DivRemメソッドを用いると、整数同士の除算による商と剰余を同時に求めることができます。 商は戻り値として、剰余はoutパラメータとして返されます。 これは除算演算子/(VBでは\)と剰余演算子%(VBではMod)の結果を同時に求めるのと同じ結果です。

Math.DivRemメソッドを使って商と剰余を同時に求める
using System;

class Sample {
  static void Main()
  {
    int a = 5;
    int b = 3;
    int div, rem; // Math.DivRemメソッドの結果を格納する変数

    // aとbの商と剰余を求める
    // 商は戻り値divに、剰余はoutパラメータのremに代入される
    div = Math.DivRem(a, b, out rem);

    Console.WriteLine("{0}÷{1} = {2}{3}", a, b, div, rem);

    // aとbの商と剰余を演算子によって個別に求めた場合
    div = a / b;
    rem = a % b;

    Console.WriteLine("{0}÷{1} = {2}{3}", a, b, div, rem);
  }
}
実行結果
5÷3 = 1…2
5÷3 = 1…2