manual mode.

§3.3 ~/.vimrc

以下の内容で作成。

~/.vimrc
set encoding=utf-8
set fileencoding=utf-8
"set fileencodings=iso-2022-jp,cp932,shift-jis,euc-jp,utf-8,utf-16,ucs-2le,ucs-2,japan
set fileencodings=utf-8,utf-16,japan

set backspace=2
set tabstop=2
set shiftwidth=4
set expandtab

highlight tabs ctermbg=green guibg=green

set list
set number
set ruler
set smartindent

§3.4 ~/.bashrc

以下の内容を追記。

~/.bashrc
alias rm='rm -i'
alias cp='cp -i'
alias mv='mv -i'

PS1='\!> \[\033[0;33m\]\u\[\033[m\]@\[\033[0;36m\]\h\[\033[m\] [\[\033[0;32m\]\t\[\033[m\] \w]\$ '
case $TERM in
  kterm|xterm|cygwin)
    TITLEBAR="\u@\h:\w"
    PS1="\[\033]0;${TITLEBAR}\007\]${PS1}"
    ;;
esac

§3.5 /etc/aliases

root宛のメール送信先を変更する。

/etc/aliases
# 以下を追記
root: root@<mail-server>

変更を反映する。

sudo newaliases

§3.6 GRUB 2

起動時にGRUB 2のメニュー画面が表示されるようにする。 GRUB_HIDDEN_TIMEOUTをコメントアウトし、GRUB_TIMEOUTにタイムアウト秒数を指定する。

/etc/default/grub
#GRUB_HIDDEN_TIMEOUT=0
GRUB_TIMEOUT=5

また、ブートプロセスをテキストで表示させるために、GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULTからsplashを削除する。

/etc/default/grub
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT=""

変更内容を反映する。

$ sudo update-grub2 
Generating grub.cfg ...
Found linux image: /boot/vmlinuz-2.6.32-21-generic-pae
Found initrd image: /boot/initrd.img-2.6.32-21-generic-pae
Found memtest86+ image: /memtest86+.bin
done

§4 パッケージのインストールと設定

§4.1 xineted + telnetd

sudo apt-get install xinetd telnetd

以下を追記。

/etc/hosts.allow
in.telnetd : 127.0.0.1 192.168.0.0/24
/etc/hosts.deny
ALL : ALL

/etc/xinetd.d/telnetを作成。

/etc/xinetd.d/telnet
service telnet
{
        disable         = no
        flags           = REUSE
        socket_type     = stream
        user            = telnetd
        wait            = no
        server          = /usr/sbin/in.telnetd
        server_args     = -h
        only_from       = 192.168.0.0/24 127.0.0.1
        log_on_failure  += USERID
}

xinetdを再起動。

sudo service xinetd restart

§4.2 NFS

sudo apt-get install nfs-common

マウントポイントを作成。

sudo mkdir -p /srv/nfs

/etc/fstabを編集後、マウントする。

sudo vi /etc/fstab
sudo mount -a

マウントされたかどうか確認する。

cat /etc/mtab
ls -l /srv/nfs

§4.3 NTP

sudo apt-get install ntp

適当なNTPサーバを設定、再起動。

sudo vi /etc/ntp.conf
sudo service ntp restart

§4.4 Logwatch

sudo apt-get install logwatch

§4.5 Munin

sudo apt-get install munin-node

/etc/munin/pluginsから必要なプラグインだけを残す。

sudo unlink xxx
sudo ln -s /usr/share/munin/plugins/xxx

データを収集するマシンのみからのアクセスを許可するように変更する。

/etc/munin/munin-node.conf
allow ^192\.168\.0\.10$

munin-nodeを再起動。

sudo service munin-node restart

データを収集するマシンからtelnetで接続できるか試す。

$ telnet server1.example.com 4949
Trying 192.168.0.20...
Connected to server1.example.com.
Escape character is '^]'.
# munin node at server1.example.com
nodes
server1.example.com
.
quit
Connection closed by foreign host.

§4.6 AWStats

sudo apt-get install awstats

/etc/awstats以下の設定ファイルを編集後、ログが読み込まれデータが正しく収集されるかテストする。

sudo -u www-data /usr/share/doc/awstats/examples/awstats_updateall.pl now -awstatsprog=/usr/lib/cgi-bin/awstats.pl -confdir="/etc/awstats/"
ls /var/lib/awstats

cronの設定を作成。

/etc/cron.d/awstats
0,30 * * * * www-data /usr/share/doc/awstats/examples/awstats_updateall.pl now -awstatsprog=/usr/lib/cgi-bin/awstats.pl -confdir="/etc/awstats/" > /dev/null

必要に応じてHTTPサーバの設定を更新したのち、「http://サーバ名/awstats/awstats.pl?config=設定ファイル名」を開いて収集されたデータが表示されるか確かめる。