以下はPropertyInfoを使ってインデクサの値を取得・設定する例です。 C#では特に指定しない場合、インデクサの名前はデフォルトでItemとなりますが、IndexerName属性によって変更可能である点に注意してください。

PropertyInfoを使ってインデクサの値を取得・設定する
Imports System
Imports System.Reflection

Class C
  Public Default Property Item(ByVal index As Integer) As Integer
    Get
      Return arr(index)
    End Get
    Set(ByVal value As Integer)
      arr(index) = value
    End Set
  End Property

  Private arr(1) As Integer
End Class

Class Sample
  Shared Sub Main()
    Dim inst As New C()

    inst(0) = 42
    inst(1) = 0

    Dim t As Type = inst.GetType()

    ' インデクサItemのPropertyInfoを取得する
    Dim p As PropertyInfo = t.GetProperty("Item")

    ' インデクサのインデックス1に値3を設定する
    p.SetValue(inst, 3, New Object() {1})

    ' インデクサからインデックス0と1の値を取得する
    Console.WriteLine(p.GetValue(inst, New Object() {0})) ' inst(0)
    Console.WriteLine(p.GetValue(inst, New Object() {1})) ' inst(1)
  End Sub
End Class
実行結果
42
3