ディレクトリにあるファイルをツリー形式で表示するtreeというコマンドがある。 treeを使うとこのようにファイルが表示される。 ls -Rでも再帰的にファイル一覧を表示してくれるが、ディレクトリの構成を把握したい場合は、こちらのが幾分かわかりやすい。

実行例
$ tree /var/www
www/
|-- contents
|   |-- cgi-bin
|   |   `-- counter
|   |       |-- counter.cgi
|   |       |-- counter.dat
|   |       |-- images
|   |       |   |-- 0.gif
|   |       |   |-- 1.gif
|   |       |   |-- 2.gif
|   |       |   |-- 3.gif
|   |       |   |-- 4.gif
|   |       |   |-- 5.gif
|   |       |   |-- 6.gif
|   |       |   |-- 7.gif
|   |       |   |-- 8.gif
|   |       |   `-- 9.gif
|   |       `-- lock
|   `-- images
|       |-- background.jpg
|       |-- rss-1_0.png
|       |-- rss-2_0.png
|       `-- header.jpg
|-- index.html
`-- robots.txt

§1 インストール

§1.1 Fedora等

yum install tree

§1.2 Debian系

sudo apt-get install tree