部分配列の取得と同様に、配列の連結を行うArray.Concatのようなメソッドも用意されていませんが、次の例のように連結後の配列の生成と連結元の配列の複写を行うことで、Array.Concat相当の処理を行うことが出来ます。

Array.Copyメソッドで配列を連結する
Imports System

Class Sample
  Shared Sub Main()
    ' 連結元の配列
    Dim arr1() As Integer = {0, 1, 2, 3, 4}
    Dim arr2() As Integer = {5, 6, 7}

    ' 連結後の配列となる、初期化されていない配列を確保
    Dim arr3(arr1.Length + arr2.Length - 1) As Integer

    ' arr1の内容をarr3の先頭に複写
    Array.Copy(arr1, 0, arr3, 0, arr1.Length)

    ' arr2の内容をarr3の続きに複写
    Array.Copy(arr2, 0, arr3, arr1.Length, arr2.Length)

    For Each elem As Integer In arr3
      Console.Write("{0}, ", elem)
    Next
    Console.WriteLine()
  End Sub
End Class
実行結果
0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 

MENTAにてテキストチャットによるサポートを行っています。 問題の解決法をお探しの方や.NET/C#を学習中の方はどうぞご利用ください。