2010-12-11T11:17:10の更新内容

works/tools/junk/MRAConnector/index.wiki.txt

current previous
17,22 17,13
 
-開発版
-開発版
 
--[[http://svn.smdn.jp/anonsvn/tools/MRAConnector/trunk/]]よりチェックアウトできます
--[[http://svn.smdn.jp/anonsvn/tools/MRAConnector/trunk/]]よりチェックアウトできます
 
-0.3x
-0.3x
~
--パッケージ
--パッケージ ${smdncms:distfilelink,MRAConnector-0.33.lzh}
~
---${smdncms:distfilelink,MRAConnector-0.34.zip}
--ソースコード ${smdncms:distfilelink,MRAConnector-0.33.tar.bz2}
~
---${smdncms:distfilelink,MRAConnector-0.33.zip} ((2010-12-11: ファイル形式をLZHからZIPに変更しました。 内容に変更はありません。))
---下記ライブラリのソースを同梱しています
~
--ソースコード
----[[works/libs/Smdn.Net.Imap4]] 0.33
~
---${smdncms:distfilelink,MRAConnector-0.34.tar.bz2}
----[[works/libs/Smdn.Net.Pop3]] 1.00
~
----下記ライブラリのソースを同梱しています
----[[works/libs/Smdn.Security.Authentication.Sasl]] 0.30
~
-----[[works/libs/Smdn.Net.Imap4]] 0.34
----[[works/libs/Smdn.Formats.Ini]] 0.18
+
-----[[works/libs/Smdn.Net.Pop3]] 1.01
+
-----[[works/libs/Smdn.Security.Authentication.Sasl]] 0.31
+
-----[[works/libs/Smdn.Formats.Ini]] 0.19
+
---${smdncms:distfilelink,MRAConnector-0.33.tar.bz2}
+
----下記ライブラリのソースを同梱しています
+
-----[[works/libs/Smdn.Net.Imap4]] 0.33
+
-----[[works/libs/Smdn.Net.Pop3]] 1.00
+
-----[[works/libs/Smdn.Security.Authentication.Sasl]] 0.30
+
-----[[works/libs/Smdn.Formats.Ini]] 0.18
 

        

        
 
*使い方
*使い方
 
+接続設定にホスト・ポート・ユーザ名・認証方式などを入力する
+接続設定にホスト・ポート・ユーザ名・認証方式などを入力する
45,9 36,6
 
不具合の報告、ライブラリに対する要望や提案、使い方の質問などは[[掲示板>misc/forum/libs]]へどうぞ。
不具合の報告、ライブラリに対する要望や提案、使い方の質問などは[[掲示板>misc/forum/libs]]へどうぞ。
 

        

        
 
*変更履歴
*変更履歴
+
**0.34 (2010-12-11)
+
-ライブラリの更新のみ、本体部分は変更なし
+

          
 
**0.33 (2010-05-15)
**0.33 (2010-05-15)
 
-初版
-初版
 

        

        

works/tools/junk/TundereBird/index.wiki.txt

current previous
21,13 21,6
 
-開発版
-開発版
 
--[[http://svn.smdn.jp/anonsvn/tools/TundereBird/trunk/]]よりチェックアウトできます
--[[http://svn.smdn.jp/anonsvn/tools/TundereBird/trunk/]]よりチェックアウトできます
 
-0.3x
-0.3x
+
--${smdncms:distfilelink,TundereBird-0.34.tar.bz2}
+
---下記ライブラリのソースを同梱しています
+
----[[works/libs/Smdn.Net.Imap4]] 0.34
+
----[[works/libs/Smdn.Net.Pop3]] 1.01
+
----[[works/libs/Smdn.Security.Authentication.Sasl]] 0.31
+
----[[works/libs/Smdn.Formats.Mime]] 0.21
+
----[[works/libs/Smdn.Formats.Ini]] 0.19
 
--${smdncms:distfilelink,TundereBird-0.33.tar.bz2}
--${smdncms:distfilelink,TundereBird-0.33.tar.bz2}
 
---下記ライブラリのソースを同梱しています
---下記ライブラリのソースを同梱しています
 
----[[works/libs/Smdn.Net.Imap4]] 0.33
----[[works/libs/Smdn.Net.Imap4]] 0.33
157,9 150,6
 
不具合の報告、ライブラリに対する要望や提案、使い方の質問などは[[掲示板>misc/forum/libs]]へどうぞ。
不具合の報告、ライブラリに対する要望や提案、使い方の質問などは[[掲示板>misc/forum/libs]]へどうぞ。
 

        

        
 
*変更履歴
*変更履歴
+
**0.34 (2010-12-11)
+
-ライブラリの更新のみ、本体部分は変更なし
+

          
 
**0.33 (2010-05-15)
**0.33 (2010-05-15)
 
-修正・改善
-修正・改善
 
--TundereBird
--TundereBird

works/libs/Smdn.Net.Imap4/releases/index.wiki.txt

current previous
8,7 8,6
 

        

        
 
**ソースコード
**ソースコード
 
-0.3x
-0.3x
+
--${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.34.tar.bz2}
 
--${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.33.tar.bz2}
--${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.33.tar.bz2}
 
--${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.32.tar.bz2}
--${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.32.tar.bz2}
 
--${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.31.tar.bz2}
--${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.31.tar.bz2}
28,70 27,18
 
--[[works/tools/junk/TundereBird]]に含まれているものを使ってください
--[[works/tools/junk/TundereBird]]に含まれているものを使ってください
 

        

        
 
**ビルド済みパッケージ
**ビルド済みパッケージ
+
|*0.34 (2010-12-11)
+
|~種類|~パッケージ|h
+
|~通常版&br;WebClientsなし|{{
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.34-netfx4.0.zip,.NET 4}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.34-netfx3.5.zip,.NET 3.5}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.34-netfx2.0.zip,.NET 2.1}
+
}}|
+
|~通常版&br;WebClients同梱&sub{*1};|{{
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.WebClients-0.34-netfx4.0.zip,.NET 4}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.WebClients-0.34-netfx3.5.zip,.NET 3.5}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.WebClients-0.34-netfx2.0.zip,.NET 2.1}
+
}}|
+
|~単一アセンブリ版&sub{*2};&br;WebClientsなし|{{
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.34-netfx4.0-combined.zip,.NET 4}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.34-netfx3.5-combined.zip,.NET 3.5}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.34-netfx2.0-combined.zip,.NET 2.1}
+
}}|
+
|~単一アセンブリ版&sub{*2};&br;WebClients同梱&sub{*1};|{{
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.WebClients-0.34-netfx4.0-combined.zip,.NET 4}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.WebClients-0.34-netfx3.5-combined.zip,.NET 3.5}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.WebClients-0.34-netfx2.0-combined.zip,.NET 2.1}
+
}}|
+

          
 
|*0.33 (2010-05-15)
|*0.33 (2010-05-15)
 
|~種類|~パッケージ|h
|~種類|~パッケージ|h
~
|~通常版&br;WebClientsなし|{{
|~通常版&br;WebClientsなし|${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.33-netfx4.0.lzh,.NET 4}&br;${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.33-netfx3.5.lzh,.NET 3.5}&br;${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.33-netfx2.0.lzh,.NET 2.1}|
~
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.33-netfx4.0.zip,.NET 4}
|~通常版&br;WebClients同梱&sub{*1};|${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.WebClients-0.33-netfx4.0.lzh,.NET 4}&br;${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.WebClients-0.33-netfx3.5.lzh,.NET 3.5}&br;${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.WebClients-0.33-netfx2.0.lzh,.NET 2.1}|
~
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.33-netfx3.5.zip,.NET 3.5}
|~単一アセンブリ版&sub{*2};&br;WebClientsなし|${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.33-netfx4.0-combined.lzh,.NET 4}&br;${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.33-netfx3.5-combined.lzh,.NET 3.5}&br;${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.33-netfx2.0-combined.lzh,.NET 2.1}|
~
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.33-netfx2.0.zip,.NET 2.1}
|~単一アセンブリ版&sub{*2};&br;WebClients同梱&sub{*1};|${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.WebClients-0.33-netfx4.0-combined.lzh,.NET 4}&br;${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.WebClients-0.33-netfx3.5-combined.lzh,.NET 3.5}&br;${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.WebClients-0.33-netfx2.0-combined.lzh,.NET 2.1}|
+
}}|
+
|~通常版&br;WebClients同梱&sub{*1};|{{
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.WebClients-0.33-netfx4.0.zip,.NET 4}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.WebClients-0.33-netfx3.5.zip,.NET 3.5}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.WebClients-0.33-netfx2.0.zip,.NET 2.1}
+
}}|
+
|~単一アセンブリ版&sub{*2};&br;WebClientsなし|{{
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.33-netfx4.0-combined.zip,.NET 4}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.33-netfx3.5-combined.zip,.NET 3.5}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.33-netfx2.0-combined.zip,.NET 2.1}
+
}}|
+
|~単一アセンブリ版&sub{*2};&br;WebClients同梱&sub{*1};|{{
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.WebClients-0.33-netfx4.0-combined.zip,.NET 4}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.WebClients-0.33-netfx3.5-combined.zip,.NET 3.5}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.WebClients-0.33-netfx2.0-combined.zip,.NET 2.1}
+
}}|
+
|>|(2010-12-11: ファイル形式をLZHからZIPに変更しました。 内容に変更はありません。)|
 

        

        
 
:WebClients同梱&sup{*1};|Smdn.Net.Imap4.WebClientsを含むパッケージです。 詳しくは[[ドキュメントのクライアント実装についての解説>works/libs/Smdn.Net.Imap4/doc#clients]]を参照してください。
:WebClients同梱&sup{*1};|Smdn.Net.Imap4.WebClientsを含むパッケージです。 詳しくは[[ドキュメントのクライアント実装についての解説>works/libs/Smdn.Net.Imap4/doc#clients]]を参照してください。
 
:単一アセンブリ版&sup{*2};|すべてのファイルを一つのアセンブリにまとめたものです。 [[works/libs/Smdn.Net.Pop3]]や[[works/libs/Smdn.Formats.Mime]]と組み合わせて使用する場合は、通常版を使用してください。 詳しくは[[ドキュメントのアセンブリ構成に関する解説>works/libs/Smdn.Net.Imap4/doc#assemblies]]を参照してください。
:単一アセンブリ版&sup{*2};|すべてのファイルを一つのアセンブリにまとめたものです。 [[works/libs/Smdn.Net.Pop3]]や[[works/libs/Smdn.Formats.Mime]]と組み合わせて使用する場合は、通常版を使用してください。 詳しくは[[ドキュメントのアセンブリ構成に関する解説>works/libs/Smdn.Net.Imap4/doc#assemblies]]を参照してください。
 
:ビルド設定等|コンパイラにMono gmcs/dmcsを使用、オプションに/debug- /optimize+ /define:TRACEを指定してビルドしています。
:ビルド設定等|コンパイラにMono gmcs/dmcsを使用、オプションに/debug- /optimize+ /define:TRACEを指定してビルドしています。
 

        

        
 
*変更履歴
*変更履歴
+
**0.34 (2010-12-11)
+
主にバグ修正。
+

          
+
-機能追加
+
--ImapClient
+
---ImapMessageInfo.ReadAs(Func)を追加 (Func<Stream, T, TResult>からFunc<Stream, T1, T2, T3, T4, TResult>までの4つ)
+
-修正・改善
+
--ライブラリがスローするArgumentExceptionなどいくつかの例外メッセージをよりわかりやすい表記に統一
+
--その他上位ライブラリのバグ等細かい修正
+
--ImapClient
+
---ImapMessageInfo.OpenRead等が返すStreamを閉じた場合、CanRead, CanWrite, CanSeek, CanTimeoutはObjectDisposedExceptionをスローせず常にfalseを返すように修正 (Streamの仕様に合わせた修正)
+

          
 
**0.33 (2010-05-15)
**0.33 (2010-05-15)
 
主に匿名・平文での認証に関する機能の強化、不具合と実装の細かい修正等。
主に匿名・平文での認証に関する機能の強化、不具合と実装の細かい修正等。
 

        

        

works/libs/Smdn.Net.Imap4/index.wiki.txt

current previous
40,7 40,7
 

        

        
 
本ライブラリはMIT X11ライセンスでのリリースとなります。
本ライブラリはMIT X11ライセンスでのリリースとなります。
 

        

        
~
:最新版 (ソースコード)|${smdncms:distfilelink,Smdn.Net.Imap4.Client-0.34.tar.bz2}
:最新版 (ソースコード)|${smdncms:distfilelink,Smdn.Net.Imap4.Client-0.33.tar.bz2}
 
:開発版|[[http://svn.smdn.jp/anonsvn/libs/Smdn/trunk/]]よりチェックアウトできます
:開発版|[[http://svn.smdn.jp/anonsvn/libs/Smdn/trunk/]]よりチェックアウトできます
 
:ビルド済みパッケージ・過去のバージョン|[[works/libs/Smdn.Net.Imap4/releases]]をご覧ください
:ビルド済みパッケージ・過去のバージョン|[[works/libs/Smdn.Net.Imap4/releases]]をご覧ください
 

        

        

works/libs/Smdn.Formats.Mime/index.wiki.txt

current previous
21,7 21,6
 
-開発版
-開発版
 
--[[http://svn.smdn.jp/anonsvn/libs/Smdn/trunk/]]よりチェックアウトできます
--[[http://svn.smdn.jp/anonsvn/libs/Smdn/trunk/]]よりチェックアウトできます
 
-0.2x
-0.2x
+
--${smdncms:distfilelink,Smdn.Formats.Mime-0.21.tar.bz2}
 
--${smdncms:distfilelink,Smdn.Formats.Mime-0.20.tar.bz2}
--${smdncms:distfilelink,Smdn.Formats.Mime-0.20.tar.bz2}
 
-0.1x
-0.1x
 
--${smdncms:distfilelink,Smdn.Formats.Mime-0.19.tar.bz2}
--${smdncms:distfilelink,Smdn.Formats.Mime-0.19.tar.bz2}
122,18 121,6
 
本ライブラリを使用したサンプルアプリケーション[[works/tools/junk/TundereBird]]もあわせてご覧ください。
本ライブラリを使用したサンプルアプリケーション[[works/tools/junk/TundereBird]]もあわせてご覧ください。
 

        

        
 
*変更履歴
*変更履歴
+
**0.21 (2010-12-11)
+
-機能追加
+
--MimeMessage.Loadメソッドに、charsetパラメータからの文字セットの自動取得に失敗した場合に使用する代替エンコーディング(もしくはコールバックメソッド)を指定できるオーバーロードを追加
+
--charsetパラメータの検索テーブルにISO-2022-JPを追加
+
-修正・改善
+
--内部バッファの境界でCRとLFが区切られると二つの改行として扱われてしまう不具合を修正 (ご指摘ありがとうございました)
+
--charsetパラメータの前後の空白を無視し、文字セット名に含まれる空白・アンダーバー・ハイフンの違いは無視するように改善 (ご要望ありがとうございました)
+
--charsetパラメータからの文字セットの取得に失敗した場合、NotSupportedExceptionから派生したEncodingNotSupportedExceptionをスローするように変更
+
--StringComparison.Ordinal*の動作を期待していた箇所でInvariantCulture*を使用していたのを修正
+
--ライブラリがスローするArgumentExceptionなどいくつかの例外メッセージをよりわかりやすい表記に統一
+
--その他上位ライブラリのバグ等細かい修正
+

          
 
**0.20 (2010-04-25)
**0.20 (2010-04-25)
 
-機能追加
-機能追加
 
--.NET Framework 2.0, 3.5, 4の各バージョン用のプロジェクトファイルを追加
--.NET Framework 2.0, 3.5, 4の各バージョン用のプロジェクトファイルを追加

works/libs/Smdn.Net.Pop3/releases/index.wiki.txt

current previous
8,7 8,6
 

        

        
 
**ソースコード
**ソースコード
 
-1.0x
-1.0x
+
--${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.01.tar.bz2}
 
--${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.00.tar.bz2}
--${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.00.tar.bz2}
 
-0.9x
-0.9x
 
--${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-0.92.tar.bz2}
--${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-0.92.tar.bz2}
27,71 26,18
 
--[[works/tools/junk/TundereBird]]に含まれているものを使ってください
--[[works/tools/junk/TundereBird]]に含まれているものを使ってください
 

        

        
 
**ビルド済みパッケージ
**ビルド済みパッケージ
+
|*1.01 (2010-12-11)
+
|~種類|~パッケージ|h
+
|~通常版&br;WebClientsなし|{{
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.01-netfx4.0.zip,.NET 4}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.01-netfx3.5.zip,.NET 3.5}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.01-netfx2.0.zip,.NET 2.x}
+
}}|
+
|~通常版&br;WebClients同梱&sub{*1};|{{
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.WebClients-1.01-netfx4.0.zip,.NET 4}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.WebClients-1.01-netfx3.5.zip,.NET 3.5}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.WebClients-1.01-netfx2.0.zip,.NET 2.x}
+
}}|
+
|~単一アセンブリ版&sub{*2};&br;WebClientsなし|{{
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.01-netfx4.0-combined.zip,.NET 4}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.01-netfx3.5-combined.zip,.NET 3.5}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.01-netfx2.0-combined.zip,.NET 2.x}
+
}}|
+
|~単一アセンブリ版&sub{*2};&br;WebClients同梱&sub{*1};|{{
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.WebClients-1.01-netfx4.0-combined.zip,.NET 4}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.WebClients-1.01-netfx3.5-combined.zip,.NET 3.5}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.WebClients-1.01-netfx2.0-combined.zip,.NET 2.x}
+
}}|
+

          
 
|*1.00 (2010-05-15)
|*1.00 (2010-05-15)
 
|~種類|~パッケージ|h
|~種類|~パッケージ|h
~
|~通常版&br;WebClientsなし|{{
|~通常版&br;WebClientsなし|${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.00-netfx4.0.lzh,.NET 4}&br;${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.00-netfx3.5.lzh,.NET 3.5}&br;${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.00-netfx2.0.lzh,.NET 2.x}|
~
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.00-netfx4.0.zip,.NET 4}
|~通常版&br;WebClients同梱&sub{*1};|${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.WebClients-1.00-netfx4.0.lzh,.NET 4}&br;${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.WebClients-1.00-netfx3.5.lzh,.NET 3.5}&br;${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.WebClients-1.00-netfx2.0.lzh,.NET 2.x}|
~
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.00-netfx3.5.zip,.NET 3.5}
|~単一アセンブリ版&sub{*2};&br;WebClientsなし|${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.00-netfx4.0-combined.lzh,.NET 4}&br;${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.00-netfx3.5-combined.lzh,.NET 3.5}&br;${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.00-netfx2.0-combined.lzh,.NET 2.x}|
~
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.00-netfx2.0.zip,.NET 2.x}
|~単一アセンブリ版&sub{*2};&br;WebClients同梱&sub{*1};|${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.WebClients-1.00-netfx4.0-combined.lzh,.NET 4}&br;${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.WebClients-1.00-netfx3.5-combined.lzh,.NET 3.5}&br;${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.WebClients-1.00-netfx2.0-combined.lzh,.NET 2.x}|
+
}}|
+
|~通常版&br;WebClients同梱&sub{*1};|{{
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.WebClients-1.00-netfx4.0.zip,.NET 4}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.WebClients-1.00-netfx3.5.zip,.NET 3.5}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.WebClients-1.00-netfx2.0.zip,.NET 2.x}
+
}}|
+
|~単一アセンブリ版&sub{*2};&br;WebClientsなし|{{
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.00-netfx4.0-combined.zip,.NET 4}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.00-netfx3.5-combined.zip,.NET 3.5}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.00-netfx2.0-combined.zip,.NET 2.x}
+
}}|
+
|~単一アセンブリ版&sub{*2};&br;WebClients同梱&sub{*1};|{{
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.WebClients-1.00-netfx4.0-combined.zip,.NET 4}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.WebClients-1.00-netfx3.5-combined.zip,.NET 3.5}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.WebClients-1.00-netfx2.0-combined.zip,.NET 2.x}
+
}}|
+
|>|(2010-12-11: ファイル形式をLZHからZIPに変更しました。 内容に変更はありません。)|
 

        

        
 
:WebClients同梱&sup{*1};|Smdn.Net.Pop3.WebClientsを含むパッケージです。 詳しくは[[ドキュメントのクライアント実装についての解説>works/libs/Smdn.Net.Pop3/doc#clients]]を参照してください。
:WebClients同梱&sup{*1};|Smdn.Net.Pop3.WebClientsを含むパッケージです。 詳しくは[[ドキュメントのクライアント実装についての解説>works/libs/Smdn.Net.Pop3/doc#clients]]を参照してください。
 
:単一アセンブリ版&sup{*2};|すべてのファイルを一つのアセンブリにまとめたものです。 [[works/libs/Smdn.Net.Imap4]]や[[works/libs/Smdn.Formats.Mime]]と組み合わせて使用する場合は、通常版を使用してください。 詳しくは[[ドキュメントのアセンブリ構成に関する解説>works/libs/Smdn.Net.Pop3/doc#assemblies]]を参照してください。
:単一アセンブリ版&sup{*2};|すべてのファイルを一つのアセンブリにまとめたものです。 [[works/libs/Smdn.Net.Imap4]]や[[works/libs/Smdn.Formats.Mime]]と組み合わせて使用する場合は、通常版を使用してください。 詳しくは[[ドキュメントのアセンブリ構成に関する解説>works/libs/Smdn.Net.Pop3/doc#assemblies]]を参照してください。
 
:ビルド設定等|コンパイラにMono gmcs/dmcsを使用、オプションに/debug- /optimize+ /define:TRACEを指定してビルドしています。
:ビルド設定等|コンパイラにMono gmcs/dmcsを使用、オプションに/debug- /optimize+ /define:TRACEを指定してビルドしています。
 

        

        
 
*変更履歴
*変更履歴
+
**1.01 (2010-12-11)
+
主にバグ修正。
+

          
+
-機能追加
+
--PopClient
+
---PopMessageInfo.ReadAs(Func)を追加 (Func<Stream, T, TResult>からFunc<Stream, T1, T2, T3, T4, TResult>までの4つ)
+
-修正・改善
+
--ライブラリがスローするArgumentExceptionなどいくつかの例外メッセージをよりわかりやすい表記に統一
+
--その他上位ライブラリのバグ等細かい修正
+
--PopClient
+
---PopMessageInfo.OpenRead等が返すStreamに対してシークして上書きを行おうとするとLength, Positionが正しくない値を返す場合がある不具合を修正
+
---PopMessageInfo.OpenRead等が返すStreamを閉じた場合、CanRead, CanWrite, CanSeek, CanTimeoutはObjectDisposedExceptionをスローせず常にfalseを返すように修正 (Streamの仕様に合わせた修正)
+

          
 
**1.00 (2010-05-15)
**1.00 (2010-05-15)
 
主に匿名・平文での認証に関する機能の強化、不具合と実装の細かい修正等。
主に匿名・平文での認証に関する機能の強化、不具合と実装の細かい修正等。
 

        

        

works/libs/Smdn.Net.Pop3/index.wiki.txt

current previous
37,7 37,7
 

        

        
 
本ライブラリはMIT X11ライセンスでのリリースとなります。
本ライブラリはMIT X11ライセンスでのリリースとなります。
 

        

        
~
:最新版 (ソースコード)|${smdncms:distfilelink,Smdn.Net.Pop3.Client-1.01.tar.bz2}
:最新版 (ソースコード)|${smdncms:distfilelink,Smdn.Net.Pop3.Client-1.00.tar.bz2}
 
:開発版|[[http://svn.smdn.jp/anonsvn/libs/Smdn/trunk/]]よりチェックアウトできます
:開発版|[[http://svn.smdn.jp/anonsvn/libs/Smdn/trunk/]]よりチェックアウトできます
 
:ビルド済みパッケージ・過去のバージョン|[[works/libs/Smdn.Net.Pop3/releases]]をご覧ください
:ビルド済みパッケージ・過去のバージョン|[[works/libs/Smdn.Net.Pop3/releases]]をご覧ください
 

        

        

works/libs/Smdn.Security.Authentication.Sasl/index.wiki.txt

current previous
38,7 38,6
 
-開発版
-開発版
 
--[[http://svn.smdn.jp/anonsvn/libs/Smdn/trunk/]]よりチェックアウトできます
--[[http://svn.smdn.jp/anonsvn/libs/Smdn/trunk/]]よりチェックアウトできます
 
-0.3x
-0.3x
+
--${smdncms:distfilelink,Smdn.Security.Authentication.Sasl-0.31.tar.bz2}
 
--${smdncms:distfilelink,Smdn.Security.Authentication.Sasl-0.30.tar.bz2}
--${smdncms:distfilelink,Smdn.Security.Authentication.Sasl-0.30.tar.bz2}
 
-0.2x
-0.2x
 
--${smdncms:distfilelink,Smdn.Security.Authentication.Sasl-0.29.tar.bz2}
--${smdncms:distfilelink,Smdn.Security.Authentication.Sasl-0.29.tar.bz2}
54,11 53,6
 
不具合の報告、ライブラリに対する要望や提案、使い方の質問などは[[掲示板>misc/forum/libs]]へどうぞ。
不具合の報告、ライブラリに対する要望や提案、使い方の質問などは[[掲示板>misc/forum/libs]]へどうぞ。
 

        

        
 
*変更履歴
*変更履歴
+
**0.31 (2010-12-11)
+
-修正・改善
+
--ライブラリがスローするArgumentExceptionなどいくつかの例外メッセージをよりわかりやすい表記に統一
+
--その他上位ライブラリのバグ等細かい修正
+

          
 
**0.30 (2010-05-15)
**0.30 (2010-05-15)
 
-機能追加
-機能追加
 
--メカニズム名を取得するSaslClientMechanism.Nameプロパティを追加
--メカニズム名を取得するSaslClientMechanism.Nameプロパティを追加

works/libs/Smdn.Formats.Ini/index.wiki.txt

current previous
19,7 19,6
 
-開発版
-開発版
 
--[[http://svn.smdn.jp/anonsvn/libs/Smdn/trunk/]]よりチェックアウトできます
--[[http://svn.smdn.jp/anonsvn/libs/Smdn/trunk/]]よりチェックアウトできます
 
-0.1x
-0.1x
+
--${smdncms:distfilelink,Smdn.Formats.Ini-0.19.tar.bz2}
 
--${smdncms:distfilelink,Smdn.Formats.Ini-0.18.tar.bz2}
--${smdncms:distfilelink,Smdn.Formats.Ini-0.18.tar.bz2}
 
--${smdncms:distfilelink,Smdn.Formats.Ini-0.17.tar.bz2}
--${smdncms:distfilelink,Smdn.Formats.Ini-0.17.tar.bz2}
 
--${smdncms:distfilelink,Smdn.Formats.Ini-0.16.tar.bz2}
--${smdncms:distfilelink,Smdn.Formats.Ini-0.16.tar.bz2}
144,11 143,6
 
}}
}}
 

        

        
 
*変更履歴
*変更履歴
+
**0.19 (2010-12-11)
+
-修正・改善
+
--内部で使用している正規表現にRegexOptions.Compiled, RegexOptions.CultureInvariantを追加
+
--内部実装を若干簡略化
+

          
 
**0.18 (2010-04-25)
**0.18 (2010-04-25)
 
-機能追加
-機能追加
 
--.NET Framework 2.0, 3.5, 4の各バージョン用のプロジェクトファイルを追加
--.NET Framework 2.0, 3.5, 4の各バージョン用のプロジェクトファイルを追加