§1 概要

Libavにアースソフト製ビデオキャプチャボードPV3/PV4のキャプチャファイルをデマックス・デコードする機能を追加するパッチです。

§2 ダウンロード

本パッチはMIT X11ライセンスでのリリースとなります。

  • 最新版 2015-03-28 (Libav 9.4)
  • 過去のバージョン

§3 パッチ適用・ビルド手順

gitからチェックアウトしたソースに適用する例。

git clone git://git.libav.org/libav.git libav
cd libav
patch -p0 < libav-eathsoftdv.patch

パッチを有効にするには、configureで--enable-demuxer=earthsoftdv--enable-decoder=earthsoftdvのオプションを指定します。

./configure --enable-demuxer=earthsoftdv --enable-decoder=earthsoftdv ...

configureした結果、'Enabled decoders'と'Enabled demuxers'の一覧にearthsoftdvが表示されていれば有効になっています。

あとは、makemake installするだけです。

make
sudo make install

問題なくビルドできた場合、avconv -codecsでコーデックの一覧にearthsoftdvが表示されるようになります。

$ avconv -codecs
  :
  :
Codecs:
 D..... = Decoding supported
 .E.... = Encoding supported
 ..V... = Video codec
 ..A... = Audio codec
 ..S... = Subtitle codec
 ...I.. = Intra frame-only codec
 ....L. = Lossy compression
 .....S = Lossless compression
 -------
  :
 D.V.L. earthsoftdv          Earthsoft PV3/PV4 DV video codec
  :
  :

§4 使い方

通常のトランスコード方法と同じです。 dviファイルがない場合でもトランスコードできます。

avconv -i 1280x720p.dv test.wmv

§5 動作状況

以下のフォーマットのファイルでトランスコードできることを確認済です。

  • 映像フォーマット
    • 1920x1080i
    • 1440x1080i
    • 1280x1080i
    • 1280x720p
    • 720x480i
    • 720x480p
  • 音声フォーマット
    • リニアPCM

以下の環境で動作することを確認済みです。

  • Intel Core 2 Duo E6600 + Ubuntu 14.04 + Libav 9.4

§6 不具合・要望等

不具合・要望等は掲示板へどうぞ。

§6.1 既知の問題と対処

"buffer overflow at frame XX"というエラーメッセージが出る
libavcodec/earthsoftdv.hのEARTHSOFTDV_MAX_VIDEO_BLOCK_SIZEで定義している値を大きくしてビルドしなおしてください

§7 変更履歴

  • 2015-03-28
    • -codecsオプションの一覧に表示されるように修正
    • コンパイル時に警告が発生しないように修正
  • 2013-04-13
    • Libav 9.4での変更に対応
  • 2013-01-04
    • Libav 0.8.4での変更に対応
  • 2012-09-26
    • 標準入力ストリームからのデコードが出来るようにした
  • 2011-07-02
    • libav用に書き換え
  • 2010-03-01
    • 初版公開