デリゲート型ではMethodプロパティを参照することで呼び出し対象となるメソッドのMethodInfoを取得することができます。

デリゲートからMethodInfoを取得し、対象となっているメソッドを呼び出す
Imports System

Class C
  Public Sub M1()
  End Sub

  Public Shared Sub M2()
  End Sub
End Class

Class Sample
  Shared Sub Main()
    Dim inst As New C()

    ' インスタンスメソッドM1のデリゲート
    Dim a1 As New Action(AddressOf inst.M1)

    ' クラスメソッドM2のデリゲート
    Dim a2 As New Action(AddressOf C.M2)

    Console.WriteLine(a1.Method)
    Console.WriteLine(a2.Method)
  End Sub
End Class
実行結果
Void M1()
Void M2()

他のデリゲートと連結されたデリゲート(マルチキャストデリゲート)では、GetInvocationListメソッドを使って連結されているすべてのデリゲートを取得してから、各デリゲートのMethodプロパティを参照することで個々のメソッドに対応するMethodInfoを取得できます。

デリゲートと呼び出されるメソッドに関してはデリゲートの機能 §.呼び出されるメソッド・インスタンスの取得 (Method, Target, GetInvocationList)でも解説しています。

MENTAにてテキストチャットによるサポートを行っています。 問題の解決法をお探しの方や.NET/C#を学習中の方はどうぞご利用ください。