C#ではtypeof演算子、VBではGetType演算子を使うことで型情報をTypeクラスのインスタンスとして取得することができます。 また、任意の型のインスタンスでGetTypeメソッドを呼び出すことによっても取得することができます。 このメソッドはObjectクラスから継承されるため、どの型でも共通して使用することができます。

つまり、型名から直接型情報を取得したい場合にはtypeof/GetType、インスタンスからその型の型情報を取得したい場合にはGetTypeメソッドを使用します。

型情報を取得する
using System;

class Sample {
  static void Main()
  {
    Type t1 = typeof(int); // int型の型情報の取得
    Type t2 = typeof(Sample); // Sampleクラスの型情報の取得

    string str = "foo";

    Type t3 = str.GetType(); // stringインスタンスからの型情報の取得
  }
}