2009-11-24T14:57:56の更新内容

works/games/moero-dannasama/index.wiki.txt

current previous
1,75 0,0
+
${smdncms:title,萌えろ!旦那さま}
+
${smdncms:status,notmaintained}
+

          
+
「萌えろ!旦那さま」はsanta marta名義で参加していた同人サークル[[Team:deee>misc/morgue/teamdeee]]製作の縦スクロール弾幕シューティングゲームです。
+

          
+
*「萌えろ!旦那さま」とは
+
 「逃げ出した3人の精霊を連れ帰れ!」
+
 ある日、旦那様からそんな仕事を言いつけられた家政婦の翠
+
 魔法の力を駆使して無事、精霊達と契約を交わして連れ帰る事ができるか!?
+
 萌えろ!旦那さまは翠を操作して弾幕の嵐を利用しつつ、旦那様の仕事をこなす
+
 本格派縦スクロール弾幕特攻シューティングです
+

          
+
*ダウンロード
+
-パッケージ
+
--ver. 1.0
+
---${smdncms:distfilelink,moero-dannasama_1.0.lzh,萌えろ!旦那さま ver. 1.0 lzh形式}
+
---${smdncms:distfilelink,moero-dannasama_1.0.iso,萌えろ!旦那さま ver. 1.0 ISOイメージ形式}
+
--体験版
+
---${smdncms:distfilelink,moero-dannasama_trial.lzh,萌えろ!旦那さま 体験版 lzh形式}
+
-ソースコードその他一式
+
--${smdncms:distfilelink,moero-dannasama_1.0.tar.bz2,萌えろ!旦那さま ver. 1.0}
+
-デモムービー
+
--${smdncms:distfilelink,moero-dannasama_c73demo.mp4,萌えろ!旦那さま C73販促用}
+
--${smdncms:distfilelink,moero-dannasama_c73demo.wmv,萌えろ!旦那さま C73販促用}
+

          
+
インストール方法・遊び方などはパッケージに同梱されているreadme.htmlをご覧ください。
+

          
+
-注意事項
+
--動作保証・サポートは一切しません。 ご了承ください。
+
--個々のファイルについて、著作権はTeam:deeeもしくは個々の原著作者に帰属します。
+
--ソースコードについて、ビルド方法などを含めて質問は受け付けられません。
+
--変更の有無に関わらず、一部または全体の再配布はご遠慮ください。
+

          
+
*動作環境
+
||~必須環境|~推奨環境|
+
|~OS|>|Windows 98, 98SE, Me, 2000, XP, Vista|
+
|~CPU|>|Intel Pentium III以降|
+
|~|800MHz|1.0GHz以上|
+
|~DirectX|>|DirectX 9.0c以上|
+
|~メモリ|256MB以上|512MB以上|
+
|~ビデオカード|>|DirectX 8.0以降でDirect Graphicsに対応しているものであれば動作すると思います。|
+
|~|VRAM 64MB以上|VRAM 128MB以上|
+
|~サウンドカード|>|Direct Soundに対応したサウンドカード|
+
|~入力デバイス|キーボード|パッドの使用を推奨|
+

          
+
*スクリーンショット
+
#ref(screenshot_00.jpg)
+
#ref(screenshot_01.jpg)
+
#ref(screenshot_02.jpg)
+

          
+
&ref(screenshot_03.jpg);&ref(screenshot_04.jpg);&ref(screenshot_05.jpg);
+
&ref(screenshot_06.jpg);&ref(screenshot_07.jpg);&ref(screenshot_08.jpg);
+
&ref(screenshot_09.jpg);&ref(screenshot_10.jpg);&ref(screenshot_11.jpg);
+

          
+
*頒布履歴
+
|年月日|イベント|頒布物|h
+
|2007/12/31|コミックマーケット(C73,三日目)|萌えろ!旦那さま ver. 1.0|
+
|2007/08/17|コミックマーケット(C72,一日目)|萌えろ!旦那さま ver. 0.6|
+
|2007/04/22|サンシャインクリエイション(SC35)|萌えろ!旦那さま ver. 0.6|
+
|2006/12/31|コミックマーケット(C71,三日目)|萌えろ!旦那さま ver. 0.5|
+
|2006/08/13|コミックマーケット(C70,三日目)|萌えろ!旦那さま ver. 0.4|
+
|2006/06/18|サンシャインクリエイション(SC32)|萌えろ!旦那さま ver. 0.4 プレビュー版|
+
|2006/01/29|サンシャインクリエイション(SC30)|萌えろ!旦那さま ver. 0.3|
+
|2005/12/30|コミックマーケット(C69,二日目)|萌えろ!旦那さま ver. 0.2ぷらす|
+
|2005/08/14|コミックマーケット(C68,三日目)|萌えろ!旦那さま ver. 0.2|
+
|2005/03/13|サンシャインクリエイション(SC27)|萌えろ!旦那さま 体験版|
+

          
+
*特記事項
+
:[[SENTIVE:http://sentive.net/]]|公開されている楽曲を使用させて頂きました
+
:[[ザ・マッチメイカァズ:http://osabisi.sakura.ne.jp/m2/]]|効果音の一部にこちらで公開されているものを使用させて頂きました
+
:[[WEB WAVE LIB ~ 音と声のOnLine素材集 ~:http://www.s-t-t.com/wwl/]]|同じく、効果音の一部に使用させていただきました
+
:[[哀朱姫小道具製作所:http://f1.aaacafe.ne.jp/~zxrg/]]|画像の一部に「Rune Font」を使用させていただきました
+
:[[オリジナルフォント みかちゃん:http://mikachan.sourceforge.jp/]]|テキストのフォントとして「みかちゃん」を使用させていただきました
+
:[[Mersenne Twister: A random number generator:http://www.math.sci.hiroshima-u.ac.jp/~m-mat/MT/mt.html]]|乱数生成に「Mersenne Twister」を使用させていただきました
+

          

misc/morgue/teamdeee/index.wiki.txt

current previous
1,10 0,0
+
${smdncms:title,Team:deee}
+
${smdncms:robotterms,NOINDEX,NOARCHIVE}
+
#ref(logo.png,Team:deee)
+
ここは同人サークル「Team:deee」の公式ホームページ(http://teamdeee.invisiblefulmoon.net/)の跡地です。
+

          
+
Team:deeeは現在活動停止中です。 今後の活動および製作・再販等の予定はいまのところ未定です。
+
以前公開・頒布していた作品は[[works/games/moero-dannasama]]よりダウンロード出来ます。
+

          
+
しばらくの間、古いURLでのリクエストはリダイレクトしますが、リンクされている方はリンク先の更新にご協力ください。
+

          

softwares/ubuntu/introductiontoubuntu/index.wiki.txt

current previous
1,6 1,6
 
${smdncms:title,Ubuntuが便利な件について}
${smdncms:title,Ubuntuが便利な件について}
 
${smdncms:keywords,}
${smdncms:keywords,}
~
この文書は、2007/08/17に開催されたコミックマーケット72にてサークル「[[Team:deee>misc/morgue/teamdeee]]」として無料配布した冊子をWebで閲覧できるようにしたものです。 本文の内容は配布したときと全く同様のものです。
この文書は、2007/08/17に開催されたコミックマーケット72にてサークル「[[Team:deee:http://teamdeee.invisiblefulmoon.net/]]」として無料配布した冊子をWebで閲覧できるようにしたものです。 本文の内容は配布したときと全く同様のものです。
 
#ls2_1(pathsort)
#ls2_1(pathsort)
 

        

        
 
なお、本文書の内容はすべて実機を使って検証した結果に基づいていますが、記述内容に誤りや不備があるかもしれませんし、環境によっては動作しない場合もあります。
なお、本文書の内容はすべて実機を使って検証した結果に基づいていますが、記述内容に誤りや不備があるかもしれませんし、環境によっては動作しない場合もあります。