2012-05-17T22:38:26の更新内容

softwares/ubuntu/initialconfig_precise_server/index.wiki.txt

current previous
1,295 0,0
+
${smdncms:title,Ubuntu 12.04 Server 初期設定メモ}
+
${smdncms:keywords,Ubuntu,12.04,Precise,Pangolin,Server,初期設定}
+
${smdncms:meta,toc-amazonlivelink-keyword,books-jp,Linux}
+
Ubuntu 12.04 (Precise Pangolin) server editionの初期設定メモ。
+

          
+
-このメモの目的と内容
+
--kvm仮想マシンを各種サーバとして使うための自分用メモ
+
--インストールには[[ubuntu-12.04-server-i386.iso.torrent:http://releases.ubuntu.com/releases/12.04/]]を使用
+
--インストールするマシンとして、192MBのメモリと10GBのストレージ(qcow2/virtio)2台が接続されている仮想マシンを使用
+
-関連するページ
+
--[[softwares/ubuntu/initialconfig_precise_desktop]]
+
--[[softwares/ubuntu]]
+

          
+
#googleadunit(rect)
+

          
+
*仮想マシンの作成
+
仮想マシンマネージャーで仮想マシンを作成する。 作成後、すぐにはインストールを開始せず、VNCサーバーのキーマップをjaにしておく。
+

          
+
*インストール手順
+
**ブート画面
+
+F2 Language: [English]を選択
+
+F3 Keymap: [Japan]を選択
+
+[Install Ubuntu Server]を選択
+

          
+
**Select a language
+
+Language: [English - English]を選択
+

          
+
**Select your location
+
+Country, territory or area: [other] → [Asia] → [Japan]の順に選択
+

          
+
**Configure locales
+
+Country to base default locale settings on: [United States - en_US.UTF-8]を選択
+

          
+
**Loading additional components
+
+(インストールが終わるまで待つ)
+

          
+
**Configure the network
+
(DHCPを無効にしている場合)
+
+Network configuration method: [Configure network manually]を選択
+
+(以下ダイアログに従ってIPアドレス等を入力)
+

          
+
**Set up users and passwords
+
+(ダイアログに従ってユーザ名・パスワード等を入力)
+
+Encrypt your home directory?: <No>を選択
+

          
+
**Configure the clock
+
+Is this time zone correct?: 適切なタイムゾーンが選択されていることを確認して<Yes>を選択
+

          
+
**Partition disks
+
+Partitioning method: [Manual]を選択
+
+以下のように設定
+
|>|>|>|>|>|Virtual disk1 vda 10GB|
+
|#1|primary|512M|ext4|/boot|Mount option: defaults|
+
|#5|logical|(max)|ext4|/usr|Mount option: defaults|
+
|>|>|>|>|>|Virtual disk2 vdb 10GB|
+
|#1|primary|(max)|ext4|/|Mount option: defaults|
+
|#5|logical|512M|swap|>|-|
+
+[Finish partitioning and write changes to disk]を選択
+
+Write the changes to disks?: パーティションのフォーマットを確認して<Yes>を選択
+

          
+
**Installing the base system
+
+(インストールが終わるまで待つ)
+

          
+
**Configure the package manager
+
+HTTP proxy information: 空欄のままもしくは必要に応じて適切なURLを入力
+

          
+
**Configuring tasksel
+
+How do you want to manage upgrades on this system? [No automatic updates]を選択
+

          
+
**Software selection
+
+(サーバの構成に従って適当なものを選択)
+
+[Mail server]の設定例
+
++Postfix Configuration
+
+++General type of mail configuration: [Satellite system]を選択
+
+++System mail name: 適当な名前を入力
+
+++SMTP relay host: メール配送に用いるSMTPサーバのホスト名を入力
+

          
+
**Install the GRUB boot loader on a hard disk
+
+Install the GRUB boot loader to the master boot record?: <Yes>を選択
+

          
+
**Finish the installation
+
+Installation complete: ディスクを取り出して<Continue>を選択
+
+再起動
+

          
+

          
+

          
+
*インストール後の設定
+
**デフォルトのエディタ変更
+
好みのエディタに変更する。
+
#prompt{{
+
$ sudo update-alternatives --config editor
+
There are 4 choices for the alternative editor (providing /usr/bin/editor).
+

          
+
  Selection    Path                Priority   Status
+
------------------------------------------------------------
+
* 0            /bin/nano            40        auto mode
+
  1            /bin/ed             -100       manual mode
+
  2            /bin/nano            40        manual mode
+
  3            /usr/bin/vim.basic   30        manual mode
+
  4            /usr/bin/vim.tiny    10        manual mode
+

          
+
Press enter to keep the current choice[*], or type selection number: 3
+
update-alternatives: using /usr/bin/vim.basic to provide /usr/bin/editor (editor) in manual mode.
+
}}
+

          
+
**~/.vimrc
+
以下の内容で作成。
+
#code(~/.vimrc){{
+
set encoding=utf-8
+
set fileencoding=utf-8
+
set fileencodings=utf-8,utf-16,japan
+

          
+
set backspace=2
+
set tabstop=2
+
set shiftwidth=4
+
set expandtab
+

          
+
highlight tabs ctermbg=green guibg=green
+

          
+
set list
+
set number
+
set ruler
+
set smartindent
+
}}
+

          
+
**~/.bashrc
+
以下の内容を追記。
+
#code(~/.bashrc){{
+
alias rm='rm -i'
+
alias cp='cp -i'
+
alias mv='mv -i'
+

          
+
PS1='\!> \[\033[0;33m\]\u\[\033[m\]@\[\033[0;36m\]\h\[\033[m\] [\[\033[0;32m\]\t\[\033[m\] \w]\$ '
+
case $TERM in
+
  kterm|xterm|cygwin)
+
    TITLEBAR="\u@\h:\w"
+
    PS1="\[\033]0;${TITLEBAR}\007\]${PS1}"
+
    ;;
+
esac
+
}}
+

          
+
**/etc/aliases
+
root宛のメール送信先を変更する。
+
#code(,/etc/aliases){{
+
# 以下を追記
+
root: root@example.com
+
}}
+

          
+
変更を反映する。
+
#code(sh){{
+
sudo newaliases
+
}}
+

          
+
**GRUB 2
+
起動時にGRUB 2のメニュー画面が表示されるようにする。 GRUB_HIDDEN_TIMEOUTをコメントアウトし、GRUB_TIMEOUTにタイムアウト秒数を指定する。
+
#code(,/etc/default/grub){{
+
#GRUB_HIDDEN_TIMEOUT=0
+
GRUB_TIMEOUT=5
+
}}
+

          
+
変更内容を反映する。
+
#prompt{{
+
$ sudo update-grub2 
+
Generating grub.cfg ...
+
Found linux image: /boot/vmlinuz-2.6.32-21-generic-pae
+
Found initrd image: /boot/initrd.img-2.6.32-21-generic-pae
+
Found memtest86+ image: /memtest86+.bin
+
done
+
}}
+

          
+
-参考
+
--[[Grub2 - Community Ubuntu Documentation:https://help.ubuntu.com/community/Grub2]]
+

          
+
*パッケージのインストールと設定
+
**xineted + telnetd
+
#code(sh){{
+
sudo apt-get install xinetd telnetd
+
}}
+

          
+
以下を追記。
+
#code(,/etc/hosts.allow){{
+
in.telnetd : 127.0.0.1 192.168.0.0/24
+
}}
+

          
+
#code(,/etc/hosts.deny){{
+
ALL : PARANOID
+
}}
+

          
+
/etc/xinetd.d/telnetを作成。
+
#code(,/etc/xinetd.d/telnet){{
+
service telnet
+
{
+
        disable         = no
+
        flags           = REUSE
+
        socket_type     = stream
+
        user            = telnetd
+
        wait            = no
+
        server          = /usr/sbin/in.telnetd
+
        server_args     = -h
+
        only_from       = 192.168.0.0/24 127.0.0.1
+
        log_on_failure  += USERID
+
}
+
}}
+

          
+
xinetdを再起動。
+
#code(sh){{
+
sudo service xinetd restart
+
}}
+

          
+
**NFS
+
#code(sh){{
+
sudo apt-get install nfs-common
+
}}
+

          
+
マウントポイントを作成。
+
#code(sh){{
+
sudo mkdir -p /srv/nfs
+
}}
+

          
+
/etc/fstabを編集後、マウントする。
+
#code(sh){{
+
sudo vi /etc/fstab
+
sudo mount -a
+
}}
+

          
+
マウントされたかどうか確認する。
+
#code(sh){{
+
cat /etc/mtab
+
ls -l /srv/nfs
+
}}
+

          
+
**NTP
+
#code(sh){{
+
sudo apt-get install ntp
+
}}
+

          
+
適当なNTPサーバを設定、再起動。
+
#code(sh){{
+
sudo vi /etc/ntp.conf
+
sudo service ntp restart
+
}}
+

          
+
**Logwatch
+
#code(sh){{
+
sudo apt-get install logwatch
+
}}
+

          
+
**Munin
+
#code(sh){{
+
sudo apt-get install munin-node
+
}}
+

          
+
/etc/munin/pluginsから必要なプラグインだけを残す。
+
#code(sh){{
+
sudo unlink xxx
+
sudo ln -s /usr/share/munin/plugins/xxx
+
}}
+

          
+
データを収集するマシンのみからのアクセスを許可するように変更する。
+
#code(,/etc/munin/munin-node.conf){{
+
allow ^192\.168\.0\.10$
+
}}
+

          
+
munin-nodeを再起動。
+
#code(sh){{
+
sudo service munin-node restart
+
}}
+

          
+
データを収集するマシンからtelnetで接続できるか試す。
+
#prompt{{
+
$ telnet server1.example.com 4949
+
Trying 192.168.0.20...
+
Connected to server1.example.com.
+
Escape character is '^]'.
+
# munin node at server1.example.com
+
nodes
+
server1.example.com
+
.
+
quit
+
Connection closed by foreign host.
+
}}
+

          
+
**AWStats
+
#code(sh){{
+
sudo apt-get install awstats
+
}}
+

          
+
/etc/awstats以下の設定ファイルを編集後、ログが読み込まれデータが正しく収集されるかテストする。
+
#code(sh){{
+
sudo -u www-data /usr/share/doc/awstats/examples/awstats_updateall.pl now -awstatsprog=/usr/lib/cgi-bin/awstats.pl -confdir="/etc/awstats/"
+
ls /var/lib/awstats
+
}}
+

          
+
必要に応じてcron(/etc/cron.d/awstats)の設定およびHTTPサーバの設定を更新したのち、「http://サーバ名/awstats/awstats.pl?config=設定ファイル名」を開いて収集されたデータが表示されるか確かめる。
+

          

softwares/ubuntu/initialconfig_precise_desktop/index.wiki.txt

current previous
1,899 0,0
+
${smdncms:title,Ubuntu 12.04 初期設定メモ}
+
${smdncms:keywords,Ubuntu,12.04,Precise,Pangolin,初期設定}
+
${smdncms:meta,toc-amazonlivelink-keyword,books-jp,Linux}
+
Ubuntu 12.04 (Precise Pangolin)の初期設定メモ。
+

          
+
-このメモの目的と内容
+
--デスクトップPCを開発機兼内向けサーバ機として使うための自分用メモ
+
--アップグレードではなくクリーンインストール
+
--デスクトップ環境をインストール後、サーバ用カーネルを追加でインストールした
+
-関連するページ
+
--[[softwares/ubuntu]]
+
--[[softwares/ubuntu/initialconfig_precise_server]]
+
--[[softwares/ubuntu/initialconfig_lucid_desktop]]
+

          
+
#googleadunit(rect)
+

          
+
*インストール手順 [#Installation]
+

          
+
**Alternate install CDを使ったインストール [#InstallationWithAlternateCD]
+
[[ubuntu-12.04-alternate-i386.iso.torrent:http://releases.ubuntu.com/releases/12.04/]]を使用した場合の手順。
+

          
+
***ブート画面
+
+F2 Language: [日本語]を選択
+
+F3 Keymap: [Japanese]を選択
+
+[Ubuntuをインストール]を選択
+

          
+
***[場所の選択]
+
+国・領土・地域: [日本]を選択
+

          
+
***[ネットワークの設定]
+
+プライマリネットワークインターフェイス: 使用するネットワークインターフェイスを選択
+
+ネットワークの設定方法: [ネットワークを手動で設定]を選択
+
+(以下ダイアログに従ってIPアドレス等を入力)
+

          
+
***[ユーザとパスワードのセットアップ]
+
+(ダイアログに従ってユーザ名・パスワード等を入力)
+
+ホームディレクトリを暗号化しますか: <いいえ>を選択
+

          
+
***[ディスクのパーティショニング]
+
+パーティショニングの方法: [手動]を選択
+
+(パーティションを設定)
+
+[パーティショニングの終了とディスクへの変更の書き込み]を選択
+

          
+
***[ベースシステムをインストールしています]
+
+(インストールが終わるまで待つ)
+

          
+
***[パッケージマネージャの設定]
+
+HTTP プロキシの情報: 空欄のままもしくは必要に応じて適切なURLを入力
+

          
+
***[ソフトウェアの選択とインストール]
+
+言語サポートをダウンロードしますか?: <はい>を選択
+
+[Postfix Configuration]
+
++メール設定の一般形式: [サテライトシステム]を選択
+
++システムメール名: (適切な名前を入力)
+
++SMTP リレーホスト: (適切な名前を入力)
+
+(インストールが終わるまで待つ)
+

          
+
***[ハードディスクへのGRUBブートローダのインストール]
+
+マスターブートレコードにGRUBブートローダをインストールしますか?: <はい>を選択
+

          
+
***[インストールの完了]
+
+システム時間を UTC に設定していますか?: <はい>を選択
+
+インストールの完了: CD-ROMを取り出して<続ける>を選択
+
+再起動
+

          
+

          
+

          
+
**Desktop CDを使ったインストール [#InstallationWithDesktopCD]
+
[[ubuntu-12.04-desktop-i386.iso.torrent:http://releases.ubuntu.com/releases/12.04/]]を使用した場合の手順。
+

          
+
***ようこそ
+
+左の言語一覧から[日本語]を選択
+
+[Ubuntuをインストール]をクリック
+

          
+
***Ubuntuのインストール準備
+
+右上のネットワーク設定のアイコンをクリックし、ネットワーク接続の設定を済ませておく
+
+[インストール中にアップデートをダウンロードする]にチェックを入れる
+
+[続ける]
+

          
+
***インストールの種類
+
+[(既存のOS)を削除して再インストール]を選択
+
+[続ける]
+

          
+
***(既存のシステム)を削除して再インストール
+
+必要に応じてパーティション設定をする
+
+[インストール]をクリック
+
インストールが開始される
+

          
+
***どこに住んでいますか?
+
+適切なタイムゾーンを選択
+
+[続ける]
+

          
+
***キーボードレイアウト
+
+適切なキーボードレイアウトを選択
+
+[続ける]
+

          
+
***あなたの情報を入力してください
+
+ユーザー名、コンピューター名、パスワード等を入力
+
+[続ける]
+

          
+
以降、インストールが終了するまで待つ。 終了したらディスクを取り出して再起動。
+

          
+

          
+

          
+
*ターミナル・シェル周りの設定 [#ConfigureTerminal]
+
**デフォルトエディタの変更
+
デフォルトのエディタをvimにする。
+

          
+
#prompt{{
+
$ sudo update-alternatives --config editor
+
There are 3 choices for the alternative editor (providing /usr/bin/editor).
+

          
+
  Selection    Path               Priority   Status
+
------------------------------------------------------------
+
* 0            /bin/nano           40        auto mode
+
  1            /bin/ed            -100       manual mode
+
  2            /bin/nano           40        manual mode
+
  3            /usr/bin/vim.tiny   10        manual mode
+

          
+
Press enter to keep the current choice[*], or type selection number: 3
+
update-alternatives: using /usr/bin/vim.tiny to provide /usr/bin/editor (editor) in manual mode.
+
}}
+

          
+
**~/.vimrc
+
以下の内容で作成。
+

          
+
#code(,~/.vimrc){{
+
set encoding=utf-8
+
set fileencoding=utf-8
+
set fileencodings=utf-8,utf-16,japan
+

          
+
set backspace=2
+
set tabstop=2
+
set shiftwidth=4
+
set expandtab
+

          
+
highlight tabs ctermbg=green guibg=green
+

          
+
set list
+
set number
+
set ruler
+
set smartindent
+
}}
+

          
+
**~/.bashrc
+
以下の内容を追記。
+

          
+
#code(,~/.bashrc){{
+
alias rm='rm -i'
+
alias cp='cp -i'
+
alias mv='mv -i'
+

          
+
PS1='\!> \[\033[0;33m\]\u\[\033[m\]@\[\033[0;36m\]\h\[\033[m\] [\[\033[0;32m\]\t\[\033[m\] \w]\$ '
+
case $TERM in
+
  kterm|xterm|cygwin)
+
    TITLEBAR="\u@\h:\w"
+
    PS1="\[\033]0;${TITLEBAR}\007\]${PS1}"
+
    ;;
+
esac
+

          
+
PS1='\!> \[\033[1;33m\]\u\[\033[m\]@\[\033[1;36m\]\h\[\033[m\]<\[\033[1;31m\]${LOCAL_ENV_NAME}\[\033[m\]> [\[\033[1;32m\]\t\[\033[m\] \w]\$ '
+
case $TERM in
+
  kterm|xterm|cygwin)
+
    TITLEBAR="\u@\h:\w"
+
    PS1="\[\033]0;${TITLEBAR}\007\]${PS1}"
+
    ;;
+
esac
+
}}
+

          
+
*ネットワークの設定 [#ConfigureNetwork]
+
NetworkManagerを使わず、/etc/network/interfacesを直接編集してネットワークを管理する手順。
+

          
+
**NetworkManagerの削除
+
NetworkManagerによる管理を無効にするため、停止したのち削除する。
+
#prompt{{
+
$ sudo service network-manager stop
+
network-manager stop/waiting
+
$ sudo update-rc.d -f network-manager remove
+
 Removing any system startup links for /etc/init.d/network-manager ...
+
$ sudo apt-get remove network-manager
+
}}
+

          
+
**ネットワークインターフェースの設定
+
/etc/network/interfacesの内容を編集。
+
#code(,/etc/network/interfaces){{
+
auto lo
+
iface lo inet loopback
+

          
+
auto eth0
+
iface eth0 inet static
+
	address 192.168.0.10
+
	netmask 255.255.255.0
+
	gateway 192.168.0.1
+
	dns-nameservers (必要に応じてDNSサーバを記入)
+
	dns-search example.com
+
}}
+

          
+
設定を反映させるためにネットワークサービスを再起動。
+
#code{{
+
sudo /etc/init.d/networking restart
+
}}
+

          
+
**IPv6の無効化
+
以下の内容を追記。
+
#code(,/etc/sysctl.conf){{
+
net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
+
net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1
+
}}
+

          
+
変更を反映させて、無効になったか確認。
+
#prompt{{
+
$ cat /proc/net/if_inet6
+
  :
+
  :
+

          
+
$ sudo sysctl -p
+
$ cat /proc/net/if_inet6
+
}}
+

          
+
sysctl -pの後、何も表示されなければ無効になっている。
+

          
+
**ブリッジの設定
+
仮想マシンのネットワークで使用するブリッジを設定する。 まずはbridge-utils, uml-utilitiesをインストール。
+
#code(sh){{
+
sudo apt-get install bridge-utils uml-utilities
+
}}
+

          
+
/etc/network/interfacesを以下の内容に変更。
+
#code(,/etc/network/interfaces){{
+
auto lo
+
iface lo inet loopback
+

          
+
iface eth0 inet manual
+

          
+
auto br0
+
iface br0 inet static
+
	address 192.168.0.10
+
	netmask 255.255.255.0
+
	gateway 192.168.0.1
+
	dns-nameservers (必要に応じてDNSサーバを記入)
+
	dns-search example.com
+

          
+
pre-up /sbin/ifconfig eth0 0.0.0.0 promisc up
+
pre-up /sbin/brctl addbr br0
+
pre-up /usr/sbin/tunctl -u (ユーザ名) -t tap0
+
pre-up /sbin/ifconfig tap0 0.0.0.0 promisc up
+
post-up /sbin/brctl addif br0 eth0
+
post-up /sbin/brctl addif br0 tap0
+
pre-down /sbin/ifconfig tap0 down
+
pre-down /sbin/ifconfig eth0 down
+
post-down /sbin/ifconfig br0 down
+
post-down /sbin/brctl delbr br0
+
}}
+

          
+
設定を反映させるためにネットワークサービスを再起動。
+
#code{{
+
sudo /etc/init.d/networking restart
+
}}
+

          
+
ifconfig -aでbr0とtap0が追加されていることを確認しておく。
+

          
+
#prompt{{
+
$ ifconfig -a
+
br0       Link encap:イーサネット  ハードウェアアドレス xx:xx:xx:xx:xx:xx  
+
          inetアドレス:192.168.0.10  ブロードキャスト:192.168.0.255  マスク:255.255.255.0
+
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  メトリック:1
+
             :
+
             :
+

          
+
tap0      Link encap:イーサネット  ハードウェアアドレス xx:xx:xx:xx:xx:xx  
+
          UP BROADCAST PROMISC MULTICAST  MTU:1500  メトリック:1
+
             :
+
             :
+

          
+
}}
+

          
+
-参考
+
--[[Ubuntuでブリッジ接続する - Asterisk works Wiki:http://www.asterisk-works.jp/wiki/index.php/Ubuntu%E3%81%A7%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B8%E6%8E%A5%E7%B6%9A%E3%81%99%E3%82%8B]]
+
--[[仮想化された日々:kvmのブリッジ設定 - livedoor Blog(ブログ):http://blog.livedoor.jp/les_paul_sp/archives/693807.html]]
+

          
+

          
+

          
+

          
+
*ソフトウェアの追加と削除 [#SoftwarePackages]
+
**medibuntuリポジトリの追加
+
#code(sh){{
+
sudo -E wget http://www.medibuntu.org/sources.list.d/$(lsb_release -cs).list  --output-document=/etc/apt/sources.list.d/medibuntu.list
+
sudo apt-get update && sudo apt-get --allow-unauthenticated install medibuntu-keyring
+
sudo apt-get update && sudo apt-get install app-install-data-medibuntu apport-hooks-medibuntu
+
}}
+

          
+
-参考 [[Medibuntu - Community Ubuntu Documentation:https://help.ubuntu.com/community/Medibuntu]]
+

          
+
**ソフトウェアの削除・インストール
+
***不要なソフトウェアの削除
+
#code(sh){{
+
sudo apt-get remove --purge \
+
  avahi-daemon avahi-autoipd \
+
  'bluez(-.*)?' \
+
  bc \
+
  cups cups-bsd cups-client cups-common cups-driver-gutenprint libcupscgi1 libcupsdriver1 libcupsmime1 libcupsppdc1 \
+
  deja-dup \
+
  espeak espeak-data \
+
  example-content \
+
  'foomatic(-.*)?' \
+
  ghostscript \
+
  gnome-bluetooth pulseaudio-module-bluetooth \
+
  gnome-games-common gnome-mag gnome-orca libgnome-bluetooth.* \
+
  gnome-accessibility-themes \
+
  'gwibber-service(-.*)?' \
+
  hpijs hplip hplip hplip-data \
+
  indicator-messages \
+
  libgutenprint2 \
+
  libspeechd2 \
+
  modemmanager \
+
  ntfs-3g libntfs-3g.* libntfs.* \
+
  nano \
+
  ppp \
+
  rhythmbox \
+
  sane-utils libsane.* \
+
  system-config-printer-common system-config-printer-gnome \
+
  'telepathy(-.*)?' libtelepathy.* \
+
  toshset \
+
  ubuntuone-client ubuntuone-couch ubuntuone-installer \
+
  usb-creator-common usb-creator-gtk \
+
  wamerican
+
}}
+

          
+
削除するソフトウェアの概要は次のとおり。
+

          
+
|~パッケージ名|~概要|h
+
|avahi-daemon|Avahi mDNS/DNS-SD daemon|
+
|avahi-autoipd|Avahi IPv4LL network address configuration daemon|
+
|'bluez(-.*)?'|Bluetooth 用ツールとデーモン|
+
|bc|任意精度の計算言語|
+
|cups|Common UNIX Printing System(tm) - サーバ|
+
|cups-bsd|Common UNIX Printing System(tm) - BSD commands|
+
|cups-client|Common UNIX Printing System(tm) - client programs (SysV)|
+
|cups-common|Common UNIX Printing System(tm) - common files|
+
|cups-driver-gutenprint|transitional dummy package for gutenprint printer driver|
+
|libcupscgi1|Common UNIX Printing System(tm) - CGI library|
+
|libcupsdriver1|Common UNIX Printing System(tm) - Driver library|
+
|libcupsmime1|Common UNIX Printing System(tm) - MIME library|
+
|libcupsppdc1|Common UNIX Printing System(tm) - PPD manipulation library|
+
|deja-dup|Back up your files|
+
|espeak|Multi-lingual software speech synthesizer|
+
|espeak-data|speech data files|
+
|example-content|Ubuntu example content|
+
|'foomatic(-.*)?'|OpenPrinting printer support - Compressed PPDs derived from the database|
+
|ghostscript|interpreter for the PostScript language and for PDF|
+
|gnome-bluetooth|GNOME Bluetooth ツール|
+
|pulseaudio-module-bluetooth|Bluetooth module for PulseAudio sound server|
+
|gnome-mag|GNOME デスクトップ用スクリーン拡大鏡|
+
|gnome-orca|Scriptable screen reader|
+
|libgnome-bluetooth.*|GNOME Bluetooth tools - support library|
+
|gnome-accessibility-themes|accessibility themes for the GNOME desktop|
+
|'gwibber-service(-.*)?'|Open source social networking client for GNOME|
+
|hpijs|transitional dummy package for hpijs printer driver|
+
|hplip|HP Linux Printing and Imaging System (HPLIP)|
+
|hplip|HP Linux Printing and Imaging System (HPLIP)|
+
|hplip-data|HP Linux Printing and Imaging - data files|
+
|indicator-messages|indicator that collects messages that need a response|
+
|libgutenprint2|Gutenprint プリンタドライバライブラリ用ランタイム|
+
|libspeechd2|Shared libraries|
+
|modemmanager|モデムを管理する D-Bus サービス|
+
|ntfs-3g|read/write NTFS driver for FUSE|
+
|libntfs.*|共通の NTFS アクセス用関数を提供するライブラリ (開発用ファイル)|
+
|nano|Pico にヒントを得て作られた、コンパクトで使いやすいテキストエディタ|
+
|ppp|Point-to-Point Protocol (PPP) デーモン|
+
|rhythmbox|GNOME 用音楽プレイヤーおよびオーガナイザー|
+
|sane-utils|スキャナ用 API ライブラリ - ユーティリティ|
+
|libsane.*|スキャナのための API ライブラリ|
+
|system-config-printer-common|Printer configuration GUI|
+
|system-config-printer-gnome|Printer configuration GUI|
+
|'telepathy(-.*)?'|Telepathy backend for libfolks|
+
|libtelepathy.*|Glue library between telepathy and farstream|
+
|toshset|Access much of the Toshiba laptop hardware interface|
+
|ubuntuone-client|Ubuntu One client|
+
|ubuntuone-couch|Ubuntu One CouchDB|
+
|ubuntuone-installer|Ubuntu One Installer|
+
|usb-creator-common|create a startup disk using a CD or disc image (common files)|
+
|usb-creator-gtk|create a startup disk using a CD or disc image (for GNOME)|
+
|wamerican|/usr/share/dict 用米国英語単語リスト|
+
|~パッケージ名|~概要|f
+

          
+
***使用するソフトウェアのインストール
+
#code(sh){{
+
sudo apt-get install \
+
  autoconf automake autotools-dev build-essential gettext libtool bison \
+
  cadaver \
+
  colordiff \
+
  chromium-browser \
+
  epiphany-browser \
+
  flashplugin-installer \
+
  gedit-plugins \
+
  git-core \
+
  gsmartcontrol \
+
  gstreamer0.10-ffmpeg gstreamer0.10-plugins-bad gstreamer0.10-plugins-ugly \
+
  gimp \
+
  hddtemp \
+
  ibus-anthy \
+
  indicator-multiload \
+
  icedax \
+
  lighttpd lighttpd-mod-magnet lighttpd-mod-webdav \
+
  logwatch \
+
  lha \
+
  lm-sensors \
+
  mono-.*mcs mono-csharp-shell libmono-simd.*-cil \
+
  munin munin-node \
+
  nasm \
+
  nautilus-open-terminal \
+
  nethogs \
+
  nfs-kernel-server \
+
  nkf \
+
  ntp \
+
  php5-cgi \
+
  ruby \
+
  samba smbfs \
+
  smartmontools \
+
  swig \
+
  subversion subversion-tools \
+
  system-config-lvm \
+
  synaptic \
+
  tree \
+
  ttf-sazanami-.* fonts-vlgothic fonts-ipafont.* fonts-monapo fonts-takao.* fonts-mikachan \
+
  virt-manager qemu-kvm \
+
  vlc \
+
  w3c-dtd-xhtml \
+
  xinetd \
+
  yasm
+
}}
+

          
+
インストールするソフトウェアの概要は次のとおり。
+

          
+
|~パッケージ名|~概要|h
+
|autoconf|configure スクリプト自動作成プログラム|
+
|automake|Tool for generating GNU Standards-compliant Makefiles|
+
|autotools-dev|Update infrastructure for config.{guess,sub} files|
+
|build-essential|build-essential なパッケージの一覧情報|
+
|gettext|GNU 国際化ユーティリティ|
+
|libtool|汎用ライブラリサポートスクリプト|
+
|bison|YACC-compatible parser generator|
+
|cadaver|コマンドライン WebDAV クライアント|
+
|colordiff|'diff' の出力をカラー化するツール|
+
|chromium-browser|Chromium ブラウザ|
+
|epiphany-browser|Intuitive GNOME web browser|
+
|flashplugin-installer|Adobe Flash Player plugin installer|
+
|gedit-plugins|set of plugins for gedit|
+
|git-core|fast, scalable, distributed revision control system (obsolete)|
+
|gsmartcontrol|graphical user interface for smartctl|
+
|gstreamer0.10-ffmpeg|GStreamer 用 FFmpeg プラグイン|
+
|gstreamer0.10-plugins-bad|GStreamer プラグインの「不良な」セット|
+
|gstreamer0.10-plugins-ugly|GStreamer プラグインの「厄介な」セット|
+
|gimp|The GNU Image Manipulation Program|
+
|hddtemp|hard drive temperature monitoring utility|
+
|ibus-anthy|IBus 用 anthy エンジン|
+
|indicator-multiload|Graphical system load indicator for CPU, ram, etc.|
+
|icedax|オーディオ CD から WAV を生成する|
+
|lighttpd|最小限のメモリしか使用しない高速で軽量なウェブサーバ|
+
|lighttpd-mod-magnet|Control the request handling module for lighttpd|
+
|lighttpd-mod-webdav|WebDAV module for lighttpd|
+
|logwatch|出力が優れ、Perl で書かれたログアナライザ|
+
|lha|lzh archiver|
+
|lm-sensors|utilities to read temperature/voltage/fan sensors|
+
|mono-.*mcs|Mono C# 4.0 compiler for CLI 4.0|
+
|mono-csharp-shell|interactive C# shell|
+
|libmono-simd.*-cil|Mono SIMD (for CLI 2.0)|
+
|munin|ネットワーク中をグラフ化するフレームワーク (グラフ生成/データ収集器)|
+
|munin-node|network-wide graphing framework (node)|
+
|nasm|汎用の x86 アセンブラ|
+
|nautilus-open-terminal|nautilus plugin for opening terminals in arbitrary paths|
+
|nethogs|Net top tool grouping bandwidth per process|
+
|nfs-kernel-server|support for NFS kernel server|
+
|nkf|ネットワーク漢字コード変換フィルタ|
+
|ntp|Network Time Protocol デーモンおよびユーティリティプログラム|
+
|php5-cgi|server-side, HTML-embedded scripting language (CGI binary)|
+
|ruby|Transitional package for ruby1.8|
+
|samba|SMB/CIFS file, print, and login server for Unix|
+
|smbfs|Common Internet File System utilities - compatibility package|
+
|smartmontools|S.M.A.R.T を使ってストレージシステムの制御と監視を実施|
+
|swig|Generate scripting interfaces to C/C++ code|
+
|subversion|先進的なバージョン管理システム|
+
|subversion-tools|Assorted tools related to Subversion|
+
|system-config-lvm|A utility for graphically configuring Logical Volumes|
+
|synaptic|グラフィカルなパッケージマネージャ|
+
|tree|ディレクトリツリーをカラー表示する|
+
|ttf-sazanami-.*|Sazanami Mincho Japanese TrueType font|
+
|fonts-vlgothic|Japanese TrueType font from Vine Linux|
+
|fonts-ipafont.*|Japanese OpenType font set, IPA Gothic font|
+
|fonts-monapo|Japanese TrueType font, Monapo|
+
|fonts-takao.*|Japanese TrueType font set, Takao Gothic Fonts|
+
|fonts-mikachan|handwritten Japanese Truetype font|
+
|virt-manager|仮想マシン管理用デスクトップアプリケーション|
+
|qemu-kvm|Full virtualization on i386 and amd64 hardware|
+
|vlc|multimedia player and streamer|
+
|w3c-dtd-xhtml|W3C eXtensible HyperText Markup Language (XHTML) DTD|
+
|xinetd|replacement for inetd with many enhancements|
+
|yasm|modular assembler with multiple syntaxes support|
+
|~パッケージ名|~概要|f
+

          
+
**サーバカーネル・ヘッダのインストール
+
#code(sh){{
+
sudo apt-get install linux-server linux-headers-server
+
}}
+

          
+
**ドライバ類のインストール
+
[電源ボタン]→[システム設定]→[追加のドライバー]
+
+有効にできるドライバを有効にする
+

          
+
**その他のソフトウェアの削除
+
[電源ボタン]→[システムの設定]→[パッケージの整理]
+
+削除できる不要なソフトウェアを削除する
+

          
+
**パッケージ情報の更新とアップデート
+
#code(sh){{
+
sudo apt-get update && sudo apt-get dist-upgrade
+
}}
+

          
+
**GRUBの設定
+
/etc/default/grubを編集
+
#code(,/etc/default/grub){{
+
GRUB_DEFAULT=0
+
#GRUB_HIDDEN_TIMEOUT=0
+
GRUB_HIDDEN_TIMEOUT_QUIET=true
+
GRUB_TIMEOUT=5
+
GRUB_DISTRIBUTOR=`lsb_release -i -s 2> /dev/null || echo Debian`
+
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT=""
+
GRUB_CMDLINE_LINUX=""
+
}}
+

          
+
:GRUB_HIDDEN_TIMEOUTをコメントアウト|メニュー画面を表示する
+
:GRUB_TIMEOUT=5|タイムアウト時間を5秒にする
+
:GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULTを"quiet splash"から""に変更|ブート画面をテキスト表示にする
+

          
+
編集が終わったら、update-grub2で設定を反映させる。
+
#prompt{{
+
$ sudo update-grub2 
+
Generating grub.cfg ...
+
Found linux image: /boot/vmlinuz-3.0.0-12-generic-pae
+
Found initrd image: /boot/initrd.img-3.0.0-12-generic-pae
+
Found linux image: /boot/vmlinuz-3.0.0-12-generic
+
Found initrd image: /boot/initrd.img-3.0.0-12-generic
+
Found memtest86+ image: /memtest86+.bin
+
done
+
}}
+

          
+
**再起動
+
ここまででいったん再起動。 再起動後にps, pstree, topで必要なさそうなプロセスが動いてないかチェックする。
+

          
+

          
+
#hr
+

          
+

          
+
*デスクトップ環境の設定とカスタマイズ [#CustomizeDesktop]
+
**メニュー項目からサスペンドを削除する
+
/var/lib/polkit-1/localauthority/10-vendor.d/com.ubuntu.desktop.pklaを編集して、以下の内容を追記する。 なお、ハイバーネートについては、デフォルトで無効にされている。
+

          
+
#code(ini,/var/lib/polkit-1/localauthority/10-vendor.d/com.ubuntu.desktop.pkla){{
+
[Disable suspend]
+
Identity=unix-user:*
+
Action=org.freedesktop.upower.suspend
+
ResultActive=no
+
}}
+

          
+
この変更は再起動することで有効になる。
+

          
+
-参考
+
--[[Ubuntu 12.04 LTS でハイバネートを有効にする方法 | Libre Free Gratis!:http://lfg-net.com/linux/ubuntu/precise-how-to-enable-hibernate/]]
+
--[[Removing the Suspend and Hibernate options from Gnome's menu:http://forums.opensuse.org/english/get-technical-help-here/applications/473745-removing-suspend-hibernate-options-gnomes-menu.html]]
+

          
+

          
+
**/home/の不要なディレクトリを削除する
+
「デスクトップ」を含めデフォルトで作成されるディレクトリの表記を英語にする。
+
#code(sh){{
+
LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update
+
}}
+

          
+
表示されるダイアログにしたがって変更すればOK。 ディレクトリを削除する前に、以下の内容を記述した~/.config/user-dirs.confを作成し、ディレクトリを削除しても二度と作成させないようにする。
+
#prompt(~/.config/user-dirs.conf){{
+
enabled=False
+
}}
+

          
+
その後、不要なディレクトリを削除する。
+
#code(sh){{
+
rmdir Documents/ Public/ Templates/
+
}}
+

          
+
-参考
+
--[[ホームディレクトリのフォルダ名を日本語から英語に変更するには − @IT:http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/a077changelang.html]]
+
--[[ホームディレクトリ下のフォルダ作成を停止するには − @IT:http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/a042folder.html]]
+

          
+

          
+
**mozc
+
[[憩いの場:http://linux.ikoinoba.net/]]で配布されている、強化されたmozcをインストールする。
+
#code(sh){{
+
sudo apt-add-repository ppa:ikoinoba/ppa
+
sudo apt-get update
+
sudo apt-get install mozc-server+dict ibus-mozc
+
}}
+

          
+
設定ダイアログを開いて設定を変更する。
+
#code(sh){{
+
/usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=config_dialog
+
}}
+

          
+
+[一般]タブ
+
++キー設定
+
+++キー設定の選択 ATOKに変更
+

          
+
IBusの設定で使用するインプットメソッドをmozcに変更する。 (一旦ログアウトしないと、インプットメソッドの一覧に現れない点に注意)
+

          
+
-参考
+
--[[UbuntuにMozc(Google日本語入力)をインストールする方法。 » とりあえず9JP:http://9jp.info/archives/11957]]
+
--[[Mozc+dict: 辞書を強化した(変態化した?)Mozcを作ってみた - 憩いの場:http://linux.ikoinoba.net/index.php?UID=1279543844]]
+

          
+

          
+
**IBus
+
[キーボードのアイコン]→[設定]
+

          
+
+[一般]タブ
+
++「切り替え」→Zenkaku_Hankakuのみに変更
+
+[インプットメソッド]タブ
+
++[インプットメソッドの選択]→[日本語]→[Mozc]を選択して[追加]
+
++追加された[日本語 - Mozc]を一番上に移動する
+

          
+

          
+
**Launcher
+
[電源ボタン]→[システム設定]→ユーザー向け欄の[外観]
+

          
+
+[外観]タブ
+
++Launcherアイコンのサイズ→最小にする
+
+[挙動]タブ
+
++「Launcherを自動的に隠す」→オンに変更
+
++「表示感度」→高めに変更
+

          
+

          
+
**アクティビティの記録
+
[電源ボタン]→[システム設定]→ユーザー向け欄の[プライバシー]
+
+右下にある「アクティビティの記録」をオフにする
+
+[ファイル]タブ
+
++すべてのファイル形式でアクティビティを記録しないようにする
+

          
+

          
+
**キーボード
+
[電源ボタン]→[システム設定]→ハードウェア欄の[キーボード]
+
+[タイピング]タブ
+
++(希望の動作に設定する)
+
+[ショートカット]タブ
+
++(希望のショートカットを設定する)
+

          
+

          
+
**パワーマネージメント
+
[電源ボタン]→[システム設定]→ハードウェア欄の[電源]
+
+(希望の動作に設定する)
+

          
+

          
+
**NTP
+
[電源ボタン]→[システム設定]→システム欄の[時刻と日付]
+

          
+
+[時刻と日付]タブ
+
++「時刻設定」→「インターネット経由で自動的に時刻を合わせる」になっていることを確認する
+

          
+

          
+
**Firefox
+
+[編集]メニュー→[設定]
+
++[セキュリティー]タブ
+
+++「サイトのパスワードを保存する」のチェックを外す
+
+about:config
+
++「network.dns.disableIPv6」を「true」にしてIPv6を無効にする
+
++「network.http.spdy.enabled」を「true」にしてSPDYを有効にする
+
+[F7]を押してキャレットブラウズを有効にする
+

          
+

          
+
**Thunderbird
+
***「メッセージの同期」機能を無効にする
+
+[編集]メニュー→[アカウント設定]
+
+各アカウントの[同期とディスク領域]→「このアカウントのメッセージをこのコンピュータに保存する」のチェックを外す
+

          
+
***すべてのIMAPフォルダの新着メールをチェックする
+
user.jsに以下の内容を書く。
+
#code(,~/.mozilla-thunderbird/xxxxxxxx.default/user.js){{
+
user_pref("mail.check_all_imap_folders_for_new", true);
+
}}
+

          
+

          
+
**Nautilus
+
+[表示]タブ
+
++「新しいフォルダーの表示形式」→「一覧表示」にする
+

          
+
***ロケーションバーを常に表示するようにする
+
#code(sh){{
+
gsettings set org.gnome.nautilus.preferences always-use-location-entry true
+
}}
+

          
+

          
+
**Ubuntu Tweak
+
#code(sh){{
+
sudo add-apt-repository ppa:tualatrix/ppa
+
sudo apt-get update
+
sudo apt-get install ubuntu-tweak
+
}}
+

          
+
+[Tweaks]タブ
+
++[スタートアップ]欄の[Session Indicator]
+
+++User indicator→オフにする
+
++[Appearance]欄の[Theme]
+
+++テーマを変更する
+

          
+
テーマをインストールする例として、
+
+[[elementary Dark - GTK3 Theme:http://satya164.deviantart.com/art/elementary-Dark-GTK3-Theme-244257862]]からテーマファイルをダウンロードする
+
+ダウンロードしたファイルを展開し、~/.themes/(ユーザ個人用)または/usr/share/themes/(全ユーザ共通用)に移動
+
+Ubuntu Tweakを開いて、インストールしたテーマを選択する
+

          
+

          
+
**Synaptic
+
[設定]メニュー→[リポジトリ]
+
+[Ubuntuのソフトウェア]タブ
+
++main, universe, restricted, multiverseにチェックを入れる
+
++(「CD-ROM/DVDからのインストール」にチェックが入っていないことを確認)
+
+[他のソフトウェア]タブ
+
++(Medibuntuが追加されていることを確認)
+
+[アップデート]タブ
+
++セキュリティアップデートがあるとき: すぐに表示
+
+[統計情報]タブ
+
++統計情報を提供する
+

          
+

          
+

          
+
*開発環境の設定 [#CustomizeDevEnv]
+

          
+
**Munin
+
#code(,/etc/munin/munin.conf){{
+
# 収集したデータ、HTMLの出力先などを設定
+
dbdir	/var/lib/munin
+
htmldir	/srv/www/munin
+
logdir	/var/log/munin
+
rundir  /var/run/munin
+

          
+
# a simple host tree
+
[localhost.localdomain]
+
    address 127.0.0.1
+
    use_node_name yes
+

          
+
# 以下、監視するノードをここに追記
+
}}
+

          
+
localhostからのアクセスのみを許可するように変更する。
+
#code(,/etc/munin/munin-node.conf){{
+
allow ^127\.0\.0\.1$
+
}}
+

          
+
munin-nodeを再起動。
+
#code(sh){{
+
sudo service munin-node restart
+
}}
+

          
+

          
+
**xinetd
+
/etc/hosts.allow, /etc/hosts.denyを編集。
+
#code(,/etc/hosts.allow){{
+
svnserve : 127.0.0.1 192.168.0.0/24
+
git-daemon : 127.0.0.1 192.168.0.0/24
+
portmap rpcbind mountd nfsd statd lockd rquotad : 192.168.0.0/24
+
}}
+

          
+
#code(,/etc/hosts.deny){{
+
ALL: PARANOID
+
}}
+

          
+
/etc/xinetd.d/以下の設定ファイルを編集した後、再起動。
+
#code(sh){{
+
sudo service xinetd restart
+
}}
+

          
+
***svnserve
+
/etc/xinetd.d/svnを作成。
+
#code(,/etc/xinetd.d/svn){{
+
service svn
+
{
+
        disable         = no
+
        socket_type     = stream
+
        user            = svn
+
        wait            = no
+
        server          = /usr/bin/svnserve
+
        server_args     = -i -r /srv/repos/svn
+
        only_from       = 192.168.0.0/24 127.0.0.1
+
        log_on_failure  += USERID
+
}
+
}}
+

          
+
ユーザを追加。
+
#code(sh){{
+
sudo groupadd -g 601 svn
+
sudo adduser --uid 601 --gid 601 --disabled-login --disabled-password --no-create-home svn
+
}}
+

          
+
ディレクトリを作成。
+
#code{{
+
sudo mkdir -p /srv/repos/svn
+
sudo chown svn:svn /srv/repos/svn/
+
}}
+

          
+

          
+
**Subversionクライアント
+
~~/.subversion/configのテンプレートを作成する。
+
#code(sh){{
+
svn help
+
}}
+

          
+
~~/.subversion/configを編集。
+
#code(,~/.subversion/config){{
+
[auth]
+
# 認証情報を保存しない (毎回ユーザ名とパスワードを入力する)
+
store-passwords = no
+
store-auth-creds = no
+
password-stores =
+

          
+
[helpers]
+
# diffの代わりにcolordiffを使う
+
diff-cmd = colordiff
+

          
+
[tunnels]
+
# ssh = $SVN_SSH ssh
+
# rsh = rsh
+
# rsh = /path/to/rsh -l myusername
+

          
+
[miscellany]
+
# log-encoding = latin1
+
use-commit-times = yes
+
# no-unlock = yes
+
enable-auto-props = yes
+
global-ignores = *.o *.lo *.obj *.la #*# .*.rej *.rej .*~ *~ .#* .DS_Store *.suo *.pidb *.mdb *.userprefs *.usertasks
+

          
+
[auto-props]
+
(省略)
+
}}
+

          
+
~~/.colordiffrcをコピーする。
+
#code(sh){{
+
cp /etc/colordiffrc ~/.colordiffrc
+
}}
+

          
+
~~/.colordiffrcを編集。
+
#code(,~/.colordiffrc){{
+
banner=no
+
color_patches=no
+

          
+
plain=off
+
newtext=yellow
+
oldtext=blue
+
diffstuff=green
+
cvsstuff=red
+
}}
+

          
+

          
+
**NFS
+
/etc/exportsを編集。
+
#code(,/etc/exports){{
+
# エクスポートするディレクトリを追記
+
}}
+

          
+
NFSサーバを再起動。
+
#code(sh){{
+
sudo service nfs-kernel-server restart
+
}}
+

          
+

          
+
**libvirt
+
Intel VTが有効になっているか確認する。
+
#prompt{{
+
$ cat /proc/cpuinfo | grep vm
+
flags		: fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe nx lm constant_tsc arch_perfmon pebs bts aperfmperf pni dtes64 monitor ds_cpl vmx est tm2 ssse3 cx16 xtpr pdcm lahf_lm dts tpr_shadow
+
flags		: fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe nx lm constant_tsc 
+
}}
+

          
+

          
+
**root宛てメールの送信先の変更
+
/etc/aliasに追記。
+
#code(,/etc/alias){{
+
# Added by installer for initial user
+
root: root@example.com
+
}}
+

          
+
aliasを更新。
+
#code{{
+
sudo newaliases
+
}}
+

          
+

          
+

          
+
*その他
+
**ソフトウェアのビルド・インストール
+
-[[programming/mono/build_install]]
+
--[[programming/mono/build_install/mono_from_git-master]]
+
--[[programming/mono/build_install/mono-2.10]]
+
--[[programming/mono/build_install/monodevelop-2.8]]
+
-[[softwares/libav]]
+
-[[softwares/highlight]]
+