ThbgmExtractorに関するスレッド。 バグ報告・要望など。 (最新10件の投稿) Atom 1.0

※ブラウザによっては新しい書き込みが表示されない場合があるようなので、返信が表示されていない場合はF5または更新ボタンでページを更新してください。

: ID:cipeco0y

ThbgmExtractorに関する質問・バク報告・要望用のスレッドです。

以下ありがちな質問と答え。

「アプリケーションを正しく初期化できませんでした」と表示される
.NET Frameworkをインストールしてください。
抜き出し後のファイルのサイズが大きい
エンコードするようにしない限り、抜き出し後に出来るファイルは無圧縮のwavファイルです。
エンコーダを指定してもエンコードされない
ThbgmExtractor.exeと同じフォルダにエンコーダのexeを置くか、Encoders.confにエンコーダの.exeへのフルパスを指定してください。 またEncoders.confに書いたコマンドライン引数を確認してください。
エンコーダの設定について
エンコーダの開発元に質問してください。
最新作の音楽を抜き出したい
曲目ファイルを自分で書くか、公開されているところからダウンロードしてきてください。
エラーが出る
設定した内容と出たエラーメッセージ、その時の動作ログを教えてください。
うまく抜き出せない
設定した内容と起きた現象の詳細を教えてください。

その他、下らない質問が多いので、同じような質問がないか調べてから書き込んでください。
最新版で動作しない場合、過去のバージョンも試してみてください。

: ID:w3rukCco

>>95
無いので作ろうと思ったのですが、よくわかりません
紅魔~花映のWEB体験版を抜き出そうとしています

: ID:w3rukCco

>>97
ゲーム側のBGMファイルは「th07tr」とかのDATファイルですか?
風神録はBGMと書いてあったのでわかりましたが…

: ID:5U/9Z0Js

>>98
こちらの認識に誤りがありました。

>>95にて曲目ファイルを用意することで対応可能と書きましたが、
風神録より前の作品のWEB体験版では音楽ファイル(thbgm.dat)が付属しないため、抜き出しはできません。

紅魔郷~花映塚の音楽を抜き出したい場合は音楽ファイルが同梱されている体験版Plusを入手してください。

: ID:T8Qg0/sn

素敵なツールをありがとうございます。
特に一括設定機能が大変素敵です。

曲目ファイル内の各種ProductInfoは、抜き出しを行う時に実際どのように活用できるものなのでしょうか?
また、ファイル名やタグの記述に使えるワイルドカード(?)にはどのようなものがあるのでしょうか?

フォーマット解説ページで各種ProductInfoについて「これらの情報を使ってタグ付けを行います」と書かれていることと、
「タグの一括設定(T)...」→「出力ファイル名」欄で$tracknoや$titleというワイルドカードが使われていること、
また$tracknoや$titleについての解説情報が見当たらないことから、
ProductInfoも$Creatorみたいな感じで全部同様にファイル名やタグに文字列として記述できるのかな~と思い、

@上海アリス幻樂団\東方天空璋\thbgm.dat,東方天空璋 ~ Hidden Star in Four Seasons.

#=ProductInfo,Creator,上海アリス幻樂団

#=ProductInfo,Prefix,th16
#=ProductInfo,ShortName,東方天空璋
#=ProductInfo,AbbreviatedShortName,天空璋
#=ProductInfo,ShortestName,天

#=ProductInfo,ReleaseDate,2017-08-11
... 以下略}}

上のような曲目ファイルを利用する状態でそのような記法を試したのですが、
ファイル名として有効に使えたのは$Creatorと$Prefixだけで、他はそのままの文字列("$ShortestName"など)となってしまいましたし、
タグにおいては$tracknoや$titleすら一切仕事をせず全てそのままの文字列となりました。

  1. ProductInfoは何に使うのか
  2. ファイル名やタグで使えるワイルドカードは($tracknoと$title以外に)何があるのか
  3. ProductInfoをファイル名やタグで使えないのが現在の仕様なら、使えるようにしていただくことは可能か(要望)

以上3点についておうかがいしたく、書き込みさせていただきました。
宜しくお願いします。
なお、OSはWindows7 Professional 64bitです。

: ID:T8Qg0/sn

…あれ? コードブロックの記法をしくじりました。すみません。

: ID:5U/9Z0Js

>>100
ご質問・ご要望を頂きありがとうございます。 以下頂いた3点について順に回答します。
($tracknoなどの文字列はワイルドカードではなくマクロと呼んでいるので、以後マクロと表記します)

1. ProductInfoは何に使うのか

曲目ファイル内に記載されたProductInfoの情報は、タグ付けの際の情報として使用されるほか、
出力フォルダ名・出力ファイル名を決める際にも使用されます。
(解説ページでは出力フォルダ・ファイル名について記載していなかったため、追記しました)

このうちタグ設定の出力ファイル名では$trackno$creatorなどのマクロが使用でき、マクロの展開(置換)が行われます。

出力ファイル名にマクロを含む文字列を設定すると、マクロが展開された結果が実際の出力ファイル名に
なりますが、この際にProductInfoなどの情報に基づいてマクロが展開されます。 (詳細は次の回答にて)

一方、タグ設定の出力ファイル名以外では$tracknoなどのマクロの展開(置換)はされません

※もともとマクロは出力ファイル名をTHxxBGM等と同じ形式にする(同時に任意の形式にもできるようにする)ことを
目的に導入したものです。 そういった経緯から、マクロが使用できるのはファイル名のみとなっています。

2. ファイル名やタグで使えるワイルドカードは($tracknoと$title以外に)何があるのか

現在version 1.6.4の時点で定義されているマクロについては、下記の場所に追記しましたのでご覧ください。
https://smdn.jp/works/libs/Smdn.Formats.Thbgm/#ThbgmExtractor_Macro

※これらのマクロは、タグの一括設定画面の出力ファイル名欄の横にある[...]をクリックして表示される
ドロップダウンメニューからも入力することができるようになっています。

3. ProductInfoをファイル名やタグで使えないのが現在の仕様なら、使えるようにしていただくことは可能か(要望)

前述の通り、現時点では出力ファイル名でマクロが使えます。
($ShortestNameが展開されなかったのはその名前ではマクロが定義されていないためで、
代わりに$pshortestと指定すれば期待する結果が得られます)

ファイル名以外では現状マクロは使えませんが、使えるように変更することはできます。
ただ、実際に変更するか検討する際の参考として、どのタグにどのような値を設定したいと考えているか、
どのようなマクロが設定できると希望に沿うものとなるのか、具体的な希望をお聞かせください。
利便性があり、既存の機能で実現できないものであれば、変更を検討したいと思います。

タグに設定したい値が現在マクロ(またはProductInfo)で定義されていないものであれば、
それを挙げていただいてもかまいません。

>>101
こちらこそすみません。 記入例が分かりづらかったので改善しました。

: ID:T8Qg0/sn

全体的によく理解できました。ありがとうございました。
特に、ファイル名欄の横の「...」から選べそうという発想が全く抜けていました…!
なまじファイル名を指定する欄なので、てっきり実際のファイルを「参照...」しに行くようなボタンだとばかり思い込んでいました。
可能なら、このボタン名は「マクロ...」などとしていただけるとわかりやすくて良いかと思いました。

希望をお聞かせください

タグについてはファイル名からの流れで一緒に検証しただけなので、私自身がタグに特定のマクロを用いたいというわけではありません。
解説記事の情報追加も含め、大変ご親切にありがとうございます。
強いて言えば、Windowsのファイル名ソートの都合上、
ファイル名の小数点ナンバリングをthXX-X形式としたい(th155でもth15.5でもなくth15-5)という要望はありますが、
これはまあ曲目ファイル側で事前調整しておくことなのかなと思いますのでもし可能ならという感じです。

また、コードブロックなどについての説明の改善もありがとうございます。
「書き込み内容の確認」画面でよくチェックするようにします。

: ID:5U/9Z0Js

>>103
ご意見ありがとうございます。

[...]については確かに誤解しやすい感があるので、[マクロ...]とするか[>>]のようにするか、
今後のバージョンで入力候補的なニュアンスが現れる何らかの表記に変更したいと思います。

小数点ナンバリングについては、出力ファイル名形式を"th15-5 $trackno.wav"のように
直接文字列で記述すれば対応できますし、また曲目ファイル側で指定すれば$prefixマクロで
記述することもできます。 このため現在の機能で不足はなく、またThbgmExtractorとして
対応するほどの必要性もさほどないかなと思っています。

また、タグでマクロを使いたいという希望ではないとのことから、マクロの扱いは現状のままと
させていただきたいと思います。

今後またご要望がありましたらこちらで受け付けますので、お気軽にお問い合わせください。

  • 書き込み完了後に投稿内容を編集することは出来ません。
  • >>1と入力すると1番へのアンカーになります。
  • 投稿内容はPukiWiki記法で整形されます。
    • 以下のPukiWiki記法が使えます。
      • 引用文
      • 番号付きリスト、番号なしリスト、定義リスト
      • 整形済みテキスト
        • 複数行のコードブロックを書き込むには次のように記入してください。
          #code{{
          int x = 2;
          int y = 3;
          }}
        • 複数行のコマンド出力を書き込むには次のように記入してください。
          #prompt{{
          C:\> echo "foo"
          "foo"
          }}
      • 表組み
      • 見出し
      • 強調・斜体、取り消し線・下線
      • 文字色(&color)、文字サイズ(&size)
      • 注釈
    • URL・メールアドレスは自動的にリンクになります。
    • 詳しくはPukiWikiのFormattingRulesを参照してください。