2009-05-11T08:48:27の更新内容

linux/ubuntu/initialconfig/index.wiki.txt

current previous
3,7 3,6
 
Ubuntu 7.04 Feisty Fawnの初期設定メモ。 ハードディスクへのインストール後に設定したことなどの自分用メモ。
Ubuntu 7.04 Feisty Fawnの初期設定メモ。 ハードディスクへのインストール後に設定したことなどの自分用メモ。
 

        

        
 
-関連するページ
-関連するページ
+
--[[linux/ubuntu/initialconfig_jaunty]]
 
--[[linux/ubuntu/initialconfig_hardy]]
--[[linux/ubuntu/initialconfig_hardy]]
 

        

        
 
**サービス・システム設定
**サービス・システム設定

linux/ubuntu/initialconfig_hardy/index.wiki.txt

current previous
3,7 3,6
 
Ubuntu 8.04 Hardy Heronの初期設定メモ。 ハードディスクへのインストール後に設定したことなどの自分用メモ。 Ubuntu 7.04 Feisty Fawnからのアップグレードではなく、バックアップを取ったあとパーティションを再作成してクリーンインストールした。
Ubuntu 8.04 Hardy Heronの初期設定メモ。 ハードディスクへのインストール後に設定したことなどの自分用メモ。 Ubuntu 7.04 Feisty Fawnからのアップグレードではなく、バックアップを取ったあとパーティションを再作成してクリーンインストールした。
 

        

        
 
-関連するページ
-関連するページ
+
--[[linux/ubuntu/initialconfig_jaunty]]
 
--[[linux/ubuntu/initialconfig]]
--[[linux/ubuntu/initialconfig]]
 

        

        
 
**サービス・システム設定
**サービス・システム設定

linux/ubuntu/initialconfig_jaunty/index.wiki.txt

current previous
1,538 0,0
+
${smdncms:tags,Ubuntu,9.04,Jaunty,Jackalope,初期設定}
+
*Ubuntu 9.04 初期設定メモ
+
Ubuntu 9.04 Jaunty Jackalopeの初期設定メモ。
+

          
+
-このメモの目的と内容
+
--ノートPCを開発機兼内向けサーバ機として使うための自分用メモ
+
--インストールには[[ubuntu-9.04-alternate-amd64:http://www.ubuntu.com/getubuntu/downloadmirrors#alternate]]を使用
+
--アップグレードではなくクリーンインストール
+
--デスクトップ環境をインストール後、サーバ用カーネルを追加でインストール
+
-関連するページ
+
--[[linux/ubuntu/initialconfig]]
+
--[[linux/ubuntu/initialconfig_hardy]]
+

          
+

          
+
**インストール時の設定
+
+[ネットワークの設定]
+
++[ネットワークを手動で設定]
+
+++IPアドレス、ゲートウェイ、ホスト名、ドメイン名、DNSサーバ等を設定
+
+[ディスクのパーティショニング]
+
++[手動]
+
+++/usr, /, /srvを別々のパーティションにマウント
+
+++マウントオプションはrelatime
+
+++ファイルシステムは/usrと/でext3、/srvでext4を使用
+
+++スワップは念のため実メモリの2倍のサイズを用意
+
+[ユーザーとパスワードのセットアップ]
+
++「ホームディレクトリを暗号化しますか?」→[しない]
+
+[ソフトウェアの選択とインストール]
+
++「言語サポートをダウンロードしますか?」→[はい]
+
上記以外の設定はデフォルトのまま。
+

          
+

          
+
**サービスの設定
+
***常時起動するサービスの設定
+
[システム]メニュー→[システム管理]→[サービスの管理]
+
+以下のサービスだけ起動する
+
++anacron
+
++cron
+
++alsa-utils
+
++apport
+
++gdm
+
++dbus
+
++hotkey-setup
+
++avahi-daemon
+
++rsync
+
++klogd
+
++sysklogd
+
++acpid
+
+停止するサービス
+
++bluetooth
+
++atd
+
++cups
+
+開始するサービス
+
++alsa-utils
+

          
+
***自動起動するプログラムの設定
+
[システム]メニュー→[設定]→[自動起動するアプリ]
+
+「自動起動するプログラム」から下記のもの以外を削除
+
++GNOME Login Sound
+
++GNOME キーリングのデーモン
+
++GNOME スプラッシュスクリーン
+
++GNOME 設定デーモン
+
++GNOME 設定デーモンのヘルパー
+
++Indicator applet
+
++Seahorse のデーモン
+
++アップデート通知
+
++ネットワーク・マネージャ
+
++新しいハードウェアのドライバを確認する
+
++電源の管理
+
+停止するもの
+
++AT SPI レジストリのラッパー
+
++Bluetooth Manager
+
++Evolution Alarm Notifier
+
++ユーザ・フォルダの更新
+
++リモート・デスクトップ
+
++印刷キューのアプレット
+
++視覚支援
+

          
+

          
+
**端末の設定
+
ランチャのgnome-terminalの起動オプションに引数を追加。
+
 gnome-terminal --geometry=120x20
+

          
+
デフォルトのエディタをvimにする。
+
 $ sudo update-alternatives --config editor
+
 
+
 `editor' を提供する 3 個の alternatives があります。
+
 
+
   選択肢       alternative
+
 -----------------------------------------------
+
           1    /usr/bin/vim.tiny
+
           2    /bin/ed
+
 *+        3    /bin/nano
+
 
+
 デフォルト[*] のままにするには Enter、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください: 1
+
 'editor' を提供するために '/usr/bin/vim.tiny' を使います。
+

          
+
以下の内容で~/.vimrc作成。
+
 set encoding=utf-8
+
 set fileencoding=utf-8
+
 set fileencodings=utf-8,utf-16,japan
+
 
+
 set backspace=2
+
 set tabstop=2
+
 set shiftwidth=4
+
 set expandtab
+
 
+
 highlight tabs ctermbg=green guibg=green
+
 
+
 set list
+
 set number
+
 set ruler
+
 set smartindent
+

          
+
~~/.bashrcに以下追記。
+
 alias rm='rm -i'
+
 alias cp='cp -i'
+
 alias mv='mv -i'
+
 
+
 PS1='\!> \u@\h [\t \w]\$ '
+
 cd ~
+

          
+

          
+
**ソフトウェアの削除・インストール
+
***リポジトリの設定
+
medibuntuリポジトリを追加
+
 sudo wget http://www.medibuntu.org/sources.list.d/jaunty.list --output-document=/etc/apt/sources.list.d/medibuntu.list
+
 sudo apt-get update && sudo apt-get install medibuntu-keyring && sudo apt-get update
+

          
+
-参考 [[Medibuntu - Community Ubuntu Documentation:https://help.ubuntu.com/community/Medibuntu]]
+

          
+
***Synapticパッケージマネージャの設定
+
[システム]メニュー→[システム管理]→[Synaptic パッケージ・マネージャ]
+
+[設定]メニュー→[設定]
+
++[全般]タブ
+
+++メインウィンドウ内でパッケージ情報を表示する
+
+++変更のを正常に適用できた場合に終了の確認をする
+
+[設定]メニュー→[リポジトリ]
+
++[Ubuntuのソフトウェア]タブ
+
+++main, universe, restricted, multiverse
+
+++「CD-ROM/DVDからのインストール」しない
+
++[サードパーティのソフトウェア]タブ
+
+++(Medibuntuが追加されていることを確認)
+
++[アップデート]タブ
+
+++アップデートの確認 2日ごと
+
+++インストールできるアップデートを通知のみする
+
++[統計情報]タブ
+
+++統計情報を提供する
+

          
+
***ソフトウェアの削除・インストール
+
不要なソフトウェア、自分でビルド・インストールするソフトウェアの削除。
+
 sudo apt-get remove --purge \
+
   apparmor apparmor-utils \
+
   bluetooth \
+
   bogofilter bogofilter-bdb bogofilter-common \
+
   brasero \
+
   cdparanoia \
+
   cups cupsddk cupsddk-drivers cups-bsd cups-client cups-common cups-driver-gutenprint hal-cups-utils \
+
   ekiga \
+
   espeak \
+
   evolution evolution-common evolution-data-server evolution-plugins evolution-webcal \
+
   example-content \
+
   foomatic-db foomatic-db-engine foomatic-filters foomatic-db-hpijs foo2zjs \
+
   gnome-cards-data gnome-games gnome-games-data gnome-mag gnome-orca gnome-pilot gnome-pilot-conduits gnome-pilot gnome-pilot-conduits gnome-spell \
+
   hpijs hplip hpijs-ppds hplip hplip-data hplip-dbg pxljr \
+
   libgoffice-0-6 libgoffice-0-6-common libgoffice-dbg \
+
   libgutenprint2 \
+
   min12xxw \
+
   ntfs-3g \
+
   rdesktop \
+
   rhythmbox rhythmbox-dbg \
+
   sound-juicer \
+
   speedcrunch \
+
   splix \
+
   strigi-client strigi-daemon \
+
   splix \
+
   system-config-printer-common system-config-printer-gnome \
+
   tomboy \
+
   toshset \
+
   tracker tracker-search-tool libdeskbar-tracker
+
 sudo apt-get remove --purge 'bluez(-.*)?'
+
 sudo apt-get remove --purge '^(lib)?beagle(-.*)?'
+
 sudo apt-get remove --purge '^mono-' cli-common '^lib.+-cil$'
+
 sudo apt-get remove --purge '^pidgin(-.*)?'
+

          
+
使用するソフトウェアのインストール。
+
 sudo apt-get install \
+
   audacity \
+
   autoconf automake1.9 autotools-dev \
+
   bison \
+
   build-essential \
+
   cadaver \
+
   dontzap \
+
   dnsmasq \
+
   epiphany-browser \
+
   gedit-plugins \
+
   gettext \
+
   git-core \
+
   gstreamer0.10-ffmpeg gstreamer0.10-plugins-bad gstreamer0.10-plugins-ugly \
+
   highlight \
+
   icedax \
+
   libtool \
+
   lighttpd lighttpd-mod-magnet lighttpd-mod-webdav \
+
   logwatch \
+
   nasm \
+
   nautilus-open-terminal \
+
   ngrep \
+
   nkf \
+
   ntp \
+
   rsync \
+
   ruby1.8 libwww-mechanize-ruby1.8 libhpricot-ruby1.8 \
+
   samba samba-common smbfs \
+
   subversion subversion-tools \
+
   telnetd \
+
   tree \
+
   thunderbird thunderbird-gnome-support \
+
   w3c-dtd-xhtml \
+
   xinetd
+

          
+
サーバカーネル・ヘッダのインストール。
+
 sudo apt-get install linux-server linux-headers-server
+

          
+
パッケージ情報の更新とアップデート。
+
 sudo apt-get update && sudo apt-get dist-upgrade
+

          
+
***その他のソフトウェアの削除
+
[システム]メニュー→[システム管理]→[不要パッケージの管理]
+
+削除できる不要なソフトウェアを削除する
+

          
+

          
+
**ローカルネットワーク用DNSサーバの設定
+
/etc/hostsに追記。
+

          
+

          
+
/etc/resolv.confに追記。
+
 nameserver 127.0.0.1
+

          
+
dnsmasqの設定を書き換える。
+
 $ sudo cp dnsmasq.conf dnsmasq.conf.org
+
 $ sudo vi dnsmasq.conf
+
 $ diff dnsmasq.conf.org dnsmasq.conf
+
 499c499,500
+
 < #log-queries
+
 ---
+
 > log-queries
+
 > log-facility=/var/log/dnsmasq
+
 
+
 $ sudo mv /etc/dnsmasq.conf* /etc/dnsmasq.d/
+
 $ sudo chown dnsmasq:adm /var/log/dnsmasq
+
 $ sudo /etc/init.d/dnsmasq restart
+

          
+
**再起動
+
ここまででいったん再起動。 再起動後にps, pstree, topで必要なさそうなプロセスが動いてないかチェックする。
+

          
+
**デスクトップ環境の設定
+
***NTPサーバとの同期
+
[システム]メニュー→[システム管理]→[日付と時刻の設定]
+
+設定を「インターネット上のサーバと同期させる」に変更
+
+近くのNTPサーバを設定
+

          
+
***キーボード設定のカスタマイズ
+
[システム]メニュー→[設定]→[キーボード]
+
+適当にカスタマイズ
+

          
+
***マウス設定のカスタマイズ
+
[システム]メニュー→[設定]→[マウス]
+
+適当にカスタマイズ
+

          
+
***スクリーンセーバー設定のカスタマイズ
+
[システム]メニュー→[設定]→[スクリーンセーバー]
+
+適当にカスタマイズ
+

          
+
***サウンドデバイスのテスト・効果音等のカスタマイズ
+
[システム]メニュー→[設定]→[サウンド]
+
+各デバイスをテスト
+
++ミキシングが正常に動作することを確認
+
+サウンドの設定をカスタマイズ
+

          
+
***パワーマネージメント設定のカスタマイズ
+
[システム]メニュー→[設定]→[電源の管理]
+
+[AC電源使用時]タブ
+
++「システムをスリープする」→しない
+
++「画面をスリープする」→しない
+
+[バッテリー使用時]タブ
+
++「システムをスリープする」→しない
+
++「画面をスリープする」→5分
+
+[全般]タブ
+
++「電源ボタンを押したら」→「ダイアログを表示する」
+
++「通知エリア」→「充電中または放電中の時だけアイコンを表示する」
+

          
+
***SCIMのカスタマイズ
+
[システム]メニュー→[設定]→[SCIM入力メソッドの設定]
+
+[フロントエンド/全体設定]
+
++「キーボード配列」→「日本語」に変更
+
++「SCIM開始」→Zenkaku_Hankakuのみに変更
+
+[IMエンジン/Anthy]
+
++キーバインド
+
+++「キーバインドテーマ」→ATOKに変更
+

          
+
***キーボードショートカットのカスタマイズ
+
[システム]メニュー→[設定]→[キーボードショートカット]
+
+[デスクトップ/Lock screen]→Ctrl+Alt+Deleteに変更
+

          
+
***デフォルトで使用するアプリケーションのカスタマイズ
+
[システム]メニュー→[設定]→[お気に入りのアプリ]
+
+[インターネット]タブ
+
++「ウェブ・ブラウザ」→Firefoxに変更
+
++「メール・クライアント」→Thunderbirdに変更
+
+[マルチメディア]タブ
+
++「マルチメディア・プレイヤー」→Totemに変更
+
+[システム]タブ
+
++「端末エミュレータ」
+
+++その他に変更
+
+++コマンド: gnome-terminal
+
+++起動オプション: --geometry=120x20
+

          
+
***テーマ・壁紙・フォントのカスタマイズ
+
[システム]メニュー→[設定]→[外観の設定]
+
+[テーマ]タブ
+
++適当にカスタマイズ
+
+[背景]タブ
+
++適当にカスタマイズ
+
+[フォント]タブ
+
++フォントをSansからVL Pゴシック、MonospaceからVLゴシックに変更
+
++フォントサイズをカスタマイズ
+
++描画の種類をカスタマイズ
+

          
+
-テーマ・アイコン等
+
--[[Art.gnome.org:http://art.gnome.org/]]
+
--[[GNOME-Look.org:http://www.gnome-look.org/]]
+

          
+
***Ctrl+Alt+BackspaceでXorgを再起動できるようにする
+
 sudo dontzap --disable
+
-[[JauntyJackalope/ReleaseNotes/ja - Ubuntu Wiki - XorgのCtrl-Alt-Backspaceは標準で無効化されています:https://wiki.ubuntu.com/JauntyJackalope/ReleaseNotes/ja#Xorg%E3%81%AECtrl-Alt-Backspace%E3%81%AF%E6%A8%99%E6%BA%96%E3%81%A7%E7%84%A1%E5%8A%B9%E5%8C%96%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99]]
+

          
+
***マウントしたデバイスのアイコンを非表示にする
+
 gconftool-2 -t bool --set /apps/nautilus/desktop/volumes_visible false
+

          
+
***/home/の不要なディレクトリを削除する
+
「デスクトップ」を含めデフォルトで作成されるディレクトリの表記を英語にする。
+
 LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update
+

          
+
表示されるダイアログにしたがって変更すればOK。 ディレクトリを削除する前に、削除しても二度と作成させないようにする。
+
 $ sudo vi /etc/xdg/user-dirs.conf
+
 enabled=False # TrueからFalseに変更
+

          
+
Desktop, Pictures以外を削除する。
+
 rmdir Documents/ Music/ Public/ Templates/ Videos/
+

          
+
-参考
+
--[[ホームディレクトリのフォルダ名を日本語から英語に変更するには − @IT:http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/a077changelang.html]]
+
--[[ホームディレクトリ下のフォルダ作成を停止するには − @IT:http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/a042folder.html]]
+

          
+
***グラフィックスドライバを有効にする
+
[システム]メニュー→[システム管理]→[ハードウェア・ドライバ]
+
+ドライバをインストールして有効にする
+

          
+

          
+
**開発環境の設定
+
***Ruby
+
Ruby 1.8とRuby 1.9をインストールする場合、リンクを張る。
+
 sudo ln -s /usr/bin/ruby1.8 /usr/bin/ruby
+
 ruby -v
+

          
+
***lighttpd + WebDAVの設定
+
/etc/lighttpd/lighttpd.confを編集。
+
 server.modules = ( 
+
   "mod_access",
+
   "mod_alias",
+
   "mod_accesslog",
+
   "mod_indexfile",
+
   "mod_webdav",
+
 )
+
 
+
 server.username      = "www-data"
+
 server.groupname     = "www-data"
+
 
+
 server.document-root = "/srv/www/default"
+
 server.pid-file      = "/var/run/lighttpd.pid"
+
 server.tag           = "lighttpd"
+
 server.errorlog      = "/var/log/lighttpd/error.log"
+
 accesslog.filename   = "/var/log/lighttpd/access.log"
+
 
+
 server.max-keep-alive-requests = 2
+
 server.max-keep-alive-idle     = 4
+
 server.max-fds                 = 2048
+
 server.event-handler           = "linux-sysepoll"
+
 
+
 $HTTP["remoteip"] !~ "(192.168.1.|127.0.0.1)" {
+
   url.access-deny =
+
 }
+
 
+
 include_shell "/usr/share/lighttpd/create-mime.assign.pl"
+
 include_shell "/usr/share/lighttpd/include-conf-enabled.pl"
+
 
+
 index-file.names = (
+
   "index.xhtml", "index.html",
+
 )
+
 
+
 server.dir-listing   = "enable"
+
 dir-listing.encoding = "utf8"
+
 
+
 $HTTP["url"] =~ "^/dav($|/)" {
+
   server.dir-listing = "enable"
+
   webdav.activate    = "enable"
+
   webdav.is-readonly = "disable"
+
 }
+

          
+
ディレクトリを作成。
+
 sudo mkdir -p /srv/www/
+
 sudo chowm www-data:www-data /srv/www/
+
 sudo -u www-data mkdir -p /srv/www/default/dav/
+

          
+
ログ出力ディレクトリのパーミッションを変更。
+
 sudo chmod a+rx /var/log/lighttpd/
+

          
+
lighttpdを再起動
+
 sudo /etc/init.d/lighttpd restart
+

          
+
***xinetdを使用するサーバのアクセス制御設定
+
/etc/hosts.deny
+
 ALL: PARANOID
+

          
+
/etc/hosts.allow
+
 in.telnetd : 127.0.0.1 192.168.1.0/24
+
 svnserve : 127.0.0.1 192.168.1.0/24
+
 rsync : 127.0.0.1 192.168.1.0/24
+

          
+
***telnetdの設定
+
/etc/xinetd.d/telnetを作成。
+
 service telnet
+
 {
+
         disable         = no
+
         flags           = REUSE
+
         socket_type     = stream
+
         user            = telnetd
+
         wait            = no
+
         server          = /usr/sbin/in.telnetd
+
         server_args     = -h
+
         only_from       = 192.168.1.0/24 127.0.0.1
+
         log_on_failure  += USERID
+
 }
+

          
+
***svnserveの設定
+
/etc/xinetd.d/svnを作成。
+
 service svn
+
 {
+
         disable         = no
+
         socket_type     = stream
+
         user            = svn
+
         wait            = no
+
         server          = /usr/bin/svnserve
+
         server_args     = -i -r /srv/repos/svn
+
         only_from       = 192.168.1.0/24 127.0.0.1
+
         log_on_failure  += USERID
+
 }
+

          
+
ユーザを追加。
+
 sudo useradd -s /bin/false svn
+

          
+
ディレクトリを作成。
+
 sudo mkdir -p /srv/repos/svn
+
 sudo chown svn:svn /srv/repos/svn/
+

          
+
***rsyncdの設定
+
/etc/xinetd.d/rsyncを作成。
+
 service rsync
+
 {
+
         disable         = no
+
         socket_type     = stream
+
         user            = root
+
         wait            = no
+
         server          = /usr/bin/rsync
+
         server_args     = --daemon --config=/etc/rsyncd.conf
+
         only_from       = 192.168.1.0/24 127.0.0.1
+
         log_on_failure  += USERID
+
 }
+

          
+
/etc/rsyncd.confを作成。
+
 hosts allow = 192.168.1.0/24 127.0.0.1
+
 hosts deny = *
+
 use chroot = yes
+
 max connections = 1
+

          
+
 [rsync]
+
   comment = rsync root
+
   path = /srv/rsync
+
   uid = nobody
+
   gid = nogroup
+
   read only = yes
+

          
+
ディレクトリを作成。
+
 sudo mkdir -p /srv/rsync
+
 sudo chown nobody:nogroup /srv/rsync
+

          
+
***root宛てメールの送信先の変更
+
/etc/aliasに追記。
+
 root: root@example.com
+
aliasを更新。
+
 sudo newalias
+

          
+
***Subversionクライアントの設定
+
~~/.subversion/configのテンプレートを作成する。
+
 svn help
+
~~/.subversion/configを編集。
+
 [auth]
+
 # 認証情報を保存しない
+
 store-passwords = no
+
 store-auth-creds = no
+
 
+
 [helpers]
+
 # editor-cmd = editor
+
 # diff-cmd = diff_program
+
 # diff3-cmd = diff3_program
+
 # diff3-has-program-arg = [true | false]
+

          
+
 [tunnels]
+
 # ssh = $SVN_SSH ssh
+
 # rsh = rsh
+
 # rsh = /path/to/rsh -l myusername
+
 
+
 [miscellany]
+
 # log-encoding = latin1
+
 # use-commit-times = yes
+
 # no-unlock = yes
+
 enable-auto-props = yes
+
 global-ignores = *.o *.lo *.obj *.la #*# .*.rej *.rej .*~ *~ .#* .DS_Store *.suo *.pidb *.mdb *.userprefs *.usertasks
+
 
+
 [auto-props]
+

          
+

          
+
***ソフトウェアのビルド・インストール
+
-[[programming/mono/install_trunk]]
+
-[[programming/mono/install_monodevelop_trunk]]
+
-[[linux/tips/yasm]]
+
-[[linux/tips/x264]]
+
-[[linux/tips/faac_faad]]
+
-[[linux/tips/ffmpeg]]
+