usingステートメントでは、宣言部で複数のオブジェクトを指定することができます。 単一行で複数のローカル変数を宣言するのと同様に、使用するオブジェクトをカンマ,で区切って記述します。 以下の例はusingステートメントで二つのStreamを作成・使用する例です。

単一のusingステートメントで複数のオブジェクトを使用する
using System;
using System.IO;

class Sample {
  static void Main()
  {
    // "source.txt"を読み込むストリームと、"dest.txt"に書き込むストリームを作成し、使用し終わったら破棄する
    using (Stream fromStream = File.OpenRead("source.txt"), toStream = File.OpenWrite("dest.txt")) {
      // fromStreamの内容をtoStreamにコピーする
      // (ファイルsource.txtの内容をdest.txtにコピーする)
      fromStream.CopyTo(toStream);
    }

    // (比較として)単一行での複数のローカル変数宣言
    int x = 0, y = 0;
  }
}

この例で使用しているCopyToメソッドは.NET Framework 4以降で使用可能なメソッドです。 StreamクラスやCopyToメソッドについてはストリームの基本とStreamクラスを参照してください。

MENTAにてテキストチャットによるサポートを行っています。 問題の解決法をお探しの方や.NET/C#を学習中の方はどうぞご利用ください。