キャプチャを使った例として、カンマ区切り文字列(CSV)から各カラムの値を分割して取得する例を考えます。 次の例で使用している正規表現"((^|,)(?<column>[^,]*))+"では、行頭またはカンマ"(^|,)"に続いて、グループ名columnでグループ化した正規表現"(?<column>[^,]*)"が現れる箇所の組み合わせが、1つ以上連続する箇所"(...)+"をCSVにマッチする正規表現として構成しています。 そして、グループcolumnでは、カンマ以外の文字が0文字以上連続する箇所"[^,]*"をカラムの値として構成しています。 この一連の正規表現にマッチする文字列を取得し、グループcolumnにキャプチャされた文字列を列挙すれば、CSVの各カラムの値を取得できることになります。

グループ化した正規表現とキャプチャを使ってCSV文字列から各カラムの値を取得する
using System;
using System.Text.RegularExpressions;

class Sample {
  static void Main()
  {
    var text = "a,012,,xxxxx";

    // CSVの正規表現(グループcolumnにCSVの各カラムの値がキャプチャされる)
    var m = Regex.Match(text, @"((^|,)(?<column>[^,]*))+");

    // グループcolumnの正規表現にキャプチャされた数を表示
    Console.WriteLine("Count = {0}", m.Groups["column"].Captures.Count);

    // グループcolumnにキャプチャされた文字列を列挙して表示
    foreach (Capture c in m.Groups["column"].Captures) {
      Console.WriteLine("\"{0}\"", c.Value);
    }
  }
}
実行結果
Count = 4
"a"
"012"
""
"xxxxx"

この例で使用している正規表現では、クォーテーション("')によって括られたカラムを処理することができません。 CSVをより厳密に処理するバージョンについては§.グループとキャプチャを使った例 (CSVの処理)で紹介しています。