デリゲート型ではMethodプロパティを参照することで呼び出し対象となるメソッドのMethodInfoを取得することができます。

デリゲートからMethodInfoを取得し、対象となっているメソッドを呼び出す
using System;

class C {
  public void M1() {}
  public static void M2() {}
}

class Sample {
  static void Main()
  {
    C inst = new C();

    // インスタンスメソッドM1のデリゲート
    Action a1 = (Action)inst.M1;

    // クラスメソッドM2のデリゲート
    Action a2 = (Action)C.M2;

    Console.WriteLine(a1.Method);
    Console.WriteLine(a2.Method);
  }
}
実行結果
Void M1()
Void M2()