2012-09-24T22:47:17の更新内容

works/tools/junk/SimpleMailer/index.wiki.txt

current previous
20,13 20,6
 
-開発版
-開発版
 
--[[http://svn.smdn.jp/anonsvn/tools/SimpleMailer/trunk/]]よりチェックアウトできます
--[[http://svn.smdn.jp/anonsvn/tools/SimpleMailer/trunk/]]よりチェックアウトできます
 
-0.8x
-0.8x
+
--${smdncms:distfilelink,SimpleMailer-0.82.tar.bz2}
+
---下記ライブラリのソースを同梱しています
+
----[[works/libs/Smdn.Net.Imap4.Client]] 0.82
+
----[[works/libs/Smdn.Net.Pop3.Client]] 1.11
+
----[[works/libs/Smdn.Security.Authentication.Sasl]] 0.32
+
----[[works/libs/Smdn.Formats.Mime]] 0.30
+
----[[works/libs/Smdn.Formats.Ini]] 0.19
 
--${smdncms:distfilelink,SimpleMailer-0.81.tar.bz2}
--${smdncms:distfilelink,SimpleMailer-0.81.tar.bz2}
 
---下記ライブラリのソースを同梱しています
---下記ライブラリのソースを同梱しています
 
----[[works/libs/Smdn.Net.Imap4.Client]] 0.81
----[[works/libs/Smdn.Net.Imap4.Client]] 0.81
50,10 43,6
 
不具合の報告、ライブラリに対する要望や提案、使い方の質問などは[[掲示板>misc/forum/libs]]へどうぞ。
不具合の報告、ライブラリに対する要望や提案、使い方の質問などは[[掲示板>misc/forum/libs]]へどうぞ。
 

        

        
 
*変更履歴
*変更履歴
+
**0.82 (2012-09-24)
+
-修正・改善
+
--ライブラリのインターフェイス変更にあわせて実装を修正
+

          
 
**0.81 (2012-09-08)
**0.81 (2012-09-08)
 
-ライブラリの更新のみ、本体部分は変更なし
-ライブラリの更新のみ、本体部分は変更なし
 

        

        

works/tools/junk/MRAConnector/index.wiki.txt

current previous
21,16 21,9
 
--[[http://svn.smdn.jp/anonsvn/tools/MRAConnector/trunk/]]よりチェックアウトできます
--[[http://svn.smdn.jp/anonsvn/tools/MRAConnector/trunk/]]よりチェックアウトできます
 
-0.8x
-0.8x
 
--パッケージ
--パッケージ
+
---${smdncms:distfilelink,MRAConnector-0.82.zip}
 
---${smdncms:distfilelink,MRAConnector-0.81.zip}
---${smdncms:distfilelink,MRAConnector-0.81.zip}
 
---${smdncms:distfilelink,MRAConnector-0.80.zip}
---${smdncms:distfilelink,MRAConnector-0.80.zip}
 
--ソースコード
--ソースコード
+
---${smdncms:distfilelink,MRAConnector-0.82.tar.bz2}
+
----下記ライブラリのソースを同梱しています
+
-----[[works/libs/Smdn.Net.Imap4.Client]] 0.82
+
-----[[works/libs/Smdn.Net.Pop3.Client]] 1.11
+
-----[[works/libs/Smdn.Security.Authentication.Sasl]] 0.32
+
-----[[works/libs/Smdn.Formats.Ini]] 0.19
 
---${smdncms:distfilelink,MRAConnector-0.81.tar.bz2}
---${smdncms:distfilelink,MRAConnector-0.81.tar.bz2}
 
----下記ライブラリのソースを同梱しています
----下記ライブラリのソースを同梱しています
 
-----[[works/libs/Smdn.Net.Imap4.Client]] 0.81
-----[[works/libs/Smdn.Net.Imap4.Client]] 0.81
86,9 79,6
 
不具合の報告、ライブラリに対する要望や提案、使い方の質問などは[[掲示板>misc/forum/libs]]へどうぞ。
不具合の報告、ライブラリに対する要望や提案、使い方の質問などは[[掲示板>misc/forum/libs]]へどうぞ。
 

        

        
 
*変更履歴
*変更履歴
+
**0.82 (2012-09-24)
+
-ライブラリの更新のみ、本体部分は変更なし
+

          
 
**0.81 (2012-09-08)
**0.81 (2012-09-08)
 
-ライブラリの更新のみ、本体部分は変更なし
-ライブラリの更新のみ、本体部分は変更なし
 

        

        

works/libs/Smdn.Net.Imap4.Client/index.wiki.txt

current previous
13,7 13,7
 
*ダウンロード
*ダウンロード
 
本ライブラリはMIT X11ライセンスでのリリースとなります。
本ライブラリはMIT X11ライセンスでのリリースとなります。
 

        

        
~
:最新版 (ソースコード)|${smdncms:distfilelink,Smdn.Net.Imap4.Client-0.82.tar.bz2}
:最新版 (ソースコード)|${smdncms:distfilelink,Smdn.Net.Imap4.Client-0.81.tar.bz2}
 
:開発版|[[http://svn.smdn.jp/anonsvn/libs/Smdn/trunk/]]よりチェックアウトできます
:開発版|[[http://svn.smdn.jp/anonsvn/libs/Smdn/trunk/]]よりチェックアウトできます
 
:ビルド済みパッケージ・過去のバージョン|[[works/libs/Smdn.Net.Imap4.Client/releases]]をご覧ください
:ビルド済みパッケージ・過去のバージョン|[[works/libs/Smdn.Net.Imap4.Client/releases]]をご覧ください
 

        

        

works/libs/Smdn.Net.Imap4.Client/releases/index.wiki.txt

current previous
8,7 8,6
 

        

        
 
**ソースコード
**ソースコード
 
-0.8x
-0.8x
+
--${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.82.tar.bz2}
 
--${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.81.tar.bz2}
--${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.81.tar.bz2}
 
--${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.80.tar.bz2}
--${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.80.tar.bz2}
 
-0.3x
-0.3x
36,21 35,6
 
0.36までは[[works/libs/Smdn.Net.Imap4.WebClients]]のソースコードも含まれています。
0.36までは[[works/libs/Smdn.Net.Imap4.WebClients]]のソースコードも含まれています。
 

        

        
 
**ビルド済みパッケージ
**ビルド済みパッケージ
+
|*0.82 (2012-09-24)
+
|~種類|~パッケージ|h
+
|~通常版|{{
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.82-netfx4.5.zip,.NET 4.5}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.82-netfx4.0.zip,.NET 4}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.82-netfx3.5.zip,.NET 3.5}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.82-netfx2.0.zip,.NET 2.1}
+
}}|
+
|~単一アセンブリ版&sub{*1};|{{
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.82-netfx4.5-combined.zip,.NET 4.5}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.82-netfx4.0-combined.zip,.NET 4}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.82-netfx3.5-combined.zip,.NET 3.5}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Imap4.Client-0.82-netfx2.0-combined.zip,.NET 2.1}
+
}}|
+

          
 
|*0.81 (2012-09-08)
|*0.81 (2012-09-08)
 
|~種類|~パッケージ|h
|~種類|~パッケージ|h
 
|~通常版|{{
|~通常版|{{
133,12 117,6
 
:ビルド設定等|コンパイラにMono gmcs/dmcsを使用、オプションに/debug- /optimize+ /define:TRACEを指定してビルドしています。
:ビルド設定等|コンパイラにMono gmcs/dmcsを使用、オプションに/debug- /optimize+ /define:TRACEを指定してビルドしています。
 

        

        
 
*変更履歴
*変更履歴
+
**0.82 (2012-09-24)
+
-機能追加
+
--メッセージのヘッダ部分のみを取得するメソッドImapMessageInfo.GetHeader(), GetRawHeader()を追加
+
--ImapClient.ConnectAsync()を追加
+
--.NET 4.5用のcsprojファイルを追加
+

          
 
**0.81 (2012-09-08)
**0.81 (2012-09-08)
 
-修正・改善
-修正・改善
 
--上位ライブラリのインターフェイス変更にあわせて実装を修正
--上位ライブラリのインターフェイス変更にあわせて実装を修正

works/libs/Smdn.Formats.Mime/releases/index.wiki.txt

current previous
6,11 6,8
 
*リリース一覧
*リリース一覧
 
0.14以降はMIT X11ライセンスでのリリースとなります。 0.14より前のバージョンについては特に使用条件を定めていません。
0.14以降はMIT X11ライセンスでのリリースとなります。 0.14より前のバージョンについては特に使用条件を定めていません。
 

        

        
+
**ソースコード
 
-開発版
-開発版
 
--[[http://svn.smdn.jp/anonsvn/libs/Smdn/trunk/]]よりチェックアウトできます
--[[http://svn.smdn.jp/anonsvn/libs/Smdn/trunk/]]よりチェックアウトできます
+
-0.3x
+
--${smdncms:distfilelink,../Smdn.Formats.Mime-0.30.tar.bz2}
 
-0.2x
-0.2x
 
--${smdncms:distfilelink,../Smdn.Formats.Mime-0.23.tar.bz2}
--${smdncms:distfilelink,../Smdn.Formats.Mime-0.23.tar.bz2}
 
--${smdncms:distfilelink,../Smdn.Formats.Mime-0.22.tar.bz2}
--${smdncms:distfilelink,../Smdn.Formats.Mime-0.22.tar.bz2}
26,40 23,7
 
--上記以前のバージョン
--上記以前のバージョン
 
---[[works/tools/junk/TundereBird]]に含まれているものを使ってください
---[[works/tools/junk/TundereBird]]に含まれているものを使ってください
 

        

        
+
**ビルド済みパッケージ
+
|*0.30 (2012-09-24)
+
|~種類|~パッケージ|h
+
|~通常版|{{
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Formats.Mime-0.30-netfx4.5.zip,.NET 4.5}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Formats.Mime-0.30-netfx4.0.zip,.NET 4}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Formats.Mime-0.30-netfx3.5.zip,.NET 3.5}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Formats.Mime-0.30-netfx2.0.zip,.NET 2.1}
+
}}|
+
|~単一アセンブリ版&sub{*1};|{{
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Formats.Mime-0.30-netfx4.5-combined.zip,.NET 4.5}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Formats.Mime-0.30-netfx4.0-combined.zip,.NET 4}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Formats.Mime-0.30-netfx3.5-combined.zip,.NET 3.5}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Formats.Mime-0.30-netfx2.0-combined.zip,.NET 2.1}
+
}}|
+

          
+
:単一アセンブリ版&sup{*1};|すべてのファイルを一つのアセンブリにまとめたものです。 [[works/libs/Smdn.Net.Imap4.Client]]や[[works/libs/Smdn.Net.Pop3.Client]]と組み合わせて使用する場合は、型名が衝突するため通常版を使用してください。
+
//詳しくは[[ドキュメントのアセンブリ構成に関する解説>works/libs/Smdn.Formats.Mime/docs#assemblies]]を参照してください。
+
:ビルド設定等|コンパイラにMono gmcs/dmcsを使用、オプションに/debug- /optimize+ /define:TRACEを指定してビルドしています。
+

          
 
*変更履歴
*変更履歴
+
**0.30 (2012-09-24)
+
-機能追加
+
--メールをよりシンプルに扱うためのラッパークラスMailを追加
+
--MimeMessageクラスにIDisposableを実装、内部バッファを任意のタイミングで開放できるようにするためにDisposeメソッドを追加
+
--MimeMessageBuilderクラスを追加、MimeMessageクラスからメッセージの組立機能を分離、その他組立関連のクラスを名前空間Smdn.Formats.Mime.Formattingに移動
+
--.NET 4.5用のcsprojファイルを追加
+
-修正・改善
+
--添付ファイルを含むメール等の大きなサイズのメッセージを読み込んだ場合でも内部バッファがLarge Object Heapにアロケートされることがないように修正
+
--MimeMessage.ReadContentでStreamReader/BinaryReaderをCloseした場合でも内部バッファは閉じないようにし、例外もスローされることがないようにした
+
--MimeMessageBuilder.WriteContentでStreamWriter/BinaryWriterをCloseした場合でも内部バッファは閉じないようにし、例外もスローされることがないようにした
+
--パーサー・デコーダーの内部実装を簡略化
+
--その他細かい修正
+

          
 
**0.23 (2012-09-08)
**0.23 (2012-09-08)
 
-修正・改善
-修正・改善
 
--MimeMessage.Loadメソッドで指定した代替エンコーディング(もしくはコールバックメソッド)を、B/Q-Encodeされたヘッダのデコードにも使用するように変更
--MimeMessage.Loadメソッドで指定した代替エンコーディング(もしくはコールバックメソッド)を、B/Q-Encodeされたヘッダのデコードにも使用するように変更

works/libs/Smdn.Formats.Mime/index.wiki.txt

current previous
8,9 8,9
 
*ダウンロード
*ダウンロード
 
本ライブラリはMIT X11ライセンスでのリリースとなります。
本ライブラリはMIT X11ライセンスでのリリースとなります。
 

        

        
~
:最新版 (ソースコード)|${smdncms:distfilelink,Smdn.Formats.Mime-0.30.tar.bz2}
:最新版 (ソースコード)|${smdncms:distfilelink,Smdn.Formats.Mime-0.23.tar.bz2}
 
:開発版|[[http://svn.smdn.jp/anonsvn/libs/Smdn/trunk/]]よりチェックアウトできます
:開発版|[[http://svn.smdn.jp/anonsvn/libs/Smdn/trunk/]]よりチェックアウトできます
~
:ビルド済みパッケージ・過去のバージョン|[[works/libs/Smdn.Formats.Mime/releases]]をご覧ください
:過去のバージョン|[[works/libs/Smdn.Formats.Mime/releases]]をご覧ください
 

        

        
 
#googleadunit(banner)
#googleadunit(banner)
 

        

        
26,87 26,6
 
-メッセージの組み立て・エンコード(不完全)
-メッセージの組み立て・エンコード(不完全)
 

        

        
 
*サンプル
*サンプル
+
emlファイルを読み込んで件名・差出人・日付と本文を表示する例。
+

          
+
#tabpage(C#)
+
#code(cs){{
+
using System;
+
using Smdn.Formats.Mime;
+

          
+
public class ReadMail {
+
  public static void Main(string[] args) {
+
    var mail = Mail.Load("sample.eml");
+

          
+
    Console.WriteLine("From: {0}", mail.From);
+
    Console.WriteLine("Date: {0}", mail.Date);
+
    Console.WriteLine("Subject: {0}", mail.Subject);
+
    Console.WriteLine();
+

          
+
    Console.WriteLine(mail.ReadContentAsText());
+
  }
+
}
+
}}
+
#tabpage(VB)
+
#code(vb){{
+
Imports System
+
Imports Smdn.Formats.Mime
+

          
+
Public Class ReadMail
+
  Public Shared Sub Main()
+
    Dim mail As Mail = Mail.Load("sample.eml")
+

          
+
    Console.WriteLine("From: {0}", mail.From)
+
    Console.WriteLine("Date: {0}", mail.Date)
+
    Console.WriteLine("Subject: {0}", mail.Subject)
+
    Console.WriteLine()
+

          
+
    Console.WriteLine(mail.ReadContentAsText())
+
  End Sub
+
End Class
+
}}
+
#tabpage-end
+

          
+
Qエンコードされた文字列のデコード・エンコードを行う例。
+
#tabpage(C#)
+
#code(cs){{
+
using System;
+
using System.Text;
+
using Smdn.Formats.Mime;
+

          
+
public class QEncode {
+
  public static void Main(string[] args) {
+
    var text = "=?iso-2022-jp?q?=1B$B%5%s%W%k=1B(B?=";
+
    var decoded = MimeEncoding.Decode(text);
+

          
+
    Console.WriteLine("'{0}' => '{1}'", text, decoded);
+

          
+
    var encoded = MimeEncoding.Encode(decoded, MimeEncodingMethod.QEncoding, Encoding.GetEncoding("ISO-2022-JP"));
+

          
+
    Console.WriteLine("'{0}' => '{1}'", decoded, encoded);
+
  }
+
}
+
}}
+
#tabpage(VB)
+
#code(vb){{
+
Imports System
+
Imports System.Text
+
Imports Smdn.Formats.Mime
+

          
+
Public Class QEncode
+
  Public Shared Sub Main()
+
    Dim text As String = "=?iso-2022-jp?q?=1B$B%5%s%W%k=1B(B?="
+
    Dim decoded As String = MimeEncoding.Decode(text)
+

          
+
    Console.WriteLine("'{0}' => '{1}'", text, decoded)
+

          
+
    Dim encoded As String = MimeEncoding.Encode(decoded, MimeEncodingMethod.QEncoding, Encoding.GetEncoding("ISO-2022-JP"))
+

          
+
    Console.WriteLine("'{0}' => '{1}'", decoded, encoded)
+
  End Sub
+
End Class
+
}}
+
#tabpage-end
+

          
 
emlファイルを読み込んでヘッダの一覧とボディの内容を表示する例。
emlファイルを読み込んでヘッダの一覧とボディの内容を表示する例。
 
#tabpage(C#)
#tabpage(C#)
 
#code(cs){{
#code(cs){{

works/libs/Smdn.Net.Pop3.Client/releases/index.wiki.txt

current previous
8,7 8,6
 

        

        
 
**ソースコード
**ソースコード
 
-1.1x
-1.1x
+
--${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.11.tar.bz2}
 
--${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.10.tar.bz2}
--${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.10.tar.bz2}
 
-1.0x
-1.0x
 
--${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.04.tar.bz2}
--${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.04.tar.bz2}
35,21 34,6
 
1.04までは[[works/libs/Smdn.Net.Pop3.WebClients]]のソースコードも含まれています。
1.04までは[[works/libs/Smdn.Net.Pop3.WebClients]]のソースコードも含まれています。
 

        

        
 
**ビルド済みパッケージ
**ビルド済みパッケージ
+
|*1.11 (2012-09-24)
+
|~種類|~パッケージ|h
+
|~通常版|{{
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.11-netfx4.5.zip,.NET 4.5}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.11-netfx4.0.zip,.NET 4}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.11-netfx3.5.zip,.NET 3.5}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.11-netfx2.0.zip,.NET 2.x}
+
}}|
+
|~単一アセンブリ版&sub{*1};|{{
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.11-netfx4.5-combined.zip,.NET 4.5}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.11-netfx4.0-combined.zip,.NET 4}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.11-netfx3.5-combined.zip,.NET 3.5}
+
${smdncms:distfilelink,../Smdn.Net.Pop3.Client-1.11-netfx2.0-combined.zip,.NET 2.x}
+
}}|
+

          
 
|*1.10 (2011-02-18)
|*1.10 (2011-02-18)
 
|~種類|~パッケージ|h
|~種類|~パッケージ|h
 
|~通常版|{{
|~通常版|{{
132,13 116,6
 
:ビルド設定等|コンパイラにMono gmcs/dmcsを使用、オプションに/debug- /optimize+ /define:TRACEを指定してビルドしています。
:ビルド設定等|コンパイラにMono gmcs/dmcsを使用、オプションに/debug- /optimize+ /define:TRACEを指定してビルドしています。
 

        

        
 
*変更履歴
*変更履歴
+
**1.11 (2012-09-24)
+
-機能追加
+
--PopClientクラスにインスタンスを生成せずにPOP操作を行うための静的メソッドGetMessageCount(), Download*As*(), Download*ToFile()等を追加
+
--PopClientクラスにDownloadAllMessagesAs*(), DownloadAllMessagesToDirectory(), DownloadAllMessagesToFiles()を追加
+
--PopClient.ConnectAsync()を追加
+
--.NET 4.5用のcsprojファイルを追加
+

          
 
**1.10 (2011-02-18)
**1.10 (2011-02-18)
 
主にUnique-IDまわりの実装の改善と細かい修正等。
主にUnique-IDまわりの実装の改善と細かい修正等。
 

        

        

works/libs/Smdn.Net.Pop3.Client/index.wiki.txt

current previous
13,7 13,7
 
*ダウンロード
*ダウンロード
 
本ライブラリはMIT X11ライセンスでのリリースとなります。
本ライブラリはMIT X11ライセンスでのリリースとなります。
 

        

        
~
:最新版 (ソースコード)|${smdncms:distfilelink,Smdn.Net.Pop3.Client-1.11.tar.bz2}
:最新版 (ソースコード)|${smdncms:distfilelink,Smdn.Net.Pop3.Client-1.10.tar.bz2}
 
:開発版|[[http://svn.smdn.jp/anonsvn/libs/Smdn/trunk/]]よりチェックアウトできます
:開発版|[[http://svn.smdn.jp/anonsvn/libs/Smdn/trunk/]]よりチェックアウトできます
 
:ビルド済みパッケージ・過去のバージョン|[[works/libs/Smdn.Net.Pop3.Client/releases]]をご覧ください
:ビルド済みパッケージ・過去のバージョン|[[works/libs/Smdn.Net.Pop3.Client/releases]]をご覧ください