ConsoleクラスのメソッドWrite, WriteLineなどを使うことで標準出力への書き込みを行うことができます。 実際の出力先はコンソールウィンドウ、リダイレクトされたファイルやIDEの出力ペインなどとなり、アプリケーションの種類や実行環境によって変わります。

Console.Write・WriteLineメソッドで標準出力に文字列を書き込む
Imports System

Class Sample
  Shared Sub Main()
    Console.Write("Hello, ")    ' 改行なしで標準出力に書き込む
    Console.WriteLine("world!") ' 改行付きで標準出力に書き込む
    Console.WriteLine("Hello, world!")
  End Sub
End Class
実行結果
Hello, world!
Hello, world!