引数で配列を指定することにより、任意個の値をメソッドに渡すことができます。 この場合、あらかじめ引数に渡す値を配列としてまとめておく必要があります。

配列を使って引数に任意個の値を渡す
Imports System

Class Sample
  ' 引数で与えられた配列の合計を求めるメソッド
  Shared Function Sum(ByVal arr() As Integer) As Long

    Dim sum As Long = 0L

    For Each val As Integer In arr
      sum += val
    Next

    Return sum

  End Function

  Shared Sub Main()

    Dim arr() As Integer = New Integer() {2, 5, 3, 8, 4}

    Console.WriteLine("合計 = {0}", Sum(arr))

  End Sub
End Class

MENTAにてテキストチャットによるサポートを行っています。 問題の解決法をお探しの方や.NET/C#を学習中の方はどうぞご利用ください。