各プレイリストファイルのフォーマットと、WPL形式・M3U形式を相互に変換する方法。

§1 変換スクリプト

WPL形式・M3U形式のプレイリストを相互に変換する簡易スクリプト。 プレイリストをメモ帳等で開いて、コピーしたものを貼り付けた後変換ボタンを押してください。 (ファイルパスの検査等は行わないので変換後手作業での修正が必要な場合があります)

§1.1 WPL→M3U






§1.2 M3U→WPL






§2 プレイリストのフォーマット

§2.1 WPL形式

Windows Media Player 9.0以降で使用されるWPL形式のプレイリストは、下記のような形式のXMLファイルとなっている。

WPL形式のプレイリストの例
<smil>
    <head>
        <title>プレイリストのタイトル</title>
    </head>
    <body>
        <seq>
            <media src="Album\Track1.wma"/>
            <media src="Album\Track2.wma"/>
            <media src="C:\Documents and Settings\User\My Music\Album\Track3.wma"/>
        </seq>
    </body>
</smil>

/smil/body/seq/media要素の内容がプレイリストに含まれる各トラックとなり、src属性には各トラックのファイルパスを指定する。 ファイルパスは、相対パス・絶対パスどちらでもよい。 なお、ここで挙げた例は簡略化したもので、実際にはトラック情報以外にも様々な情報を記述することが出来る。

§2.2 M3U形式

M3U形式のプレイリストは、下記のような形式のテキストファイルとなっている。

M3U形式のプレイリストの例
Album/Track1.wma
Album/Track2.wma
Album/Track3.wma
http://music.example.com/extratracks.m3u
http://music.example.com/sample.mp3

このように、各トラックのファイルパスを順に並べて指定する。 ファイルパスは、相対パス・絶対パスどちらでもよい。 URLを指定してウェブ上のファイルを指定したり、外部のプレイリストを含めることも出来る。

拡張されたM3U形式の場合はより多くの情報を記述することが出来、トラックの長さ、タイトルを記述することが出来る。 拡張されたM3U形式であることを表すために、必ず1行目に"#EXTM3U"と記述しなければならない。 また、各トラックの情報を記述する場合は、ファイルパスの直前に"#EXTINF"から始まる行を既述し、トラックの長さ(秒単位)と、トラックのタイトルを記述する。 "#EXTINF"の行は省略可能。

拡張されたM3U形式のプレイリストの例
#EXTM3U

#EXTINF:185,foo artist - SONG OF HOGE
Album/Track1.wma

#EXTINF:185,foo artist - SONG OF HOGE (instrumental)
Album/Track2.wma

Album/Track3.wma