§1 概要

IMAP4・POP3対応のメールクライアントです。 実用を目的としたものではなく、下記ライブラリのサンプル兼デモ用アプリケーションです。 現在開発を停止しています。

§2 スクリーンショット

tunderebird-win.png

§3 ダウンロード

§4 使い方

  1. tunderebird.iniを開いてアカウント情報を記入してから起動してください。
  2. Visual Studioではログ出力により動作が遅くなる場合があります。 遅くなる場合は、tunderebird.exe.configを編集してログを出力しないようにしてください。

§5 不具合・要望・質問等

不具合の報告、ライブラリに対する要望や提案、使い方の質問などは掲示板へどうぞ。

§6 変更履歴

§6.1 0.80 (2011-02-18)

  • TungireBirdをSimpleMailerとしてパッケージを分離

§6.2 0.36 (2011-02-03)

  • 修正・改善
    • ライブラリのインターフェイス変更にあわせて実装を修正

§6.3 0.35 (2011-01-08)

  • 修正・改善
    • ライブラリのインターフェイス変更にあわせて実装を修正

§6.4 0.34 (2010-12-11)

  • ライブラリの更新のみ、本体部分は変更なし

§6.5 0.33 (2010-05-15)

  • 修正・改善
    • TundereBird
      • ライブラリの変更に伴いアセンブリ構成ファイルを更新

§6.6 0.32 (2010-04-25)

  • 機能追加
    • TundereBird
      • TargetFrameworkVersionをv3.5に引き上げ、ライブラリも.NET Framework 3.5用のものを使用するように変更
    • TungireBird
      • TargetFrameworkVersionをv3.5に引き上げ、ライブラリも.NET Framework 3.5用のものを使用するように変更
      • POP
        • メッセージを削除した場合にメールボックスの情報を更新するようにした
        • メッセージ削除のキャンセルができるようにした
  • 修正・改善
    • TungireBird
      • POP
        • メッセージの削除してもリストからは削除せず取り消し線を表示した状態にするように変更

§6.7 0.31 (2010-04-18)

  • 修正・改善
    • ライブラリのインターフェイス変更にあわせて実装を修正

§6.8 0.30 (2010-04-04)

  • 機能追加
    • TungireBird
      • 削除済みのメッセージに対しては閲覧・削除等の操作をできないようにした
      • IMAP
        • メールボックスごとに状態を更新できるようにした
        • メッセージの状態変更・削除などサーバ側からの通知を反映するようにした
        • 新着メッセージのあるメールボックスのノードを強調表示するようにした
  • 修正・改善
    • TungireBird
      • IMAP
        • 右クリックでメニューを表示する際にノードを選択状態にしないようにした
        • メッセージを削除した場合、リストから削除せず、取り消し線で表示するようにした
        • 設定ファイルのReadOnlyが反映されていなかったのを修正
        • ExceptionではなくWebExceptionをcatchしようとしていたのを修正

§6.9 0.29 (2010-03-22)

  • 修正・改善
    • TundereBird
      • アプリケーション構成ファイルのsystem.net/webRequestModulesで指定しているアセンブリ名をSmdn.Net.Pop3.WebClients, Smdn.Net.Imap4.WebClientsに変更
  • 機能追加
    • TungireBird
      • IMAP
        • 新着メッセージを強調表示するようにした
        • 存在しないメールボックスのクォータを取得しないようにした

§6.10 0.28 (2010-03-15)

  • 機能追加
    • TungireBird
      • カラムをクリックした場合、クリックした項目で並べ替えを行うようにした
      • メッセージの一覧取得・本文ダウンロードの進捗を表示するようにした
      • IMAP
        • メールボックスを作成できない場合、メニュー項目を無効化するようにした
        • クォータ使用率をステータスバーに表示する機能を追加
        • internal dateを表示するカラムを追加

§6.11 0.27 (2010-02-28)

  • 機能追加
    • ImapClient/PopClientを使用したサンプルTungireBirdを追加
    • サーバ証明書の確認ダイアログを表示するかどうか設定する項目を追加

§6.12 0.26 (2010-02-22)

  • 機能追加
    • メッセージのContent-TypeとUnique IDを表示するカラムを追加した
    • メッセージの取得にかかった時間を出力するようにした
    • IMAP
      • メッセージのセクションごとに本文の取得と保存ができるようにした
  • 修正・改善
    • Content-Typeの比較処理をcase insensitiveにした

§6.13 0.25 (2010-02-15)

  • 修正・改善
    • IMAP
      • 送信するIDにsupport-urlを含めるようにした
    • POP
      • 設定ファイルのCertFilesに記載されているサーバ証明書を読み込んでいなかったのを修正

§6.14 0.24 (2010-02-06)

  • 修正・改善
    • パスワードの入力ダイアログを追加、設定ファイルにパスワードを記入しなくても接続できるようにした。 (記入されている場合は、ダイアログを表示せず設定ファイルの内容を使用)

§6.15 0.23 (2010-01-30)

  • 機能追加
    • IMAP
      • 階層中に存在しないメールボックスがあっても正しく表示できるようにした
      • Gimap XLISTに対応している場合、'Trash'の代わりに\Trashフラグを持つメールボックスをゴミ箱として使用するようにした
  • 修正・改善
    • IMAP
      • メールボックス名を変更する際に、階層も変えられるように修正

§6.16 0.22 (2010-01-23)

  • 機能追加
    • POP3のサポートを再追加
    • 設定ファイルにタイムアウト時間を指定するTimeoutキーを追加

§6.17 0.21 (2009-12-16)

  • 機能追加
    • 設定ファイルにメールボックスの選択時にSELECTとEXAMINEのどちらを使用するか指定するReadOnlyキーを追加
    • メールボックス・メッセージに対する各種操作(作成・削除・フラグの設定など)を行えるようにした
  • 修正・改善
    • メールボックス一覧取得時などのUI周りの動作を改善

§6.18 0.20 (2009-06-13)

  • POP3のサポートを削除
  • メッセージのアップロード・ダウンロード機能を追加
  • IMAPサーバの情報を表示するタブを追加

§6.19 0.13 (2008-04-27)

  • ライブラリのバージョンアップに伴うリリース

§6.20 0.12 (2008-04-07)

  • ライブラリのバージョンアップに伴うリリース

§6.21 0.11 (2008-03-10)

  • POP3に対応

§6.22 0.10 (2008-03-06)

  • 初版