しかし、それはStreamクラスを単体で使う場合に限ったことで、.NET FrameworkにはStreamクラスを使った数値・文字列の読み書きを簡単に行えるようにする便利なユーティリティクラスが用意されています。 具体的には、StreamReader・StreamWriterBinaryReader・BinaryWriterといったクラスをStreamクラスと組み合わせて使うことにより、数値・文字列など構造化されたデータをより簡単に読み書きできるようになります。

FileStreamとBinaryReaderを使ってファイルから数値を読み込む
using System;
using System.IO;

class Sample {
  static void Main()
  {
    // ファイルsample.datを開き、読み取りアクセスを行うためのFileStreamを作成する
    using (FileStream stream = new FileStream("sample.dat", FileMode.Open, FileAccess.Read)) {
      // streamからデータを読み出すBinaryReaderを作成する
      BinaryReader reader = new BinaryReader(stream);

      // streamからInt32(int)のデータを読み込み、表示する
      int number = reader.ReadInt32();

      Console.WriteLine(number);
    }
  }
}