6.0より前のC#では、usingディレクティブは名前空間のみにしか使用できないので、静的メンバをインポートによるクラス名の省略はできません。 ただ、usingディレクティブでクラス名にエイリアス(別名)を付けることができるため、これを用いて短い記述にすることは可能です。 VBのImportsステートメントでも同様にエイリアスを付けることが出来ます。

ImportsステートメントでMathクラスにエイリアスを付けて呼び出す
Imports System

' Importsステートメントで型のエイリアス(別名)を付ける
' ここではSystem.MathクラスにMというエイリアスを与えている
' (M.***と記述するとSystem.Mathのメンバを呼び出せる)
Imports M = System.Math 

Class Sample
  Shared Sub Main()
    Dim val As Double = M.Sqrt(3) ' エイリアスを使って呼び出すことができる

    Console.WriteLine(val)
  End Sub
End Class