C#では数値リテラルにプレフィックス0xを付けることで16進数で表された整数リテラルを記述できます。 VBでは&Hを付けることで16進数の整数リテラルとなります。

16進整数リテラルを使って16進数値を記述する
using System;

class Sample {
  static void Main()
  {
    int a = 100;    // 10進数で表された数値'100'
    int b = 0x100;  // 16進数で表された数値'100'
    int c = 0xFFFF; // 16進数で表された数値'FFFF'
    int d = 0xabcd; // 16進数で表された数値'abcd'

    Console.WriteLine(a);
    Console.WriteLine(b);
    Console.WriteLine(c);
    Console.WriteLine(d);
    Console.WriteLine();

    // 変数の値を16進数の文字列に変換して表示
    Console.WriteLine(a.ToString("X"));
    Console.WriteLine(b.ToString("X"));
    Console.WriteLine(c.ToString("x")); // A-Fを小文字で表記する
    Console.WriteLine(d.ToString("X")); // A-Fを大文字で表記する
  }
}
実行結果
100
256
65535
43981

64
100
ffff
ABCD

ToStringメソッドによる数値の文字列化と、16進形式の書式指定子Xについては書式指定子 §.X, x (hexadecimal/16進数)を参照してください。