オーディオ・ビデオエンコーダLibavのビルド・インストール方法について。

§1 ソースからのビルド・インストール

ソースからビルドしてインストールする手順。 検証に使った環境はUbuntu 16.04 Desktop (Xenial Xerus)。 ディストリビューションが提供しているバージョンと共存できるようにするため、/opt/libavにインストールする。

§1.1 各種コーデック

必要なものをビルド・インストールしておく。

§1.1.1 FDK-AAC

https://sourceforge.net/projects/opencore-amr/files/fdk-aac/よりソースコードを入手する。

tar -xvf fdk-aac-0.1.5.tar.gz 
cd fdk-aac-0.1.5/
./configure --prefix=/opt/libav
make
sudo make install

§1.1.2 x264

(以下は2011年7月時点のバージョンでの手順)

git clone git://git.videolan.org/x264.git
cd x264/
./configure --prefix=/opt/libav --enable-shared
make
sudo make install

§1.1.3 libvpx

(以下は2011年7月時点のバージョンでの手順)

wget http://webm.googlecode.com/files/libvpx-v0.9.6.tar.bz2
tar -xvf libvpx-v0.9.6.tar.bz2 
cd libvpx-v0.9.6/
./configure --prefix=/opt/libav --enable-shared
make
sudo make install

§1.1.4 libogg

(以下は2011年7月時点のバージョンでの手順)

wget http://downloads.xiph.org/releases/ogg/libogg-1.2.2.tar.gz
tar -xvf libogg-1.2.2.tar.gz 
cd libogg-1.2.2/
./configure --prefix=/opt/libav --enable-shared
make
sudo make install

§1.1.5 libvorbis

(以下は2011年7月時点のバージョンでの手順)

wget http://downloads.xiph.org/releases/vorbis/libvorbis-1.3.2.tar.bz2
tar -xvf libvorbis-1.3.2.tar.bz2 
cd libvorbis-1.3.2/
./configure --prefix=/opt/libav --enable-shared
make
sudo make install

§1.2 Libav本体

wget https://libav.org/releases/libav-12.tar.xz
tar -xvf libav-12.tar.xz 
cd libav-12/

以下はFDK-AACを有効(--enable-libfdk-aac)にしてビルドする場合の例。 使用するコーデックに応じて--enable-libx264, --enable-libvpx, --enable-libvorbisなどを追加する。 また、コーデックのライセンスによっては--enable-gpl(GPLの場合), --enable-version3(GPLv3の場合)なども追加で指定する必要がある。

./configure \
--prefix=/opt/libav -extra-ldflags='-L/opt/libav/lib' \
--enable-libfdk-aac --enable-nonfree

問題が無ければ、make、make installする。

make
sudo make install