ClipboardクラスのSetDataObject()メソッド及びGetDataObject()メソッドを用いることで、クリップボードに対してデータをコピーしたり、取得したりする事ができる。 また、SetDataObject()はSystem.Object型を引数に取るので、事実上どのような型のデータでも貼り付けることができる。 ただし、その場合はデータを取得する側でどのようなデータが貼り付けられているかを知る(知っている)必要がある。

// クリップボードにデータをコピーする
private void buttonCopy_Click( System.Object sender, System.EventArgs e )
{
    // テキストボックスの文字列をコピーする
    Clipboard.SetDataObject( textBoxSource.Text );
}

// クリップボードからデータを貼り付ける
private void buttonPaste_Click( System.Object sender, System.EventArgs e )
{
    // クリップボードのデータを取得する
    IDataObject dataObject = Clipboard.GetDataObject();

    // テキスト形式のデータかどうか確認する
    if ( dataObject.GetDataPresent( DataFormats.Text ) ) 
    {
        // テキスト形式のデータを取得し、テキストボックスに貼り付ける
        textBoxDest.Text = (string)dataObject.GetData( DataFormats.Text );
    }
}