Convertクラスを使うことにより、基数を指定して文字列と数値の相互変換を行うことができます。 これにより、例えば16進数表記の文字列を数値にする、あるいはその逆といったことができます。 基数として指定できる値は、2, 8, 10, 16のいずれかです。

Convertクラスを使って数値の基数変換を行う
using System;

class Sample {
  static void Main()
  {
    Console.WriteLine("(128)10 = ({0})2",  Convert.ToString(128, 2));  // 10進数の値128を2進数で表記された文字列に変換
    Console.WriteLine("(128)10 = ({0})16", Convert.ToString(128, 16)); // 10進数の値128を16進数で表記された文字列に変換
    Console.WriteLine();

    Console.WriteLine("b100 = {0}",  Convert.ToInt32("100", 2));    // 文字列"100"を2進数で表された数値としてintに変換
    Console.WriteLine("0x100 = {0}", Convert.ToInt32("100", 16));   // 文字列"100"を16進数で表された数値としてintに変換
  }
}
実行結果
(128)10 = (10000000)2
(128)10 = (80)16

b100 = 4
0x100 = 256

Convertクラスや、他の手段による基数変換についてはビット演算 §.数値・文字列間での基数変換にて詳しく解説しています。