Array.Reverseメソッドを使うことで配列内の全要素の並びを逆順に(リバース)することが出来ます。 逆順にする最初のインデックスと要素数を指定することで、配列内の一部分だけを逆順にすることも出来ます。

Array.Reverseメソッドで配列内の要素の並びを逆転する
using System;

class Sample {
  static void Main()
  {
    int[] arr = {0, 1, 2, 3, 4};

    // 配列内の全要素の並びを逆順にする
    Array.Reverse(arr);

    foreach (int elem in arr) {
      Console.Write("{0}, ", elem);
    }
    Console.WriteLine();

    // 配列内のインデックス2から3個分の要素の並びを逆順にする
    Array.Reverse(arr, 2, 3);

    foreach (int elem in arr) {
      Console.Write("{0}, ", elem);
    }
    Console.WriteLine();
  }
}
実行結果
4, 3, 2, 1, 0, 
4, 3, 0, 1, 2, 

ジャグ配列をリバースすることも出来ますが、その場合は1段目のみが逆順になります。 2段目以降をリバースする場合は、格納されている配列に対して個別にArray.Reverseメソッドを呼び出してリサイズする必要があります。

なお、Array.Reverseメソッドでは多次元配列を逆順にすることは出来ません。 Array.Reverseメソッドに多次元配列を指定すると、RankExceptionがスローされます。