MonoDevelopGitのソースからビルドしてインストールする手順。 ビルドに使用した環境はUbuntu 12.04 (Precise Pangolin)。 本文は2013年06月24日現在のバージョンに基づく。 また、本文中の所要時間はCore 2 Duo E6600を積んだマシンで計測したもの。

ここで紹介する手順では、ディストリビューションが提供しているバージョンのMonoDevelopと共存できるようにするため、/opt/mono/3.0にインストールする。

§1 MonoDevelop本体

§1.1 MonoDevelopが必要とするアセンブリのインストール

MonoDevelopが必要とするアセンブリをあらかじめインストールしておく。 必要になるものは以下のアセンブリ。 各アセンブリのインストール方法についてはMono 2.10 のビルド・インストールを参照のこと。

  • MonoDevelopが必要とするアセンブリ・パッケージ
    • Mono (2.10.8以上)
    • Mono Addins
    • gtk-sharp (2.12.8以上)
    • monodoc
    • gecko-sharp
    • gtksourceview-sharp
    • mono-debugger (デバッガを使用する場合)

§1.2 ソースのチェックアウトとconfigure

git clone git://github.com/mono/monodevelop.git
cd monodevelop/

--selectオプションをつけて./configureを実行し、ビルドするアドインを選択/解除する。 何も入力せずにENTERを押すとconfigureが開始される。

$ ./configure --prefix=/opt/mono/3.0/ --select

The build profile 'default' does not exist. A new profile will be created.
Select the packages to include in the build for the profile 'default':

1. [X] main
2. [ ] extras/JavaBinding
3. [ ] extras/ValaBinding
4. [ ] extras/MonoDevelop.Database
5. [ ] extras/MonoDevelop.Debugger.Gdb
6. [ ] extras/PyBinding
7. [ ] extras/MonoDevelop.MeeGo

Enter the number of an add-in to enable/disable,
(q) quit, (c) clear all, (s) select all, or ENTER to continue:  

Configuring package: main
-------------------------

configureの結果を確認する。

Configuration summary

   * Installation prefix = /opt/mono/3.0
   * C# compiler = /opt/mono/3.0/bin/dmcs
   * Mono class library development extensions: yes
   * Version control providers:
   *     Subversion (Unix): yes
   *     Git: yes
   * Platform bindings: GNOME 
   * Unit tests: no

Now type `make' to compile MonoDevelop
Configuration Summary
---------------------

MonoDevelop has been configured with 
    prefix = /opt/mono/3.0
    profile = default

Packages included in the build:
    main

§1.3 ビルド、起動

問題が無ければ、makeする。 makeを開始すると、自動的に必要なサブモジュールのダウンロードも行われる。

make

ビルドしたものをインストールせず、すぐに実行したければmake runする。

make run

インストールするには、make installする。

sudo make install