多次元配列もArray.Copyメソッドで複写できます。 多次元配列を複写する場合は、次元数が同じで複写先の長さが十分であれば、複写元と複写先で次元毎の長さが異なっていても複写することが出来ます。

Array.Copyメソッドで2次元配列を複写する
Imports System

Class Sample
  Shared Sub Main()
    ' 複写元の2次元配列(長さが4×3)
    Dim matrix1 As Integer(,) = { _
      {0, 1, 2, 3}, _
      {4, 5, 6, 7}, _
      {8, 9, 10, 11} _
    }

    ' 複写先の2次元配列(長さが3×5)を確保
    Dim matrix2(4, 2) As Integer

    ' 配列を複写
    Array.Copy(matrix1, matrix2, matrix1.Length)

    ' それぞれの配列の内容を表示
    Print(matrix1)

    Console.WriteLine()

    Print(matrix2)
  End Sub

  Shared Sub Print(ByVal matrix As Integer(,))
    For d1 As Integer = 0 To matrix.GetLength(0) - 1
      For d2 As Integer = 0 To matrix.GetLength(1) - 1
        Console.Write("{0}, ", matrix(d1, d2))
      Next
      Console.WriteLine()
    Next
  End Sub
End Class
実行結果
0, 1, 2, 3, 
4, 5, 6, 7, 
8, 9, 10, 11, 

0, 1, 2, 
3, 4, 5, 
6, 7, 8, 
9, 10, 11, 
0, 0, 0, 

MENTAにてテキストチャットによるサポートを行っています。 問題の解決法をお探しの方や.NET/C#を学習中の方はどうぞご利用ください。