C#7以降、VB.NET 15以降では、整数リテラル実数リテラルに対して、桁区切り文字としてアンダースコア_を使うことができます。 特に2進数リテラル実数リテラルで数値を表記しようとすると桁数が多い場合は読みにくくなりがちですが、桁区切り文字を用いることで読みやすくすることができます。

一般的な数値の表記におけるカンマ,とは異なり、桁区切り文字_は必ずしも3桁や4桁ごとには限られず、任意の位置に入れることができます。 また、場合によっては連続させることもできます。

桁区切り文字'_'を使って数値を記述する
Imports System

Class Sample
  Shared Sub Main()
    Dim i1 = &B0000_1111_0000_1111 ' 2進数リテラルと桁区切り文字
    Dim i2 = 1_2__346_5789         ' 任意の桁数ごとに区切りを入れたり、区切りを連続させることもできる
    Dim i3 = &B_0_01_001___1
    Dim pi = 3.141_592F            ' 実数リテラル(Single)と桁区切り文字
    Dim c = 2.99_792_458E+8        ' 実数リテラル(Double, 指数形式)と桁区切り文字

    Console.WriteLine(i1)
    Console.WriteLine(i2)
    Console.WriteLine(i3)
    Console.WriteLine(pi)
    Console.WriteLine(c)
  End Sub
End Class
実行結果
3855
123465789
19
3.141592
299792458