Gedit(GtkSourceView)でハイライトされるキーワードの設定は、/usr/share/gtksourceview-2.0/language-specs/に格納されている。 また、~/.local/share/gtksourceview-2.0/language-specs/に同じフォーマットのファイルを作成・格納することで、シンタックスハイライトの設定をカスタマイズできる。

例えば、C# 3.0のキーワードをハイライトするには、/usr/share/gtksourceview-2.0/language-specs/csharp.langをコピーして次のように編集する。

3c3
< <language _name="C# 3.0" version="1.0" _section="Sources" mimetypes="text/x-csharp">
---
> <language _name="C#" version="1.0" _section="Sources" mimetypes="text/x-csharp">
103,117d102
<               <!-- version 3.0 -->
<               <keyword>var</keyword>
<               <keyword>from</keyword>
<               <keyword>where</keyword>
<               <keyword>let</keyword>
<               <keyword>into</keyword>
<               <keyword>join</keyword>
<               <keyword>on</keyword>
<               <keyword>equals</keyword>
<               <keyword>select</keyword>
<               <keyword>orderby</keyword>
<               <keyword>group</keyword>
<               <keyword>by</keyword>
<               <keyword>ascending</keyword>
<               <keyword>descending</keyword>

編集したファイルを~/.local/share/gtksourceview-2.0/language-specs/に保存し、Geditを再起動すると[表示]→[強調表示モード]→[ソース]のメニューに[C# 3.0]の項目が追加される。 csファイルを開いたときに[C# 3.0]を選択すればハイライトされるようになる。