String.PadLeftメソッドは余白の挿入を行うメソッドで、指定された文字数になるように左側にスペースを挿入します。 String.PadRightメソッドはPadLeftメソッドとは逆に右側にスペースを挿入します。 指定された文字数より文字列の長さの方が大きい場合、スペースは挿入されません。 このメソッドを使うことで文字列を左寄せ・右寄せすることができます。

String.PadLeft・PadRightメソッドを使って指定した文字数となるように余白を挿入する
using System;

class Sample {
  static void Main()
  {
    string s = "foo";

    Console.WriteLine("<{0}>", s.PadLeft(6)); // 文字数が6になるように左側に余白を挿入
    Console.WriteLine("<{0}>", s.PadRight(6)); // 文字数が6になるように右側に余白を挿入
    Console.WriteLine("<{0}>", s.PadLeft(2)); // 文字数が2になるように左側に余白を挿入
    Console.WriteLine("<{0}>", s.PadRight(2)); // 文字数が2になるように右側に余白を挿入
  }
}
実行結果
<   foo>
<foo   >
<foo>
<foo>

余白の挿入はあくまで文字数を基準に行われます。 文字種が全角か半角かといった考慮はされないため、「全角または半角n文字分となるよう余白を入れる」といった目的でこのメソッドを使うことはできません。

中寄せ(センタリング)を行うように余白を挿入するメソッドは用意されていないので、そういった場合には独自に実装する必要があります。 実装例は§.センタリングを参照してください。