2009-11-01T18:20:11の更新内容

linux/ubuntu/initialconfig_karmic_server/index.wiki.txt

current previous
6,9 6,8
 
--kvm仮想マシンを各種サーバとして使うための自分用メモ
--kvm仮想マシンを各種サーバとして使うための自分用メモ
 
--インストールには[[ubuntu-9.10-server-i386:http://releases.ubuntu.com/karmic/]]を使用
--インストールには[[ubuntu-9.10-server-i386:http://releases.ubuntu.com/karmic/]]を使用
 
--インストールするマシンとして、192MBのメモリと10GBのストレージ(qcow2/virtio)2台が接続されている仮想マシンを使用
--インストールするマシンとして、192MBのメモリと10GBのストレージ(qcow2/virtio)2台が接続されている仮想マシンを使用
~
-関連するページ
//関連するページ
~
--[[linux/ubuntu/initialconfig_karmic_desktop]]
//-[[linux/ubuntu/initialconfig_karmic]]
+
--[[linux/ubuntu]]
 

        

        
 
**仮想マシン設定の変更
**仮想マシン設定の変更
 
インストールを始める前に、仮想マシンのキーマップ設定を修正しておく。 /etc/libvirt/qemu/にある各設定ファイル内の/domain/devices/graphics/@keymapの値をen-usからjaに変える。
インストールを始める前に、仮想マシンのキーマップ設定を修正しておく。 /etc/libvirt/qemu/にある各設定ファイル内の/domain/devices/graphics/@keymapの値をen-usからjaに変える。

linux/ubuntu/initialconfig_karmic_desktop/index.wiki.txt

current previous
1,837 0,0
+
${smdncms:keywords,Ubuntu,9.10,Karmic,Koala,Desktop,初期設定}
+
*Ubuntu 9.10 Desktop 初期設定メモ [#z7fc1076]
+
Ubuntu 9.10 desktop editionの初期設定メモ。
+

          
+
-このメモの目的と内容
+
--デスクトップPCを開発機兼内向けサーバ機として使うための自分用メモ
+
--インストールには[[ubuntu-9.10-rc-alternate-i386.iso:http://releases.ubuntu.com/releases/9.10/]]を使用
+
---ubuntu-9.10-rc-desktop-i386.isoのインストーラではLVMパーティションの設定ができなかったため
+
--アップグレードではなくクリーンインストール
+
--デスクトップ環境をインストール後、サーバ用カーネルを追加でインストールした
+
-関連するページ
+
--[[linux/ubuntu/initialconfig_karmic_server]]
+
--[[linux/ubuntu]]
+

          
+
**インストール手順
+
***ブート画面
+
+F2 Language: [日本語]を選択
+
+F3 Keymap: [Japan]を選択
+
+Ubuntuをインストール]を選択
+

          
+
***[Ubuntu インストーラメインメニュー]
+
+Keyborard model: [Do not configure keyboard; keep kernel keymap]を選択
+

          
+
***[ネットワークの設定]
+
+ネットワークの設定方法: [ネットワークを手動で設定]を選択
+
+(以下ダイアログに従ってIPアドレス等を入力)
+

          
+
***[ディスクのパーティショニング]
+
+パーティショニングの方法: [手動]を選択
+
+(パーティションを設定)
+
+[パーティショニングの終了とディスクへの変更の書き込み]を選択
+

          
+
***[ベースシステムをインストールしています]
+
+(インストールが終わるまで待つ)
+

          
+
***[ユーザとパスワードのセットアップ]
+
+(ダイアログに従ってユーザ名・パスワード等を入力)
+
+ホームディレクトリを暗号化しますか: <いいえ>を選択
+

          
+
***[パッケージマネージャの設定]
+
+HTTP プロキシの情報: 空欄のままもしくは必要に応じて適切なURLを入力
+

          
+
***[ソフトウェアの選択とインストール]
+
+言語サポートをダウンロードしますか?: <はい>を選択
+
+(インストールが終わるまで待つ)
+

          
+
***[grub-pcを設定しています]
+
+ブートローダをインストールするデバイス:を入力
+

          
+
***[インストールの完了]
+
+システム時間を UTC に設定していますか?: <はい>を選択
+
+インストールの完了: CD-ROMを取り出して<続ける>を選択
+
+再起動
+

          
+
**サービスの設定
+
***サービスの起動・停止 [#r748372c]
+
必要のないサービスを停止し、使用するサービスを起動するようにする。
+
#code(sh){{
+
sudo apt-get install sysv-rc-conf
+
sudo sysv-rc-conf --level 2345 cups off
+
sudo sysv-rc-conf --level 2345 bluetooth off
+
sudo sysv-rc-conf --level 2345 atd off
+
sudo sysv-rc-conf --level 2345 alsa-utils on
+
}}
+

          
+
***自動起動するプログラムの設定
+
[システム]メニュー→[設定]→[自動起動するアプリ]
+
+「自動起動するプログラム」から下記のもの以外を削除
+
++GNOME Login Sound
+
++GNOME キーリングのデーモン
+
++GNOME 設定デーモン
+
++GNOME 設定デーモンのヘルパー
+
++Indicator applet
+
++PolicyKit 認証エージェント
+
++Seahorse のデーモン
+
++アップデート通知
+
++スクリーンセーバー
+
++ディスク通知
+
++音量コントロール
+
++新しいハードウェアのドライバを確認する
+
++電源の管理
+
+停止するもの
+
++AT SPI レジストリのラッパー
+
++Bluetooth Manager
+
++Evolution Alarm Notifier
+
++ユーザ・フォルダの更新
+
++リモート・デスクトップ
+
++ネットワーク・マネージャ
+
++印刷キューのアプレット
+
++視覚支援
+

          
+
**設定ファイル等の編集
+
***端末の設定
+
ランチャのgnome-terminalの起動オプションに引数を追加。
+
#code{{
+
gnome-terminal --geometry=120x20
+
}}
+

          
+
デフォルトのエディタをvimにする。
+
#prompt{{
+
$ sudo update-alternatives --config editor
+
There are 3 choices for the alternative editor.
+

          
+
  Selection    Path               Priority   Status
+
------------------------------------------------------------
+
* 0            /bin/nano           40        auto mode [#d312d577]
+
  1            /bin/ed            -100       manual mode
+
  2            /bin/nano           40        manual mode
+
  3            /usr/bin/vim.tiny   10        manual mode
+

          
+
Press enter to keep the current choice[*], or type selection number: 3
+
update-alternatives: using /usr/bin/vim.tiny to provide /usr/bin/editor in manual mode.
+
}}
+

          
+
***~/.vimrc
+
以下の内容で作成。
+
#code(,~/.vimrc){{
+
set encoding=utf-8
+
set fileencoding=utf-8
+
"set fileencodings=iso-2022-jp,cp932,shift-jis,euc-jp,utf-8,utf-16,ucs-2le,ucs-2,japan
+
set fileencodings=utf-8,utf-16,japan
+

          
+
set backspace=2
+
set tabstop=2
+
set shiftwidth=4
+
set expandtab
+

          
+
highlight tabs ctermbg=green guibg=green
+

          
+
set list
+
set number
+
set ruler
+
set smartindent
+
}}
+

          
+
***~/.bashrc
+
以下の内容を追記。
+
#code(,~/.bashrc){{
+
alias rm='rm -i'
+
alias cp='cp -i'
+
alias mv='mv -i'
+

          
+
PS1='\!> \[\033[0;33m\]\u\[\033[m\]@\[\033[0;36m\]\h\[\033[m\] [\[\033[0;32m\]\t\[\033[m\] \w]\$ '
+
case $TERM in
+
  kterm|xterm|cygwin)
+
    TITLEBAR="\u@\h:\w"
+
    PS1="\[\033]0;${TITLEBAR}\007\]${PS1}"
+
    ;;
+
esac
+

          
+
cd ~
+
}}
+

          
+
***root宛てメールの送信先の変更
+
/etc/aliasに追記。
+
#code(,/etc/alias){{
+
# Added by installer for initial user
+
root: root@example.com
+
}}
+

          
+
aliasを更新。
+
#code{{
+
sudo newaliases
+
}}
+

          
+
**ネットワークの設定
+
内向けDNSサーバ、仮想マシンのネットワークで使用するブリッジの設定など。
+

          
+
***bridge-utils, uml-utilitiesをインストール
+
#code(sh){{
+
sudo apt-get install bridge-utils uml-utilities
+
}}
+

          
+
***/etc/sysctl.conf
+
IPv6を無効にする。
+
#code(,/etc/sysctl.conf){{
+
net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
+
}}
+

          
+
***/etc/network/interfaces
+
以下の内容に変更。
+
#code(,/etc/network/interfaces){{
+
auto lo
+
iface lo inet loopback
+

          
+
iface eth0 inet manual
+
auto br0
+

          
+
iface br0 inet static
+
	address 192.168.0.10
+
	netmask 255.255.255.0
+
	network 192.168.0.0
+
	broadcast 192.168.0.255
+
	gateway 192.168.0.1
+
	dns-nameservers 127.0.0.1
+
	dns-search example.com
+

          
+
pre-up /sbin/ifconfig eth0 0.0.0.0 promisc up
+
pre-up /usr/sbin/brctl addbr br0
+
pre-up /usr/sbin/tunctl -u -t tap0
+
pre-up /sbin/ifconfig tap0 0.0.0.0 promisc up
+
post-up /usr/sbin/brctl addif br0 eth0
+
post-up /usr/sbin/brctl addif br0 tap0
+
pre-down /sbin/ifconfig tap0 down
+
pre-down /sbin/ifconfig eth0 down
+
post-down /sbin/ifconfig br0 down
+
post-down /usr/sbin/brctl delbr br0
+
}}
+

          
+
-参考
+
--[[Ubuntuでブリッジ接続する - Asterisk works Wiki:http://www.asterisk-works.jp/wiki/index.php/Ubuntu%E3%81%A7%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B8%E6%8E%A5%E7%B6%9A%E3%81%99%E3%82%8B]]
+
--[[仮想化された日々:kvmのブリッジ設定 - livedoor Blog(ブログ):http://blog.livedoor.jp/les_paul_sp/archives/693807.html]]
+

          
+
***内向けDNSサーバ(dnsmasq)の設定
+
dnsmasqをインストール。
+
#code(sh){{
+
sudo apt-get install dnsmasq
+
}}
+

          
+
/etc/hostsに追記。
+
#code(,/etc/hosts){{
+
127.0.0.1	localhost
+

          
+
(ローカルネットワークのマシンを追加)
+
}}
+

          
+
/etc/resolv.dnsmasq.confを作成し、dnsmasqに参照させる他のDNSサーバを記述する。
+
#code(,/etc/resolv.dnsmasq.conf){{
+
# 他のDNSサーバを記入
+
nameserver xxx.xxx.xxx.xxx
+
  :
+
}}
+

          
+
dnsmasqの設定を書き換える。
+
#prompt{{
+
$ cd /etc/
+
$ sudo cp dnsmasq.conf dnsmasq.conf.org
+
$ sudo vi dnsmasq.conf
+
$ diff dnsmasq.conf.org dnsmasq.conf
+
29c29
+
< #resolv-file=
+
---
+
> resolv-file=/etc/resolv.dnsmasq.conf
+
528c528,529
+
< #log-queries
+
---
+
> log-queries
+
> log-facility=/var/log/dnsmasq
+

          
+
$ sudo mv /etc/dnsmasq.conf* /etc/dnsmasq.d/
+
$ sudo touch /var/log/dnsmasq
+
$ sudo chown dnsmasq:adm /var/log/dnsmasq
+
}}
+

          
+
***ネットワークサービスを再起動
+
設定を反映させるためにネットワークサービスを再起動。
+
#code{{
+
sudo /etc/init.d/networking restart
+
}}
+

          
+
**ソフトウェアの追加と削除
+
***リポジトリの設定
+
medibuntuリポジトリを追加。
+
#code(sh){{
+
sudo wget http://www.medibuntu.org/sources.list.d/$(lsb_release -cs).list --output-document=/etc/apt/sources.list.d/medibuntu.list
+
sudo apt-get update && sudo apt-get install medibuntu-keyring && sudo apt-get update
+
}}
+

          
+
-参考 [[Medibuntu - Community Ubuntu Documentation:https://help.ubuntu.com/community/Medibuntu]]
+

          
+
***Synapticパッケージマネージャの設定
+
[システム]メニュー→[システム管理]→[Synaptic パッケージ・マネージャ]
+
+[設定]メニュー→[設定]
+
++[全般]タブ
+
+++メインウィンドウ内でパッケージ情報を表示する
+
+++変更を正常に適用できた場合に終了の確認をする
+
+[設定]メニュー→[リポジトリ]
+
++[Ubuntuのソフトウェア]タブ
+
+++main, universe, restricted, multiverseにチェックを入れる
+
+++「CD-ROM/DVDからのインストール」チェックを外す
+
++[他のソフトウェア]タブ
+
+++(Medibuntuが追加されていることを確認)
+
++[アップデート]タブ
+
+++アップデートの確認 2日ごと
+
+++インストールできるアップデートを通知するのみ
+
++[統計情報]タブ
+
+++統計情報を提供する
+

          
+
***ソフトウェアの削除・インストール
+
不要なソフトウェア、自分でビルド・インストールするソフトウェアの削除。
+
#code(sh){{
+
sudo apt-get remove --purge \
+
  aspell aspell-en \
+
  bluetooth \
+
  bogofilter bogofilter-bdb bogofilter-common \
+
  brasero libbrasero-media0 \
+
  cdparanoia \
+
  couchdb-bin \
+
  cups cups-bsd cups-client cups-common cups-driver-gutenprint libcupscgi1 libcupsdriver1 libcupsmime1 libcupsppdc1 \
+
  espeak \
+
  evolution evolution-common evolution-couchdb evolution-data-server evolution-exchange evolution-indicator evolution-plugins evolution-webcal \
+
  example-content \
+
  foomatic-db foomatic-db-engine foomatic-filters foo2zjs \
+
  gnome-games gnome-games-common gnome-mag gnome-orca gnome-pilot gnome-pilot-conduits gnome-pilot gnome-pilot-conduits \
+
  hpijs hplip hplip hplip-data pxljr \
+
  libgutenprint2 \
+
  libbeagle1 \
+
  min12xxw \
+
  ntfs-3g libntfs-3g54 \
+
  rdesktop \
+
  rhythmbox \
+
  splix \
+
  system-config-printer-common system-config-printer-gnome \
+
  tomboy \
+
  toshset
+
sudo apt-get remove --purge 'bluez(-.*)?'
+
sudo apt-get remove --purge '^mono-' cli-common '^lib.+-cil$'
+
}}
+

          
+
使用するソフトウェアのインストール。
+
#code(sh){{
+
sudo apt-get install \
+
  apt-cacher \
+
  audacity \
+
  autoconf automake1.9 autotools-dev build-essential gettext libtool bison \
+
  cadaver \
+
  colordiff \
+
  epiphany-browser \
+
  gedit-plugins \
+
  git-core \
+
  gstreamer0.10-ffmpeg gstreamer0.10-plugins-bad gstreamer0.10-plugins-ugly \
+
  icedax \
+
  lighttpd lighttpd-mod-magnet lighttpd-mod-webdav \
+
  logwatch \
+
  mingw32 \
+
  munin munin-node \
+
  nasm \
+
  nautilus-open-terminal \
+
  nfs-kernel-server \
+
  ngrep \
+
  nkf \
+
  ntp \
+
  resolvconf \
+
  ruby1.8 libwww-mechanize-ruby1.8 libhpricot-ruby1.8 \
+
  samba smbfs \
+
  sensors-applet \
+
  swig \
+
  subversion subversion-tools \
+
  startupmanager \
+
  system-config-lvm \
+
  tree \
+
  thunderbird thunderbird-gnome-support \
+
  ttf-mona \
+
  virt-manager \
+
  w3c-dtd-xhtml \
+
  xinetd
+
sudo apt-get install \
+
  libcairo2-dev libexif-dev libfreetype6-dev libfontconfig1-dev libglib2.0-dev libjpeg62-dev libpng12-dev libtiff4-dev libungif4-dev libx11-dev libxrender-dev \
+
  libgtk2.0-dev \
+
  libnss3-dev libnspr4-dev xulrunner-dev \
+
  libglade2-dev libpango1.0-dev libgnome2-dev libgnomecanvas2-dev libgnomeprint2.2-dev libgnomeprintui2.2-dev libgnomeui-dev libpanel-applet2-dev \
+
  libgtksourceview-dev libgtksourceview2.0-dev \
+
  libgtkhtml3.14-dev libnautilus-burn-dev librsvg2-dev libvte-dev libwnck-dev \
+
  libncurses5-dev \
+
  libogg-dev libtheora-dev libvorbis-dev
+
}}
+

          
+
***サーバカーネル・ヘッダのインストール
+
#code(sh){{
+
sudo apt-get install linux-server linux-headers-server
+
}}
+

          
+
***言語サポートのインストール
+
[システム]→[システム管理]→[言語サポート]
+
+指示にしたがってインストールする
+

          
+
***ドライバ類のインストール
+
[システム]メニュー→[システム管理]→[ハードウェア・ドライバ]
+
+有効にできるドライバを有効にする
+

          
+
***その他のソフトウェアの削除
+
[システム]メニュー→[システム管理]→[パッケージの整理]
+
+削除できる不要なソフトウェアを削除する
+

          
+
***パッケージ情報の更新とアップデート
+
#code(sh){{
+
sudo apt-get update && sudo apt-get dist-upgrade
+
}}
+

          
+
***GRUB等の設定
+
[システム]→「システム管理」→「StartUp-Manager」
+
+「起動オプション」タブ
+
++「待ち時間」を変更
+
++「ディスプレイの解像度」を変更
+
++「起動スプラッシュを表示」のチェックを外す
+
++「起動中にテキストを表示」にチェックを入れる
+
+「詳細タブ」
+
++「ブートローダ・メニューの解像度」を変更
+

          
+
***再起動
+
ここまででいったん再起動。 再起動後にps, pstree, topで必要なさそうなプロセスが動いてないかチェックする。
+

          
+
**デスクトップ環境の設定とカスタマイズ
+
***NTPサーバとの同期
+
[システム]メニュー→[システム管理]→[日付と時刻の設定]
+
+設定を「インターネット上のサーバと同期させる」になっていることを確認する
+
+近くのNTPサーバを設定
+

          
+
***キーボード
+
[システム]メニュー→[設定]→[キーボード]
+
+[レイアウト]タブ
+
++[追加]をクリック
+
+++[言語]から「日本語」を選択
+
+++[系列]から「日本」を選択
+
+++[追加]をクリック
+
+++追加したレイアウトをデフォルトにし、古いレイアウトを削除する
+
++[レイアウトのオプション]をクリック
+
+++「Key sequence to kill the X server」→Control+Alt+Backspaceにチェックを入れる
+
++[システム全体に適用]をクリック
+
+その他適当にカスタマイズ
+

          
+
***マウス
+
[システム]メニュー→[設定]→[マウス]
+
+適当にカスタマイズ
+

          
+
***スクリーンセーバー
+
[システム]メニュー→[設定]→[スクリーンセーバー]
+
+適当にカスタマイズ
+

          
+
***サウンドデバイスのテスト・効果音等
+
[システム]メニュー→[設定]→[サウンド]
+
+[ハードウェア]タブ
+
++[プロファイル]を適当なものに変更
+
++ミュートをオフにし、音量を調整して音が出るかどうか確認
+
+その他適当にカスタマイズ
+

          
+
***パワーマネージメント
+
[システム]メニュー→[設定]→[電源の管理]
+
+[AC電源使用時]タブ
+
++「システムをスリープする」→しない
+
++「画面をスリープする」→1時間
+
+[全般]タブ
+
++「電源ボタンを押したら」→「ダイアログを表示する」
+
++「通知エリア」→「充電中または放電中の時だけアイコンを表示する」
+

          
+
***IBus
+
[システム]メニュー→[設定]→[iBusの設定]
+
+[一般]タブ
+
++「切り替え」→Zenkaku_Hankakuのみに変更
+
+[インプットメソッド]タブ
+
++ドロップダウンリストから「日本語」→「Anthy」を追加
+
++(「日本語 - anthy」ではなく)「日本語 - Anthy」を一番上に移動してデフォルトにする
+

          
+
***IBus-Anthy
+
言語バーの「i」のボタンをクリック
+
+[キー割当]タブ
+
++「ショートカットタイプ」→ATOKに変更
+

          
+
***キーボードショートカット
+
[システム]メニュー→[設定]→[キーボードショートカット]
+
+[デスクトップ/画面をロックする]→Ctrl+Alt+Deleteに変更
+

          
+
***デフォルトで使用するアプリケーション
+
[システム]メニュー→[設定]→[お気に入りのアプリ]
+
+[インターネット]タブ
+
++「ウェブ・ブラウザ」→Firefoxに変更
+
++「メール・クライアント」→Thunderbirdに変更
+
+[マルチメディア]タブ
+
++「マルチメディア・プレイヤー」→Totemに変更
+
+[システム]タブ
+
++「端末エミュレータ」
+
+++その他に変更
+
+++コマンド: gnome-terminal
+
+++起動オプション: --geometry=120x20
+

          
+
***テーマ・壁紙・フォント
+
[システム]メニュー→[設定]→[外観の設定]
+
+[テーマ]タブ
+
++適当にカスタマイズ
+
+[背景]タブ
+
++適当にカスタマイズ
+
+[フォント]タブ
+
++フォントをSansからVL Pゴシック、MonospaceからVLゴシックに変更
+
++フォントサイズをカスタマイズ
+
++描画の種類をカスタマイズ
+
+[外観タブ]
+
++「メニューの中にアイコンを表示する」→表示する
+
++「ツールバーのスタイル」→アイコンのみ
+

          
+
-テーマ・アイコン等
+
--[[Art.gnome.org:http://art.gnome.org/]]
+
--[[GNOME-Look.org:http://www.gnome-look.org/]]
+

          
+
***マウントしたデバイスのアイコンを非表示にする
+
#code(sh){{
+
gconftool-2 -t bool --set /apps/nautilus/desktop/volumes_visible false
+
}}
+

          
+
***/home/の不要なディレクトリを削除する
+
「デスクトップ」を含めデフォルトで作成されるディレクトリの表記を英語にする。
+
#code(sh){{
+
LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update
+
}}
+

          
+
表示されるダイアログにしたがって変更すればOK。 ディレクトリを削除する前に、削除しても二度と作成させないようにする。
+
#prompt{{
+
$ sudo vi /etc/xdg/user-dirs.conf
+
enabled=False # TrueからFalseに変更
+
}}
+

          
+
Desktop, Pictures以外を削除する。
+
#code(sh){{
+
rmdir Documents/ Music/ Public/ Templates/ Videos/
+
}}
+

          
+
-参考
+
--[[ホームディレクトリのフォルダ名を日本語から英語に変更するには − @IT:http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/a077changelang.html]]
+
--[[ホームディレクトリ下のフォルダ作成を停止するには − @IT:http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/a042folder.html]]
+

          
+
***Firefox
+
以下のアドオン、プラグインをインストール。
+
+アドオン
+
++[[Forecastbar Enhanced:https://addons.mozilla.org/en-US/firefox/addon/1978]]
+
++[[Live HTTP headers:https://addons.mozilla.jp/firefox/details/3829]]
+
++[[OPML Support:https://addons.mozilla.jp/firefox/details/2625]]
+
++[[Parent Folder:https://addons.mozilla.org/en-US/firefox/addon/1800]]
+
++[[RemoveTabs:https://addons.mozilla.jp/firefox/details/4227]]
+
++[[RequestPolicy:https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/9727]]
+
++[[Tab Mix Plus:https://addons.mozilla.jp/firefox/details/1122]]
+
++[[Web Developer:https://addons.mozilla.jp/firefox/details/60]]
+
++[[セッションマネージャ:https://addons.mozilla.jp/firefox/details/2324]]
+
++[[Google Toolbar for Firefox:http://www.google.com/tools/firefox/toolbar/FT2/intl/ja/]]
+
++[[Chaika:http://chaika.xrea.jp/]]
+
+プラグイン
+
++[[Novel Moonlight:http://www.go-mono.com/moonlight/]]
+

          
+
***Thunderbird
+
IMAPフォルダのチェック方法を変更する。 user.jsに以下の内容を書く。
+
#code(,~/.mozilla-thunderbird/xxxxxxxx.default/user.js){{
+
user_pref("mail.check_all_imap_folders_for_new", true);
+
}}
+
-参考
+
--[[Thunderbird Help: 便利な使い方 すべての IMAP フォルダの新着メールを確認する:http://www.mozilla-japan.org/support/thunderbird/tips#beh_downloadstartup]]
+

          
+
以下のアドオンをインストール。
+
+[[Confirm-Address:https://addons.mozilla.org/ja/thunderbird/addon/5582]]
+
+[[Display Mail User Agent:https://addons.mozilla.org/ja/thunderbird/addon/562]]
+
+[[Quote Colors:https://addons.mozilla.org/ja/thunderbird/addon/170]]
+
+[[View Headers Toggle Button:https://addons.mozilla.org/ja/thunderbird/addon/210]]
+
+[[Virtual Identity:https://addons.mozilla.org/ja/thunderbird/addon/594]]
+
+[[ImportExportTools:http://nic-nac-project.de/~kaosmos/mboximport-en.html]]
+

          
+
**開発環境の設定
+
***apt-cacher
+
ローカルネットワークからのアクセスのみ許可する。
+
#prompt{{
+
$ cd /etc/apt-cacher/
+
$ sudo cp apt-cacher.conf apt-cacher.conf.org
+
$ sudo vi apt-cacher.conf
+
$ diff apt-cacher.conf.org apt-cacher.conf
+
40c40
+
< allowed_hosts=*
+
---
+
> allowed_hosts=192.168.0.0/24
+
}}
+

          
+
デーモンを自動的に起動するようにする。
+
#code(,/etc/default/apt-cacher) {{
+
AUTOSTART=1 # 1にする
+
}}
+

          
+
-参考
+
--[[Apt-Cacher-Server - Community Ubuntu Documentation:https://help.ubuntu.com/community/Apt-Cacher-Server]]
+
--[[debリポジトリ専用webキャッシュのapt-cacher:http://blog.browncat.org/2007/11/debwebaptcacher.html]]
+

          
+
***Ruby
+
Ruby 1.8とRuby 1.9をインストールする場合、リンクを張る。
+
#prompt{{
+
$ sudo ln -s /usr/bin/ruby1.8 /usr/bin/ruby
+
$ ruby -v
+
ruby 1.8.7 [i486-linux]
+
}}
+

          
+
***Munin
+
#code(,/etc/munin/munin.conf){{
+
# 収集したデータ、HTMLの出力先などを設定
+
dbdir	/var/lib/munin
+
htmldir	/srv/www/munin
+
logdir	/var/log/munin
+
rundir  /var/run/munin
+

          
+
# a simple host tree
+
[localhost.localdomain]
+
    address 127.0.0.1
+
    use_node_name yes
+

          
+
# 以下、監視するノードをここに追記
+
}}
+

          
+
localhostからのアクセスのみを許可するように変更する。
+
#code(,/etc/munin/munin-node.conf){{
+
allow ^127\.0\.0\.1$
+
}}
+

          
+
munin-nodeを再起動。
+
#code(sh){{
+
sudo /etc/init.d/munin-node restart
+
}}
+

          
+
***lighttpd + WebDAV
+
/etc/lighttpd/lighttpd.confを編集。
+
#code(,/etc/lighttpd/lighttpd.conf){{
+
server.modules = ( 
+
  "mod_access",
+
  "mod_alias",
+
  "mod_accesslog",
+
  "mod_indexfile",
+
  "mod_webdav",
+
)
+

          
+
server.username      = "www-data"
+
server.groupname     = "www-data"
+

          
+
server.document-root = "/srv/www/"
+
server.pid-file      = "/var/run/lighttpd.pid"
+
server.tag           = "lighttpd"
+
server.errorlog      = "/var/log/lighttpd/error.log"
+
accesslog.filename   = "/var/log/lighttpd/access.log"
+

          
+
server.max-keep-alive-requests = 2
+
server.max-keep-alive-idle     = 4
+
server.max-fds                 = 2048
+
server.event-handler           = "linux-sysepoll"
+

          
+
server.dir-listing   = "enable"
+
dir-listing.encoding = "utf8"
+

          
+
$HTTP["remoteip"] !~ "(192.168.0.|127.0.0.1)" {
+
  url.access-deny =
+
}
+

          
+
include_shell "/usr/share/lighttpd/create-mime.assign.pl"
+
include_shell "/usr/share/lighttpd/include-conf-enabled.pl"
+

          
+
index-file.names = (
+
  "index.xhtml", "index.html",
+
)
+

          
+
$HTTP["url"] =~ "^/dav($|/)" {
+
  server.dir-listing = "enable"
+
  webdav.activate    = "enable"
+
  webdav.is-readonly = "disable"
+
}
+
}}
+

          
+
ディレクトリを作成。
+
#code(sh){{
+
sudo mkdir -p /srv/www/
+
sudo chowm www-data:www-data /srv/www/
+
sudo -u www-data mkdir -p /srv/www/dav/
+
}}
+

          
+
ログ出力ディレクトリのパーミッションを変更。
+
#code(sh){{
+
sudo chmod a+rx /var/log/lighttpd/
+
}}
+

          
+
lighttpdを再起動
+
#code(sh){{
+
sudo /etc/init.d/lighttpd restart
+
}}
+

          
+
***/etc/hosts.allow, /etc/hosts.deny
+
#code(,/etc/hosts.allow){{
+
svnserve : 127.0.0.1 192.168.0.0/24
+
portmap : 192.168.0.0/24
+
locked : 192.168.0.0/24
+
mountd : 192.168.0.0/24
+
statd : 192.168.0.0/24
+
}}
+

          
+
#code(,/etc/hosts.deny){{
+
ALL: ALL
+
}}
+

          
+
***svnserve
+
/etc/xinetd.d/svnを作成。
+
#code(,/etc/xinetd.d/svn){{
+
service svn
+
{
+
        disable         = no
+
        socket_type     = stream
+
        user            = svn
+
        wait            = no
+
        server          = /usr/bin/svnserve
+
        server_args     = -i -r /srv/repos/svn
+
        only_from       = 192.168.0.0/24 127.0.0.1
+
        log_on_failure  += USERID
+
}
+
}}
+

          
+
ユーザを追加。
+
#code(sh){{
+
sudo groupadd -g 601 svn
+
sudo adduser --uid 601 --gid 601 --disabled-login --disabled-password --no-create-home svn
+
}}
+

          
+
ディレクトリを作成。
+
#code{{
+
sudo mkdir -p /srv/repos/svn
+
sudo chown svn:svn /srv/repos/svn/
+
}}
+

          
+
***Subversionクライアント
+
~~/.subversion/configのテンプレートを作成する。
+
#code(sh){{
+
svn help
+
}}
+

          
+
~~/.subversion/configを編集。
+
#code(,~/.subversion/config){{
+
[auth]
+
# 認証情報を保存しない
+
store-passwords = no
+
store-auth-creds = no
+

          
+
[helpers]
+
# editor-cmd = editor
+
# diff-cmd = diff_program
+
# diff3-cmd = diff3_program
+
# diff3-has-program-arg = [true | false]
+

          
+
# diffの代わりにcolordiffを使う
+
diff-cmd = colordiff
+

          
+
[tunnels]
+
# ssh = $SVN_SSH ssh
+
# rsh = rsh
+
# rsh = /path/to/rsh -l myusername
+

          
+
[miscellany]
+
# log-encoding = latin1
+
# use-commit-times = yes
+
# no-unlock = yes
+
enable-auto-props = yes
+
global-ignores = *.o *.lo *.obj *.la #*# .*.rej *.rej .*~ *~ .#* .DS_Store *.suo *.pidb *.mdb *.userprefs *.usertasks
+

          
+
[auto-props]
+
(省略)
+
}}
+

          
+
~~/.colordiffrcをコピーする。
+
#code(sh){{
+
cp /etc/colordiffrc ~/.colordiffrc
+
}}
+

          
+
~~/.colordiffrcを編集。
+
#code(,~/.colordiffrc){{
+
banner=no
+
color_patches=no
+

          
+
plain=off
+
newtext=yellow
+
oldtext=blue
+
diffstuff=green
+
cvsstuff=red
+
}}
+

          
+
***NFS
+
/etc/exportsを編集。
+
#code(,/etc/exports){{
+
# エクスポートするディレクトリを追記
+
}}
+

          
+
NFSサーバを再起動。
+
#code(sh){{
+
sudo /etc/init.d/nfs-kernel-server restart
+
}}
+

          
+
**その他
+
***ソフトウェアのビルド・インストール
+
-[[programming/mono/install_trunk]]
+
-[[programming/mono/install_monodevelop_trunk]]
+
-[[linux/tips/yasm]]
+
-[[linux/tips/x264]]
+
-[[linux/tips/faac_faad]]
+
-[[linux/tips/ffmpeg]]
+
-[[linux/tips/highlight]]
+

          
+
***ext3からext4へのマイグレーション
+
#prompt{{
+
$ sudo umount /dev/md0
+
$ sudo tune2fs -O extents,uninit_bg,dir_index /dev/md0
+
tune2fs 1.41.9
+

          
+
Please run e2fsck on the filesystem.
+

          
+
$ sudo e2fsck -fpDC0 /dev/md0
+
}}
+

          
+
e2fsckで以下のようにUNEXPECTED INCONSISTENCYと出る場合は、オプションを外して再度e2fsckを実行する。
+
#prompt{{
+
$ sudo e2fsck -fpDC0 /dev/md0
+
/dev/md0: One or more block グループ descriptor checksums are invalid.  FIXED.
+
/dev/md0: グループ descriptor 0 checksum is invalid.  
+

          
+
/dev/md0: UNEXPECTED INCONSISTENCY; RUN fsck MANUALLY.
+

          
+

          
+
$ sudo e2fsck -y /dev/md0
+
  :
+
  :
+
/dev/md0 contains a file system with errors, check forced.
+
Pass 1: Checking iノードs, blocks, and sizes
+
Pass 2: Checking ディレクトリ structure
+
Pass 3: Checking ディレクトリ connectivity
+
Pass 4: Checking reference counts
+
Pass 5: Checking グループ summary information
+
/dev/md0: 1944/11059200 files, 1226651/22093391 blocks
+
}}
+

          
+
/etc/fstabに記述してあるファイルシステムをext3からext4に変更、必要に応じてマウントオプションも修正する。
+
#prompt{{
+
$ sudo vi /etc/fstab
+
}}
+

          
+
再マウントしてext4としてマウントしたかどうか確認する。
+
#prompt{{
+
$ sudo mount /dev/md0
+
$ df -T | grep /dev/md0
+
/dev/md0     ext4   188988024  54141324 129086676  30% /srv/export/files
+
}}
+

          
+
-参考
+
--[[Ext4 Howto - Ext4 - Converting an ext3 filesystem to ext4:http://ext4.wiki.kernel.org/index.php/Ext4_Howto#Converting_an_ext3_filesystem_to_ext4]]
+
--[[Ext4 - Linux Kernel Newbies 3.2. Migrate existing Ext3 filesystems to Ext4:http://kernelnewbies.org/Ext4#head-3891522e0601162aab24c73c1f148a1e28c6a9d4]]
+