CopyToメソッドは.NET Framework 4以降で使用可能なメソッドです。 .NET Framework 3.5以前の場合はCopyToメソッドを使うことは出来ないので、次のようにReadメソッド・Writeメソッドを使ってコピー処理を実装する必要があります。

Read/Writeメソッドを使ってStream.CopyTo相当のメソッドを実装する
using System;
using System.IO;

class Sample {
  static void Copy(Stream fromStream, Stream toStream, int bufferSize)
  {
    // 読み込みに使用するバッファを確保
    byte[] buffer = new byte[bufferSize];

    for (;;) {
      // コピー元のStreamからバッファのサイズ分だけデータを読み込む
      int len = fromStream.Read(buffer, 0, bufferSize);

      if (len == 0)
        // コピー元のStreamの終端まで読み込んだらコピー終了
        break;

      // 読み込んだデータをコピー先のStreamに書き込む
      toStream.Write(buffer, 0, len);
    }
  }

  static void Main()
  {
    using (Stream fromStream = File.OpenRead("sample.dat")) {
      using (MemoryStream toStream = new MemoryStream()) {
        // ファイルの内容をMemoryStreamにコピー (バッファサイズとして64[バイト]を指定)
        Copy(fromStream, toStream, 64);

        // コピーした内容をバイト配列に変換して表示
        Console.WriteLine(BitConverter.ToString(toStream.ToArray()));
      }
    }
  }
}