List<T>をソートするには、List.Sortメソッドを使います。 List.Sortメソッドはメソッドを呼び出したインスタンス自身をソートします。

List.Sortで文字列をソートする
using System;
using System.Collections.Generic;

class Sample {
  static void Main()
  {
    // ソート対象のList<string>
    List<string> list = new List<string>(new string[] {"ab", "abc", "aa", "a", "b", "acb"});

    // ソート
    list.Sort();

    // ソート結果を表示
    foreach (string val in list) {
      Console.Write("{0}, ", val);
    }
    Console.WriteLine();
  }
}
実行結果
a, aa, ab, abc, acb, b, 

List.Sortメソッドでは、インスタンス自身をソートします(破壊的変更)。 ソートされたListが新たに作成され戻り値として返されることはありません。 そのため、ソート前の状態も維持しておきたい場合は、あらかじめListの複製を作っておき(ジェネリックコレクション(1) List §.Listの複製)、その後で変更用のListをソートする必要があります。

非破壊的なソートを行いたい場合はEnumerable.OrderByメソッドを使うことができます。

特に順序を指定しない限り、List.Sortメソッドはデフォルトのソート順でソートします。 デフォルトのソート順については基本型とデフォルトのソート順、ソート順の定義については大小関係の定義と比較で解説しています。 逆順でのソートについては§.降順でのソートで後述しています。